ルパン三世part5第五話「悪党の覚悟」視聴!~フランス編の終了~

広告




5/2にルパン三世part5の第五話が放映、配信されました!

ルパンは死んだ・・・

では第五話を見ていきましょう。

広告




ルパンゲームもあったね程度に

ルパンがあっけない死を遂げた・・・ということで、ルパンゲームも終結。

世間であれだけ盛り上がっていたゲームですらそういえばあったね、泥棒?日本系の名前だったよね?程度にまですぐに忘れ去られていくもの。

儚いものですよ。

インターネット上での流行り廃りは1日単位。

現実でも去年あれだけネタになった「5000兆円欲しい」も今年のGWになるとだーれも言ってる人がいないわけですから、ネットの世界は一発屋芸人の集まりみたいなもんです。

流行りが終わってしまえば記憶から速やかに消えていく。

それでもネットでは過去の記事として残るだけマシですけどね。

ただし当事者にとっては一生残るだけに黒歴史になってしまったらたまったもんじゃないですけどね。

そんな中、何年間も語録がネタにされ続けている「淫夢」界隈はある意味特殊と言えます。

ところで、ルパン三世はすぐに発見されるのに野獣先輩はなんでいまだに発見されないんでしょうね。

銭形は配置転換、麻薬取締へ

銭形は予告でランニングシャツ姿だったたからICPOを懲戒免職かなんかで解雇にでもなったかと思いきや、実はルパン死亡でルパン逮捕の任を解かれ、麻薬取締へと配置転換がなされただけでした。

麻薬といえば・・・

闇の通販サイト、マルコ・ポーロでもさかんに取引されてるアレですね。

ルパンも死んでしまい、ある意味銭形にとって適任ともいえる任務です。

ルパンは死んじゃいなかった

ルパンは死んじゃいませんでした!!

今回はどうやって死を演出するかというところに着目したんですが、やはり全てが仕込みでした。

次元が銃を撃ちルパンを誘導させる、そしてドローンがルパンの姿を見渡せる指定されたところまで来たところで一発撃ち頭の後ろをかすめさせ、あとはAR(拡張現実)を使いタイミングよく血を映像で吹き出させ配信を見てる人間に死んだように見せかけたという寸法。

あとは煙の混乱に乗じてタイミングよく逃げ去ればOKといったところですね。

そういえば、最新のITテクノロジーを駆使しているルパン界隈でもARがまだ出てきてませんでしたね。

ARがなんでかリアルタイムでCGを合成する使われ方をしてますけどね。

これじゃMR(複合現実)じゃん!

全てはルパンの手のひらの上

ルパンゲームの一件でやたらイキがっていたマルコポーロの幹部たちですが、実際は全てがルパンの手のひらの上。

ルパンが草原で殺されるのも、アミが大量の水で沈められて溺死するのも全てはARを使った演出でした。

不二子に撃たれて殺されるのもこれもまた演出。

アフリカの無法者国家ブワンダに行くのすらルパンの用意した仕掛け、これにまんまと乗せられていたのがマルコポーロの幹部というわけでした。

それにしてもIT技術の使い方が巧いですねルパン一味は。

そのどれもにアミが関わっていたわけですが、発想の巧みさはやはりルパンのほうが数枚上手でした。

あとマルコポーロ幹部の紅一点の切り捨ての速さ!!

女が建前の裏側で秘めている本音なんてのも見られました。

金の切れ目が縁の切れ目をまさに体現してくれてます。

腰抜かした彼、銭形に命乞いをしてるとき絶対おしっことうんこチビってますよね。

Drone fighter氏=峰不二子

もう一部の方はバレてたんじゃないでしょうかね。

ルパンゲームで常に首位をキープしていたDrone figher氏の正体が峰不二子だったことに。

私は気づきませんでした。

そう、身内でなければあんなに都合よくルパンの居場所がわかるはずがないですからね。

ルパンの男衆は機械がてんでダメ。

となると、適役は不二子しかいませんでした。

まさかルパンの姿をずっと配信してきた人の正体が半分敵、半分味方な役どころの人物だったとは・・・

今回は割と協力する側でしたね!

最後はアミが全寮制のお嬢様学校へ

最後はアミが全寮制のお嬢様学校へ通学するところで終わるんですが、あれ、何年間通学するのかは分かりませんが、誰が学費出してるんでしょうね・・・

ハッピーデスデイの報酬をたらふくもらった不二子かな?

それとも、ソフトウェアの開発で大金を得ているアミの蓄えだろうか・・・

これにてフランス編、終わり!

ルパン三世のエピソードの終わり方、やっぱりどれもカッコいいですね~!

今期の可愛い系ヒロインランキングで絶対に上位に来るであろうアミがレギュラーメンバーから離れてしまう寂しさはありますけどね。

「多田くんは恋をしない」のテレサと互角に戦えますよ。

Takeいくつまでやったのか

アナウンサーがニュースで取り上げていた「地方警察中央局局長、アルベールダンドレジー氏」

まさに新米声優どころか新人アナウンサーでも泣く肩書きと名前なんですが、takeいくつまでやったんでしょうかね・・・

あれ、次回予告が・・・

次回予告を見たんですが・・・あれ、ルパンのジャケットが青からピンク色に!

そしてフランス編のITなんてどこへ消えたか、いきなり時代が昭和へと戻りました。

そして次元や五エ門、銭形の服装も34年前に一気にフィードバック・・・

キャラの顔に至っては赤ジャケ時代のいろんな回のものが入り混じってます。

次元は新ルの99話以降のテレコム回みたいになってますね。

どうやら次週はパースリの51話目、赤ジャケの156話目になりそうです。

OPもセクシー・アドベンチャーでお願いします!

ルパン三世 part III

ルパン三世part III、通称パースリ。

パースリではルパンが猿顔から原作の顔つきに近くなり次元も初期だけ目を出して、不二子がおばさんくさくケバくなりました。

そしてどのメインキャラも派手な色使いの服装になってます。

ルパンがピンクジャケを着てるのは当初白いジャケットにする予定だったから。

キャラデザは旧ルから参加してる青木悠三氏の手により起こされているものの制作したアニメスタジオの個性を全面に出しルパンの顔つきが回ごとに変わる、そんな作品でもありました。

当時は今のように総作画監督を置いたガッチガチの絵柄の統一がなされなかった時代だったんですね。

実は後半で一回キャラデザが変更になりよりポップテイストになってます。

1984年から1985年にかけて全50話が放映されたんですが、当時は野球がまだ人気だった時代。

とにかく野球中継に潰され、夏休みを挟んで3ヶ月近く放映されたなかったこともありました。

これがゴールデンタイムに放映された最後のルパン三世TVシリーズ。

OPテーマがとにかくルパン離れしたかっこよさなのでとにかく聞いてください!

中村裕介/セクシー・アドベンチャー

これは制作が日本テレビから読売テレビに移ったことで、日本テレビが著作権を持ってる音楽が軒並み使えなくなったという事情もあるんですけどね。

その中にルパン三世のテーマもあったので歌入りのOPになったというわけ。

ルパン三世part5記事リンク

第一話

第二話

第三話

第四話

第五話

第六話

第六話はなぜ賛否両論になったか?

第七話

第八話

第九話

第十話

第十一話

第十二話

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。