ワタモテ喪134「モテないし周りは騒がしい」公開!~情報量多すぎィ~

広告




5月10日にワタモテの最新話、「モテないし周りは騒がしい」が公開されました!

一度全ページを通してみてみたんですが、10ページの中にとにかく情報量が多すぎる・・・

どこから記事を書けばいいのかまとまりがいまだにつきません。

いつもなら一気に書き上げる感想記事、今回は途中で休憩をはさみましたからね。

肝心の話ですが、今回は喪133の続きで偶然学食にて智貴を見つけた吉田さんと小宮山さんが一触即発したところから始まります。

広告




加藤さんと南さんは誰とお昼を食べてたか・・・?

喪133では一コマも描かれなかった加藤さんと南さん。

それは、みんな学食に行ったその舞台裏を今エピソードで描くためでした。

それぞれ誰と昼食を食べてたか、喪133の感想記事で実は加藤さんは南さんと一緒に食べてたんじゃないかというところまで推理してみました。

今回はその推理が当たってるかどうかも明らかになりましたが、加藤さんはそばかすちゃんが隣のクラスから来て3-5でお昼を、南さんはサチノリマキと学食でお昼をそれぞれともにしてましたね。

(地味に豚の餌さん、男子生徒といますねww)

どうやら南さんが加藤さんと岡田さんとの関係を修復できるのは、当分の間ムリそうです。

というより、加藤さんはあれはあれこれはこれって感じでそばかすちゃんに聞いて気にかけたりして受け入れ準備を整えてるんですが、

(スマホに付けてるキーホルダーを三牛士から別なのにしてるのもその現れです)

キバ子が自ら戻る気をなくしてます。

そればかりか南さん、やたら目をキラキラさせて嬉しそうに「みんなケンカすればいいんだ!!」なんて破滅的衝動さえ持っているところから思うに、もうどうにでもなれ~と関係を修復する気すらなくなってしまってるくらい手遅れにすらなってますね。

やっぱり南さんはこのかわいらしい見た目で得してますよね。

これでブッサイクだったら考え方といい、本当に原作初期のもこっちそのものですからね。

こりゃTwitter界隈で南さんが影の人気キャラになるわけだ・・・

自分が不幸だから他人も不幸になってしまえ思想・・・

あ、これ、今の日本のいろんなところではびこりまくってる不治の病だ・・・

他人の不幸を祈ったところで自分は幸福にはならずにただただ現状から何も変わらないのでむなしさだけが一方的にたまる、これで日本はすっかり中国にも抜かれて没落してしまったわけですが、いい加減みんな周りは不幸になれ思考はやめてくれって言いたいですね。

これはワタモテとはあんまり関係ないですね・・・

吉田さんVS小宮山さんの結末は・・・

さあ、前回のラストで智貴をきっかけに一触即発になってしまったヤンキー吉田さんと狂犬小宮山さん。

学食の広い空間でお互い対峙しています!

みんなびっくりしてこちらを見てます!

それくらいピリピリしてます。

おおっと、まわりの面々は止めに行くかと思いきや、超冷静になって分析をしはじめた!

共通した答えは・・・ひとまず静観!!

喪118で吉田さんがもこっちをシメてるシーンを見ていじめだと思い止めに入ったけど実はもこっちのゲス思考に原因があった、その後悔からの反省からか岡田さんも今回は止めに入らず!

保護者役のまこっちも今回ばかりはゆりに止めに入られました!!

そして「私」「黒木さん」「吉田さん」の名前を出してネモへのさりげない「私は吉田さんを知ってるよ」牽制も忘れてません!

やはりゆりはネモに嫌でもマウントは取るけど、仲良くなる気はなさそう。

喪118で描かれていたあの「おらー」ですらゆりから見たら「やりすぎではない」のか・・・

だとすると、普段の吉田さんはどれだけ暴力的なんだろうか。

伊藤さんもやはり静観するわけですが、これは後でまとめて話します。

なんとか小宮山さんは吉田さんに謝罪するわけですが、素謝ってなんやねん!

スジャータを思い出しました。

そんな新語を作る余裕がある小宮山さん、やっぱりヤバイやつですね。

そして、「私の弟みたいなもので」

こんなときでもまさかの超理論!!

それより何より、さっきまでもこっちと「仲良くない」って言ってなかったか小宮山さん、ええ?

なぜかこんなときに「親友」の安売りがなされてます。

なんだかよくわからないうちにこの騒動に巻き込まれてしまった智貴。

最後の最後にラッキースケベオチ!!

ムリヤリ感もありますが、ラッキースケベを見てさらにブチ切れた小宮山さんに吉田さんが一発全力でグー入れてちゃんちゃん!収めてしまいました!

一旦殴られそうになった智貴、小宮山さんの狂犬っぷりに自分はパイタッチしても結果的にお咎め無しになってしまうというなんたる強運の持ち主。

「おっぱいで手のひら感じたのか」は触られた女性としての立場をうまく示した表現なわけですが、ものすごく笑えますね。

「私は触られたことがないのにィィこの野郎!」って感じがにじむどころか湧き出てます。

吉田さんは赤面して去っていきましたが、次智貴と吉田さんがバッタリ会ったときにどう来られるか。

一発入れられるか、責任とらされて幕張本郷のUFOか。

伊藤さんのキャラクターの良さ

なんで伊藤さんだけ別に見出しをつけたか。

それは、小宮山さんと一緒にいるときの伊藤さんがまたいいキャラクターをしてるからなんですよね。

「ここは「見」にまわろう」なんて年頃の女子高生が言う言葉じゃないですよ。

人生達観した中高年がいうような言葉を使ってます。

その後小宮山さんを止めに入るわけですが、集中線の書き方を見ると分かるんですが、勢いよくまーっすぐ立ち上がってますよね。

一人だけ格闘漫画の登場人物のような立ち位置になってます。

で、最後の心の中が「静かになった」

え、ええっ!?

となりにお腹抑えてうずくまった女子がいるのに、そっちかい!

と伊藤さんの変わり者キャラもどんどん発展していってます。

ゆりのマウントは続くよ!!

すいません!最初にこの記事を書いたときにここの解釈を間違えておりました!

コメントでご指摘いただいた皆様どうもありがとうございます!

どうやらゆりのマウントはしつこく続いていたようです。

ゆり「根元さん私あの男の子誰だかわからないんだ、私は分かるよ(フフン)」的な余裕をかましたいんでしょうが、実は全く効果がないように感じますね。

どうでもいいですが、このシーンだけイス低くないですか?

恐怖のうっちー合流

最近のうっちーといえばギャグキャラどころかホラーキャラになっている感があるんですが、今回もやはりホラーキャラになってます。

表紙で学校中を走り回ったかと思いきや・・・

学食終わりにしれっと合流!!!!

岡田さんもおっかなびっくりしてるくらい自然に溶け込んでいるんですが、本当になにしに来たんだ!?

どうもうっちーはいつの間にか伊賀忍法を会得したようです。

ちょっとだけネモクロ

最後の最後、わずか2コマだけですがネモクロのシーンも入れてくれました!

いいですね、この表情を見せずに脚とトーンで表現するって。

ゆりまこもこの約束の場にはいないですし、こんどは2人きりの学食になれることを祈ります。

加藤さんはやっぱり大物だった

人づてで聞いただけですから詳しくは知らないまでも、あのひと騒ぎを「たのしそー」と言えるあたりやっぱり加藤さんは大物やったわ・・・

もこっちとのお昼の時間が非常に楽しみになりすかさず約束を入れる加藤さん。

最強すぎませんか!?

加藤さんに「はい」なんて言っちゃうから・・・

あれだけ学食でどもらずにみんなと喋っていたもこっちも、加藤さんには目一方弱かった!

明日はクズ後輩ちゃんとお昼の約束をしてるのに、それをもこっちもわかってるのに加藤さんのお誘いにも「はい」と即答してしまいダブルブッキングをかましてしまいます!!

ネモは「クロはバカだなー」って顔で見つめ、ゆりも「あーあー、また黒木さん、加藤さんにすんなり「はい」なんて言ってるよ」と言いたそうな顔で見てます。

遠足編から何度も見てる、見慣れた表情ですね。

で、翌日のシーンなんですが、この一番最後のコマは今のもこっちの周りの人間関係がよく現れてます。

なんだこの登場人物の量は!!

岡田さんが一時退場しもこっちのとなりにネモと加藤さん、後ろにゆりとまこっちがいるのは分かるんですが、さらに遠くには雌猫の間グループの面々、さらにはもこっちのちょい後ろの丸型のベンチに吉田さんとケントスキーと麗奈のヤンキーグループの面々までいるってんだからダブルどころかトリプル驚きですね。

ゆりとまこっちはしっかりと用意周到にシートなんて敷いてるし!

そりゃ困惑しますよクズ後輩ちゃんも・・・

2人でお昼食べると期待してきたら後ろも入れてもこっち関係者が14人が集まってるわけですから。

しかもこないだもこっちと会話したときにはいなかったメンバーのほうが多いですからね。

とくに、今まで描かれすらしなかったケントスキーと麗奈がいるんですよこの場に!!

次回、どう考えたって何も起きないわけがないじゃないですか!

そういえば吉田さんもこの会話を聞いてましたね・・・

(ネモのとなりが吉田さん)

ネモがこれまたものすごくかわいいのでよしとしましょう!!

智貴と吉田さんにフラグ立つとおもしろそう

いや、もう、これは智貴と吉田さんにフラグが立ってほしい!

これは私のひそかな願望ですけどね。

それにしても、小宮山さんとちん子ちゃんがなかなかお近づきになれないのに対し、吉田さんは関係の近づき方がほんと速いですね。

「何見てんだ」からの「この前のコゾー」から一気に肩組み&「真咲と呼び捨てでもかまわねーけどな」ですからね。

ここまでだいたい2ヶ月、会った回数3~4回くらいですから。

智貴の姉が普段一緒にいる、今も学食で昼飯食ってた目にクマが入った女子生徒だと知ったらさあどんな反応を見せるのか。

その姉からおっぱいどころか局部ズボされてる事実もあるだけに困惑の顔すら見られそう。

「あいつの弟かよ・・・」みたく。

パイタッチをきっかけに実は純情乙女な吉田さんが智貴を男として意識してしまってもおかしくはないですし、ここから純情ラブコメがちょこちょこ始まったらそれはそれでおもしろそうですね。

ただ、ここまで大所帯になっているために別なストーリーが発生してしまうとこの先の展開がものすごくハチャメチャになって収集つかなくなるので、これは外伝として別の同人作家さんに委ねるしかないか!?

一番好きなのはやっぱりクズっち

こんなときにクズ発言してるんじゃねえよ!!

ここが今回の一番好きなコマですね。

ク ズ っ ち に よ る 謎 マ ウ ン ト

まあ、一見すると単なるクズ発言に聞こえるんですが、智貴にとっては事態がいまだわからないまま吉田さんに絡まれ、ケンカが始まったと思ったら終わってた超気まずいシーンですし、気を紛らわせようとした姉ならではの発言ですよね。

もこっちも言ってない局部ズボに関しては・・・言ったら「お前、何してんだ」と智貴の目のところが黒くなるダークサイドに堕ちそう。

と言うか、ここまで緊迫したシーンでもやっぱり弟に対してはすらっと自分のほうがクズだ発言できるもこっちに感服します。

もう私は今までのぼっちじゃねえぞ、と。

最後に言わせてくれ!

さ、最後に言わせてくれ!

いや、本当に回を重ねるごとに中身が濃くなる作品ってそうそうないですよ。

なんで前回の面白さと濃さを新しいエピソードで上乗せできるんですか!!

情報量も多くていろいろまとめるのにすんごい時間がかかりました。

次回はあの10人もの大所帯での昼食会ですか?

さらに濃くなるの間違いないじゃないですか・・・

お昼どころの話じゃなくなりそうな気もします。

しかも更新が3週間後ではなく、2週間後の5月24日ときたもんだ!!

また喪134を100回読まないと・・・

わたモテ記事リンク

喪128 喪129 喪130上 喪130下

喪131 喪132 喪133 喪134
喪135

12巻購入 ファンブック購入

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。