ワタモテ喪128が公開!キバ子とうとうぼっちと化す

広告




喪127から約3週間ぶりにワタモテの最新話が配信されました。

www.ganganonline.com

今回喪128ではもこっちがメインのお話は一旦おやすみ。

もこっちが自分の名前を呼んでくれないというゆりちゃんの嫉妬も一応は和解しましたからね。

今度はもこっちの周りのメンバーの人間関係にまつわるお話がメインとなります。

ストーリーを見ていきましょう。

※喪128だけPCの画面をキャプチャーしたので画質がものすごく悪いですがご了承下さい

広告




うっちー、ちゃんとスマホ持ってた

まずは冒頭のうっちーと雌猫グループ。

ちゃんとスマホを持ってました!

どこに本当にスマホを忘れたまま夢の国に行くJKがいるんだと。

うっちーが隠れてこっそりLINEをしてるのに気づいた吉田さん。

吉田さんはうっちーが合流した時はメカクレさんとケントスキーさんとでグループ行動していたのでスマホを忘れたことにしているのを知らないため「コソコソ何やってんだ?」ってな表情で見てます。

宮崎さんに送った内容は・・・もこっちが好きだから一緒に回ってるなんてとてもじゃないけど言えないですから、グループのことも忘れてないですよっていうカワイイ嘘ですね。

実際は「例のあの人」はひとりどころか大所帯になってますからね。

前を歩いてるメガネと三つ編みの2人はもはやうっちーのことをスルーしているんですが、雌猫の間グループは頭にかぶってるのは同じでも今後2つに分裂しないでしょうね!?

記念写真の三者三様

クマのキャラクターと記念写真を撮る一行。

そこにはもこっちラブな三人のそれぞれ熱い思いがこめられてました。

ネモ

クロとハートマークを作る

(最初分からなくて一瞬クロがやってるのはおそ松くんのシェーかと思ったのはナイショ)

最近JKの間でインスタグラムではやり始めてるポーズみたいですね。

調べてみたところファッション雑誌「セブンティーン」のモデル発祥の「ゆりまなポーズ」というんだとか。

ネモもやはりファッション雑誌も読んでるようです。

ところで、これを撮ってるのは誰なんでしょ?

ゆりとまこっちは別なクマと記念写真中、ヤンキーはそっちを撮影。

残るのはうっちーしかいないんですが、うっちーはこのポーズを見てどう思っているんでしょうね。

|△|な顔してそうです。

うっちー

ムリヤリ!!黒木とくっつくようにクマの腕を力づくで引っ張る

怪力出してるのにうっちーは表情一つ変えず。

もこっちもクマの腕がきつく締め付けられているので苦しくなって白目向いてますよ・・・

うっちーの活躍シーンはここだけ。

ゆり

もこっちと写真が撮れなかった&別な女とハートマーク作られてた嫉妬からヤンデレ発動

表情一つ変えてないですが、ものすごく力入れてクマの腕に爪を食い込ませてます。

クマの中の人腕には跡が残ってそうですね。

そりゃ横目で見たのがハートポーズ作ってるもこっちとゆりの中ではぽっと出で出てきたと思っているネモですからね・・・

こみなんとかさんともこっち、やっぱり類友だった

最近はストーリーにほとんど絡んでこなかったこみなんとかさんが久しぶりに登場。

一緒に行動してる伊藤さんに射的ゲームで一発も当たらない言い訳を語りだすこみなんとかさん。

そして隣で射的ゲームをやってたクロも一発も当たらず・・・

もこっちもネモに同じこと言うてまっせ!

まさに類は友を呼ぶというか、同族嫌悪といいますか・・・

ちなみにゼロインとはライフルの実際の着弾点から照準を調整する作業のこと。

キャストの方もライフル知識はゼロでしょうからゼロインなんて言われてもチンプンカンプンになりそうですね。

ポテンシャルさんの名字判明!そしてやっぱりポテンシャルが高かった

これまでわずか数コマしか描かれてなくて素性がものすごく謎に満ちていた●△●さんことポテンシャルさんですが、喪128にしていよいよ名字が判明しました!

二木さんっていうんですね。

元ネタは二木康太投手。

二木投手は2017年シーズンは23試合に登板、防御率が5点台から3.39に改善、7勝をあげチーム内で絶賛活躍中。

チーム自体はリーグ最下位と全くパッとしなかったんですけどね・・・

2018年シーズンは年俸が1800万円→4000万円と大幅増額でのサイン。

若きエース候補として期待されてます。

話を戻します。

ポテンシャルさんは今まで一人でいるところしか描かれていなかったんてすが、なんとイケメングループとつるめるコミュ力も持ち合わせている模様。

イケメンたちはみんな私服なので同じ学校ではない可能性が高いんですが、HNじゃなくて本名で呼ばれているのが謎です。

ポテンシャルさんは特にHNなんて持ってないんでしょうね。

そして騎馬戦や音ゲーでのポテンシャルをここでも遺憾なく発揮。

何回もライフルを全弾命中させる腕前も持ち合わせてました。

ポテンシャルさん、その男たちをどこで拾ってきたんだ・・・

キバ子、いよいよぼっちに

今回のストーリーのメインはこちら。

いよいよキバ子がぼっちになってしまいます。

ネモが声優になるという将来の夢を最初に話したのが親友なはずの自分ではなく黒木さんだったという理由からはじまり未だに一方的にネモと対立してる岡田さん。

そんな岡田さんは加藤さんとキバ子と3人でお茶してるんですが、目の前をものすごーく偶然通り掛かる黒木さんとヤンキーとネモ。

加藤さんですら「珍しい」と言ってるので本当に珍しいといいますかタイプが3人ともバラバラといいますか・・・

(修学旅行から続く仲なんですけどね)

岡田さんと加藤さんは何か言いたそうにしてるんですが、何も考えずに食べるのに時間がかかるステーキパンケーキを食べるキバ子の対比。

岡田さんの表情は嫉妬しているようにもどこか寂しそうに感じますね。

ネモが自分たちを忘れてもこっちと楽しそうな顔して歩いていることに対して何か思ってるんですが口には出せず。

加藤さんはそろそろ仲直りを提案するも意地を張って断る岡田さん。

このへんの人間関係は高校生あるあるですね。

で、ネモともこっちが一緒にいることに嫉妬してネモを「あいつ」と呼んだ岡田さんに対してすかさずチャンス!と感じたキバ子はもこっちの悪口を言うもだーれも乗ってこず。

ここで第一の地雷を踏んでしまいます。

そりゃ岡田さんが求めている答えはそんなんではないですし、加藤さんももこっちといい関係になってますからね。

あてが外れたキバ子は今度はネモの悪口を言うんですが、ここで第二の地雷を踏みます。

しかも取り返しがつかないくらい特大の地雷を。

そりゃその言葉を遮ってまで岡田さんは怒りますよ。

本当はネモがオタクをカミングアウトした後もずっと仲良くなりたかったんですから。

じゃないとストローをぺしゃんこになるまでかみませんって。

この1ページだけは本当に見てられませんでした。

自分がポンポンばらまいた地雷を自分で全部踏んで大爆発させてるんですよ?

キバ子の自業自得ともいえるんですが、時々いるんですよね、悪口しか言わない人って。

だいたいこういう人は最終的にはぼっちになります。

しかももこっちとは180度違うタイプの。

もこっちのようにもともと仲良くなるきっかけがつかめにくいコミュ障タイプのぼっちの場合は一度きっかけをつかんでしまえばすぐに誰とでも仲良くなれます。

そのきっかけは修学旅行前の荻野先生にはじまり、同じ班になった吉田さん、ゆり、あとはゆりつながりでまこっちが作ってくれました。

現に今その流れをくみ大人数グループを作って行動してます。

でもキバ子のように悪口言いまくってけんかしてぼっちになった場合・・・仲直りには時間が年単位でかかることも。

とくに逆ギレして離れていくという最悪のことをしてますからね。

そしてドラマやマンガなんかで他人が恥かく様子をあたかも自分が恥かくように感じてしまい見ていられなくなってチャンネル回したりそのシーンだけを飛ばしてしまう現象、これは「共感性羞恥」といいます。

マツコの番組でも取り上げられていましたね。

このシーンだけは見られなかった人は私の他にも多いんではないでしょうか。

そして加藤さんも会話には参加しないまでも悪口ばかりいうキバ子に対してはやっぱりうざがってたんですね・・・

岡田さんがずっとネモの話しかしなくて本当はものすごく気になっているということをすでに見抜いていた加藤さん、仲直りのきっかけをムリヤリにでも作るべく最終的には岡田さんの静止を振り切る形でもこっちグループに合流するのでした。

加藤さん、聖母すぎやしませんか・・・

MVPは吉田さん

夢の国に大ハマりしてる様子が遠足の話でこれでもかと描かれてるヤンキーなんですが、見てくださいよこのコマを。

今までみたことがありますか!?

あんなかわいい表情してるの…

コマはみだしてますよ・・・

そして、遠足が終わってから再入場してもこっち一行に夜のパレードをみようと提案したのも吉田さん。

ゆりちゃんもかなりあせってます。

今回は12ページ全てにメインディッシュの料理を並べてきましたね。

おそらく次の話は遠足が終わってから、再入場して夜のパレードをみるまでにさらに人間模様が進んでいく話が描かれるんでしょうね。

ネモと岡田さんの関係はもこっちと吉田さんが取り持って和解するか、しなくても和解までの道のりが改善する方向に話をもっていくんじゃないかなーという雰囲気ですね。

そしてキバ子が一人離れてるのに気がついたまこっちとゆり。

こちらもまこっちだけすんなり別行動になるか一悶着起こしてしまうか、何らかの動きがありそうです。

もしかするとうっちーとまこっちとゆりはグループ単位で合流しない可能性もありそうですね。

ゆりちゃんが嫌がりそうですが。

そして、キバ子が岡田さんと仲直りするにはキバ子が変わらないといけないので・・・難しそうですね。

岡田さんはネモとの仲直りをきっかけに加藤さんもつれてもこっちグループに入るのか??

お互いに毛嫌いしているゆりとキバ子の関係は今後どうなるのか?

伏線を大量に残したままストーリーはto be continuedとなりました。

個人的にはうっちーが雌猫グループに発見された時のリアクションもみたいですね。

うっちーの言うようにもこっちとの2人で動いているのかと思ったら実際はいろんな人を引き連れた6人以上のグループになってるわけですから、そりゃウソつかれたってなるでしょうし。

2月1日配信なんですが、すでにものすごく楽しみになってます。

わたモテ記事リンク

喪128 喪129 喪130上 喪130下

喪131 喪132 喪133 喪134

12巻購入 ファンブック購入

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。