ウマ娘第3R「初めての大一番」視聴!競馬用語&レース元ネタ

広告




(主にライトな)競馬ファン&オタクなみなさまにとってはお待ちかねのウマ娘第3Rが放映、配信されました!

今回はサブタイトルから何やらスペシャルウィークが大レースに出走しそうな予感・・・

ということで感想とレース元ネタを見ていきます。

また片方のPCでウマ娘を流して、もう一つのPCで実際のレース映像を検索だ・・・

広告




スペシャルウィーク2勝目

元ネタ:1998/2/8 京都第11R きさらぎ賞

スペシャルウィークが2戦2勝の快進撃を見せてますね!

・・・って、あっさりと描いてきやがった!!

そのシーン、わずか2秒ですよ2秒・・・

それくらい当たり前の強さを持っているということの表れなんでしょうけどね。

あれ、アサヒクリークは・・・?

彼、地方馬でこのレースではスペシャルウィークの13着に沈んだんですが、前走の白梅賞でスペシャルウィークにハナ差勝ちしてるんですよー・・・

白梅賞の単勝、241倍ですよ・・・

このレースはなかったことになりました。

そしてウオッカにダスカ、ゴルシも勝利し、ススズ様は大逃げからの逃げ切り勝ちとスピカの皆さん勢いに乗ってますね。

ウォッカ、ダイワスカーレット、ゴールドシップの勝利レース

元ネタ

ウオッカ:2006/10/29 京都6R 2歳新馬戦

ダイワスカーレット:2006/11/19 京都5R 2歳新馬戦

ゴールドシップ:2012/9/23 阪神11R 神戸新聞杯(GII)

サイレンススズカ:1998/5/30 中京11R 金鯱賞(GII)

シレっと描かれましたがなんとGIIのレースが2つありました!

でもサイレンススズカ以外、レースをしている時期が全然違いますのでスペシャルウィークと直接対決することはないんだろうな・・・

でもウイニングライブは・・・

そう!誰も!チームスピカには!

ライブをまともにこなせる娘がいなかったのです!

競馬新聞?でもかなり酷評記事がでかでかと掲載される有様。

ウマ娘になるためには走りとダンスと歌をこなさないといけないとは・・・

あの振り付けはカラオケのフリータイム1回で覚えきれるものなのか・・・?

テイオーステップ

元ネタ:トウカイテイオーの歩き方

カラオケでダンスレッスンをするチームスピカに振り付けを指導するのはトウカイテイオー。

テイオーステップは実際のトウカイテイオーの歩き方が身体の柔軟さからくるふわふわしたものだったため、ファンからこう呼ばれていたもの。

それをダンスにうまく組み込んでます。

2009年に東京競馬のパドックで展示されたトウカイテイオー。この頃はもう競争からも種牡馬からも引退したおじいちゃん馬ですがテイオーステップは健在な様子。

キングヘイローのデビュー3連勝

元ネタ:新馬戦~黄菊賞~東京スポーツ3歳ステークスを連勝

キングヘイローは弥生賞で対決する相手。

デビューから3連勝も史実通りでした。

弥生賞

元ネタ:1998/3/8 中山11R 弥生賞

次にスペシャルウィークが挑むのは史実通り皐月賞のトライアルレース、GIIの弥生賞。

ここからスペシャルウィークはGIレース、GIIレースに挑み続けていきます。

で、初登場となるのはセイウンスカイ!!

スペシャルウィークとセイウンスカイといえば・・・98年に何度も大レースで対決したガチのライバル馬じゃないですかー!

こういうところも今後は深く掘られていくんでしょうかね。

相変わらずスペシャルウィークのウイニングライブはたどたどしかったんですけどね!

皐月賞

元ネタ:1998/4/19 中山11R 皐月賞

弥生賞に勝ったスペシャルウィーク、いよいよ皐月賞に出走します!

どうやらGIレースではいつもの体操服とは違い、専用の勝負服が与えられるようですね。

「いいなー」とうらやんでるあんたらもいずれGIに出るじゃん・・・とはこの段階では言えず。

ライバルのセイウンスカイもキングヘイローも同じく皐月賞へ。

セイウンスカイがゲート入りを嫌がってた

元ネタ:皐月賞でセイウンスカイはゲート入りを激しく嫌がってた

ゲートに入るときにセイウンスカイは嫌がってましたが、実際のレース映像を見てみたところ、本当に嫌がってました。

3分過ぎからなんですが、激しく嫌がってるのが分かりますね!

係員4人がかりでケツを何発も叩かれてやっと収まりましたよ・・・

そして20年も前だから映像のCGが古いよ・・・

それでも勝ったのはセイウンスカイでした!

スペシャルウィークの勝負服が入らない

元ネタ:スペシャルウィークは体重が10kg増えた

スペシャルウィークはせっかくの勝負服が入らなかったんですが、体重増はこれまた本当です。

このとき10kgも増えてるんですよね。

3歳馬ですから成長も著しいですし体重も一気に増えますしね。

となると敗因は・・・体重増というよりもセイウンスカイ陣営の作戦変更と、あとは競馬場の芝の状態というのもありそうなんですけどね・・・

セイウンスカイは内枠、スペシャルウィークは大外枠でしたからね。

スペシャルウィークは皐月賞で初敗北(実際は2敗目)を喫することに。

例のあの木(名前忘れた)を使うときがさっそく来るとは・・・

セイウンスカイがかわいい

ウマ娘3Rのみどころはセイウンスカイが芦毛かわいいところにあります。

今期作品の覇権を握りそうな見た目をしてますね。

でも今回のエピソードでは目立った会話は特になし。

でもセイウンスカイの生い立ちもこれまた衝撃的で、父親は廃用となって売却されてますからね。

この他にも育った牧場の方針転換で大量にいた競走馬は次々処分、セイウンスカイの母親もこのときにどこかに売られていった可能性が高いですしね。

これを知るといきなりセイウンスカイの皐月賞勝利は切ないものになりますね。

第4Rは・・・

第4Rはダービーと京都新聞杯あたりの話になりますね。

ダービーは皐月賞から-8kgで出走しているので、史実通りならダイエットの話にでもなるんでしょうか?

京都新聞杯ではまた+10kgになっちゃうんですけどね。

そういえばキングヘイローが全く話に絡んできませんね・・・

弥生賞、皐月賞にも出ていて1着~3着はスペ、ウンス、キングヘイローが占めていたのに。

ダービーもこの3頭は出るんですが、どんな描かれ方をするのか・・・

ウマ娘記事リンク

第1R

第2R

第3R

第4R

第5R

第6R

第7R

第8R

第9R

第10R

第11R

第12R

第13R

【ウマ娘】2話まで見て気づいたなぜ謎不思議

【ウマ娘】同人誌を描くときに知っておきたい血統と馬の交尾

【ウマ娘】本編で描かれなかったスペシャルウィークの3連勝と省略された理由を考察

【ウマ娘】謎に満ちたモブウマ娘、「キンイロリョテイ」とは何者なのか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。