ウマ娘第8R「あなたの為に」視聴!感想&競馬用語元ネタまとめ

広告




ウマ娘の第8R「あなたの為に」が放映、配信されました!

私の視聴環境ではMXでの放映が見られないために毎週2日分のチャンスロスが発生してます。

wikipediaでは中国の「ビリビリ動画」でMXでの放映と同じ時刻に配信されると書いてあったので会員登録をしたんですが実際は著作権的に日本からは見られないようになってました。

このときの顛末はこちらの記事をどうぞ。

それでは第8Rを見ていきます。

広告




サイレンススズカの怪我が完治した!

先週の終わり、天皇賞秋のサイレンススズカのアクシデントが史実通りに再現されました。

実は馬、とくに競走馬の脚は早く走れるんですが細くて非常に弱いところ。

なのでどこかの脚の骨がポッキリ折れるか何かしらの病気にかかってしまったら予後不良となってしまいます。

馬ですとそのまま薬により安楽死になってしまうんですが、今回の場合は人間ということもあってか単なる骨折で済みました。

今回はそのサイレンススズカのケガはどうなったか?についても描かれます。

ものすごーく駆け足ですが、骨折は順調に快復に向かい、リハビリからの芝コース復帰、最後の最後ではいよいよ完治します。

ということは秋頃にレース復帰して最後の有馬記念でスペシャルウィークと対決、そんなオリジナル展開での最終回になることでしょう。

スペシャルウィークの98年ジャパンカップ

元ネタ:1998/11/29 東京10R ジャパンカップ

また回想か!!ってことでまたもやさらっと流されてしまいました。

このレース、1着がエルコンドルパサー、2着はエアグルーヴ、3着にスペシャルウィークという結果。

またもやスペシャルウィークは負けてしまいました。

あとはアルゼンチン共和国杯を勝ったユーセイトップランや前年の有馬記念を勝ったシルクジャスティス、ご存知ステイゴールド、あとは前話で秋の天皇賞でも走ったサイレントハンターも出走してました。

もし秋の天皇賞で骨折がなければここにサイレンススズカが出ていたんですよね。

やはり大逃げを仕掛け、最後の直線ではエルコンドルパサーではなくスペシャルウィークに追い込まれさあどっちが勝つか、写真判定にまでもつれ込むそんな結末となっていたことでしょう。

そしてエルコンドルパサーは史実では国内で最初で最後の2400mのレースへの出走。

今までが1400m-1800mのレースだったことから距離面で不安があったんですが勝利を収め、海外進出への門出を祝う結果へ。

エアグルーヴは前走エリザベス女王杯から中1週でのレース。

ジャパンカップは国内だけでなく海外の馬と戦うことになるんですが、牡馬せん馬だらけのレースながら2着とスペシャルウィークをも抑え健闘した走りを見せました。

これでチームリゲルがワンツー!

実際のレースはこんな感じ

レースの模様はこんな感じ。

道中、サイレントハンターが逃げてます。

サイレンススズカの強さにかき消されてしまいましたが、天皇賞秋でも実はサイレントハンターは道中ずっと逃げてました。

見どころはやはり最後の直線でのエルコンドルパサーですね。

道中2~3番手につけていたこの馬、最後の直線でムチを一発グーンと加速。

スペシャルウィークもエアグルーヴも他の馬も懸命に追い、一度はエアグルーヴに並びかけられるもそこからまたもう一回引き離しての圧勝劇。

誰だエルコンドルパサーをマイラーなんて言ったやつは!

2400オッケーじゃん!

国内にはもうライバルいないじゃん!

海外でも通用するじゃん!

って走りを見せつけてくれました。

ウィンタードリームトロフィー

これはウマ娘オリジナルのレース。

トゥインクルシリーズを勝ちまくったウマ娘だけが出られるドリームレースで、GIの中でも一番上に位置してます。

年に2回の開催で、年明けともう一回は夏頃にやるでしょうか。

出走陣を見るとシンボリルドルフ、ナリタブライアン、マルゼンスキー、オグリキャップ、フジキセキと1980年代の競馬界を彩ったかつての強豪メンバーだらけというドリームマッチ。

勝利したのはやっぱりシンボリルドルフでした!

会長の実力はもはや折り紙付きですね。

離れたところからのカットでは魔法陣グルグルのアッチ村にいる村人のような全員バタバタ手足を動かしているように見えるのは私だけでしょうか。

(実際はちゃんと走ってるんですが遠目で見るとこんな動きなのか・・・)

チームスピカの面々にとってはこのレースに出ることが目標の1つとして挙げられている様子。

宝塚記念

元ネタ:1999/7/11 阪神11R 宝塚記念

次のレースは一気に飛んで飛んで宝塚記念へ。

この間スペシャルウィークはGIIレース2回とGIレース(春の天皇賞)あわせて3回出走し連勝してますがなかったことにされました。

ウマ娘のストーリー的に前後に盛れそうな要素がなく、この後のイベントを起こすのに明らかに不自然であると判断されてしまった様子。

そして杉本清さんの名実況、「あなたの夢はスペシャルウィークかグラスワンダーか、私の夢はサイレンススズカです」はサイレンススズカが存命のためにこれも再現されませんでした。

グラスワンダーVSスペシャルウィーク

見どころはグラスワンダーとスペシャルウィークの初対決。

グラスワンダーは一足先にGI馬になるも骨折して離脱していたため98年シリーズはほとんど走れず、その間にスペシャルウィークがGI馬になったためこのレースがスペシャルウィークとのはじめての対決となりました。

スペシャルウィークとの初対決で走る前からみなぎる闘志なグラスワンダーに対し、グラスワンダー?どうでもいいよ、それよりもサイレンススズカちゃんが出たレースに出られるぅぅと前日からずっとどこかふんふんふーんなスペシャルウィーク。

別に食堂でのやりとりでグラスワンダーがヤンデレでも百合ってわけでもないです。

この意識の差が非常にうま~く実際のレース展開にマッチするように反映されてます。

杉本清実況の動画を探してきました!

展開はスペシャルウィークの後ろをずっとマークするグラスワンダー。

マークっぷりが忠実に再現されてますね。

スペシャルウィークがあたりを見回しているのは騎手が(グラスワンダーを探しているのか?)両左右を確かめているところが元ネタ。

実況の「やっぱり怖かった」は杉本清の「相手はコレと決めた時の的場均は怖いぞ」が元ネタ。

と小ネタも仕込んでましたね。

そして第三コーナー付近からはやくも外に出て先頭に抜け出たスペシャルウィーク。

これを追い、さらにはかわして前に出るグラスワンダー!

グラスワンダーの足がついたところから土煙がブワッと出てまっせ!

wikipedia記載のレース回顧によると「スペシャルウィークは伸びに欠けていた」とのコメントのとおり、レースにどこか集中できていないスペシャルウィークは全く伸びない!

三馬身差で勝ったのはグラスワンダー!!!!

スペシャルウィーク幻の凱旋門賞計画

実は1999年の宝塚記念の内容次第ではスペシャルウィークが海外遠征、凱旋門賞へチャレンジする計画もあったようですが、最終的にはなかったことにされました。

これは作中、一切言及されてませんしスペシャルウィーク本人も知らなかったでしょうね。

スペシャルウィークの目標はなぁに?

スペシャルウィークの凱旋門賞計画たち消えの代わりに用意されたイベント、それはスペシャルウィークの目標はなぁに?あなたは何のために走るのと改めて再確認させることでした。

直近2話ではずっとサイレンススズカのことしか頭に入っていなかったスペシャルウィーク。

この宝塚記念も走るにあたってスズカスズカとどこか上の空でした。

ですが実際にはグラスワンダーのようにスペシャルウィークの強さを脅かす強いウマ娘は多数います。

あまりにもスズカ病にかかってしまい「おかあちゃんに勝つところを見せる」なんて想いも、スペシャルウィークの中ではどっかいってしまってました。

ここで初心に帰ってふるさとのおかあちゃんにもテレビ観戦してるサイレンススズカにも自分か勝つことで笑顔になってほしい、これを再確認させるためのイベントが今回の宝塚記念の位置づけとなりました。

でもネタバレすると、次のレースも7着な上、実際はジャパンカップから宝塚記念の間にGI含めて3連勝してるんですけどね!!

ここで幻となってしまったアメリカジョッキークラブカップ、阪神大賞典、春の天皇賞のことも覚えて帰っていただければ幸いです。

もしかするとこの7着になったレース、初心を思い出させるイベントを今やった以上これも省略される可能性がありますね。

都合よくツルマルツヨシとグラスワンダーを差し替えてしまえばいいのにと思ったらこのレースはGIIな上グラスワンダーは同じ日、別なレースに出ていたのでした。

なのでレースの存在自体が消されますね。

なんでこの3レースを省略したか?についてはこちらで考察してみました。

そういえば入学したときの「日本一のウマ娘になる」目標、あれその後語られることもなくなってるんですがどこいっちゃったんでしょうね。

こたけや

ちょww立体にはなってるけどポップ体www

サイレンススズカとスペシャルウィークがかごにわんさか入れるにんじんと、それを見るトレーナーの「ど、どれだけ買うんだお前ら」・・・ってな表情に大笑いさせてもらいました。

鍋がおいしそうな作品にハズレなしです!

ウマ娘記事リンク

第1R

第2R

第3R

第4R

第5R

第6R

第7R

第8R

第9R

第10R

第11R

第12R

第13R

【ウマ娘】2話まで見て気づいたなぜ謎不思議

【ウマ娘】同人誌を描くときに知っておきたい血統と馬の交尾

【ウマ娘】本編で描かれなかったスペシャルウィークの3連勝と省略された理由を考察

【ウマ娘】謎に満ちたモブウマ娘、「キンイロリョテイ」とは何者なのか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。