ヲタクに恋は難しい第8話「苦手な雷と、気になるお年頃」視聴!

広告




6月1日にヲタクに恋は難しいの第8話「苦手な雷と、気になるお年頃」が放映、配信されました。

やっぱりノイタミナのサウンドロゴとOP曲、sumikaの「フィクション」が週末の訪れを感じさせますね。

私が今期見ている他の3作品(ルパン、ウマ娘、多田恋)がいずれも結末に向けストーリーが一気に進んでいるのに対し、相変わらずのほほんなヲタ恋。

それでは第8話、行ってみましょうか。

広告




やっぱり雷はいくつになっても怖い

Aパートは雷に怯える宏嵩の以外な一面が見えたエピソードでしたが、いや、いくつになっても雷は怖いですって。

小学生のときはあの音と光そのものが怖いですし、社会人になったら今度は豪雨で電車がストップするとかPCのデータ消失どころか過電流による故障のリスクという別な恐怖と戦わないといけませんからね。

ちゃんと作業中のデータをこまめに保存して、バックアップも取らないとその日の仕事はパーですよ?

あとは雨降ってたら電車をきっぱりと捨てて確実に動くタクシーを使うとか。

電車は本当に止まりやすいです。

私が言える筋合いはないですが、時間はお金で買いましょう。

中学校のときは帰ってさあDAIBAッテキ!を見ようと思ったら突然の雷雨、停電起きるんじゃないかヒヤヒヤしたもんです。

この番組を知っている人は確実にナカーマですね。

数千年の時を経て、奴が・・・

成海の「まさか、ついに、数千年の時を経て、奴が・・・」発言、

私はここでアンゴルモアの王を連想しましたね。

アンゴルモアの王とはノストラダムスの大予言で有名な句、「1999年の7の月、空から恐怖の大王が来るだろう~」に出てくる言葉。

想像してくださいよ、闇夜に蘇る恐怖の大王の「グハハハハハ」な叫び、そして地球は巨大な稲光とともに一瞬にして業火に包まれ、そして生物はみな息絶えた・・・

イメージとしてはそんなところですね。

2018年の今となっては単なるネタにすぎませんが、90年代はあの予言だけでなく他の予言についても解読したトンデモ本がたくさん出てきた時期でもありましたね。

私はUFOとかUMAとかそんな感じのオカルトネタは好きですよ?

五島勉(ノストラダムスのトンデモ本を多数出版した人物)の名前久しぶりに聞いたな・・・

今でも学研の「ムー」を読めば、オカルト的なネタをひとつかみできますよ!

遠距離恋愛はやめておけ

後半は各カップルのデートについてが言及されていましたが、私からも一つ。

遠距離恋愛だけは絶対にやめておけ。

あれは長いこと会えなくても信頼できる強いハートがないと続かないからな!!

と遠距離恋愛の経験者は語る。

そう、女の側が、私に対する信頼をなくしてしまったんですよ・・・

それが別れの原因でしたね。

私も彼女に会いに岩手まで一回行きました懐かしい。

それっきりだったけど。

なにせ距離が離れているから相手の様子も全くわからず、かといって束縛なんてやろうもんなら反発喰らうのは必至、そして恋人と会えない淋しさにつけ込んできた違う男にいつのまにか抱かれてたり、別れた1カ月後には女の側に新しい彼氏がいるなんてのはよくある話ですからね!

なんで知ってるかって?

別れた後に一回だけメールをしたことがあるからですね。

そう、ひとたび信頼関係をなくすと、あとは別れまで一直線なのが遠距離恋愛の掟。

やっぱりヲタ恋は癒やしだ

やっぱりヲタ恋は週末の癒やしですね!

半分くらい本編の感想とは全く関係ない内容になってしまっているのは私が何も考えずにダラダラっと見てしまっているからですね。

という意味でも毎週一番最後にこの作品を見てます。

樺倉先輩と花子が毎週1回はケンカしてお互いの悪口言い合ってるのも相手のことを深く信頼してないとできないですし、オタカップル同士イベントに参加しーのメイトよってゲーセンで太鼓の達人しーのもれっきとしたデートですし、かといってそれだけではマンネリ化を迎えそうなのでときには大胆によこはまコスモワールドに行くようなデートもしないといけませんし。

ということは来週はいよいよデート回ですか??

多田恋も来週はデート回ですし、まーた木曜深夜の2トップでデート回が重なるよ・・・

そして、樺倉先輩のさらに上司が一瞬出てきたの、今回が初めてなのでは??

雷怖いから音楽聞いて気を紛らわせている宏嵩に一度は怒るも事情を理解して仕事に差し支えなければ承諾する樺倉先輩みたいな上司は・・・このご時世、いたら会社にとって激レアな人材ですね。

ヲタクに恋は難しい記事リンク

第一話

第二話

第三話

第四話

第五話

第六話

第七話

第八話

第九話

第十話

第十一話

第十二話

グーグルストリートビューで聖地巡礼をお手軽にしてみました!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。