多田くんは恋をしない第11話「特には何も」視聴!

広告




6月14日に多田くんは恋をしない11話「特には何も」が放映、配信されました!

広告




ピン先輩の担当声優が交代

今話からピン先輩の担当声優が杉田智和さんに交代されてました。

ピン先輩役の梅原裕一郎さんが急性散在性脳脊髄炎により休業すると報道があったのは5月10日のこと。

それまでにアフレコ収録が終わっていた話はそのまま放映されたんですが、アニメ制作もスケジュールがかなりカツカツで最終話までの制作、収録が進んでいなかったのか、やはりピン先輩役の声優は途中で杉田智和さんに交代とあいなりました。

梅原裕一郎さんのご快復を心より願っております。

そして梅原さんが無念にもピン先輩を最後まで演じきれなかったあたり、いかにアニメの制作が本当にカッツカツなのかが分かりますね。

やべえ多田くんにずっと感情移入してて全然気づかなかった・・・

変態キャラに変態声優でさらに変態差が加速することに。

それでは第11話を見ていきましょう。

23分私の心はえぐられっぱなし

今回は23分私の心はえぐられっぱなしの回でした。

そう、私もウン年前に好きだった女性が何も言わずに姿を消した、そんなことがあったんですね。

そのときの私の動きのまんまを多田くんは再現してくれてました。

それくらい男の心理の描き方が見事でしたね。

まあー、失恋直後いろんな感情がうずまきましたよね。

多田くんのようになんで私には何も言わないんだ(他の人にはいなくなることを言ってた)って腹が立ったりもしましたが、ここでちょっと落ち着いて考えてみると、まあ・・・うん、言えないよなーってなりましたね。

多田くんのように好きな人が突然消えて、趣味に手がつかなくなったこと??あるある!!

とは言ったものの、私の場合、失恋してからすぐに東京タワーのイベントで特別ライトアップを撮影しに行ったんですけどね。

そのときに撮ったのはこちら。

分かる人には日時とイベント名が分かりそう。

まだ撮影方法が確立していなかったのもあってか画が全体的に暗めでしたが、このときはだいたい大音量で音楽が鳴りっぱなしの東京タワーの駐車場に入り浸ってましたね。

もしかしたらここに行けば会えるかもしれない!とデートした場所にもう一度行く、あるある!

そして街を歩いていてどこか似てる人を見かけてドキッとしたこと、あるある!

逆に似てる芸能人を探してみたりとか・・・ね!

雰囲気が似てる女性、街を歩くとそこかしこにいますからね。

なお、まったく関係ない話ですが、スカイツリーは商標登録されているのでそのままの名前では使えません。

なのでスターツリーに名前が変わってます。

部屋を暗くしてひとりいろいろ物思いに耽る、あるある!!

失恋から一ヶ月くらいはいろいろと感情が渦巻くんですよね。

悲しみ、後悔、あとちょっとした怒り。

怒りとは周りの人にはいなくなることを伝えていたのに自分にだけナイショにされたことに対する怒りです。

その後一度だけしゃべるチャンスがあったんですが、結局ろくな話もせずに私の恋は終わりました。

2話の場面がこんなところで突き刺さってくるとは

第2話はテレサとアレクが写真部に仮入部、部員をAチームとBチームに分けて撮り撮られをする集団鬼ごっこ回でした。

その時のテレサと多田くんのやりとりが動画として残されていたんですが・・・ここでテレサの楽しそうな笑顔が多田くんにどしどし突き刺さってくることに。

そりゃ画面を近くで見られないし、なにか感極まってしまうよなー。

じっちゃんも多田のその後の決意の後押しするんですが、ああ、じっちゃんも若いときに女性、おそらくレイチェルあたりと深い関係になり告白してよのサインが出てるのに何も言えず、自分の前から消える同じ経験をしたんだろうなーってのが分かりますね。

多田くんはラルセンブルクに行くようです

今話の終わりに多田くんはラルセンブルクに行きました!

いや、テレサに会って言えなかった伝えたいことがある、その想いだけで数千キロ離れたヨーロッパまで飛んでしまうあの行動力は見習いたいものです。

すげえよな、恋は飛行機嫌いすら押し返せるんだから。

会えないリスクもあるのに!!

というかそのリスクのほうがはるかにでかいのに!!

私だったらできないです。

お金が無いって言い訳でまあいいや、ってムリヤリなかったことにしようとするも失敗する未来しか描けないですけどね。

伊集院はこっそりついていくんですが、あれ、絶対にアレクに会いたいってのもあるよね。

そして多田くんはおったまげるでしょうね、かよわい一人の留学生だったテレサが実はラルセンブルクの王女、将来は女王になる御方だったことに!

写真見せたらひと目で現地の人も案内してくれそう。

ラルセンブルクといえば日本人で実は多田珈琲店と深い関わりがあることが前回明らかになったレイチェルがいるわけですが、このへんでその設定が何か掘り下げられるのか、超気になります!!

逆にレイチェルからもじっちゃんにずっと伝えられなかったけど伝えたかったことがありそう。

多田くんの失恋と同じパターンとか!?

だから多田くんを行かせたんですよね、ラルセンブルクに!!

カギを握るのはやはりレイチェルですね!!

一般通過ゴルゴ

回想シーンで警備員に連れて行かれるゴルゴの(´・ω・`)を写すのやめいwwwww

(第10話参照)

せっかくのシリアスシーンがだいなしやないかwwww

多田くんは恋をしない記事リンク

第一話登場カメラまとめ

第二話登場カメラまとめ

第一話

第二話

第三話

第四話

第五話

第六話

第七話

第八話

第九話

第十話

第十一話

第十二話

第十三話

【多田くんは恋をしない】第8話で河口湖周辺の訪れた場所まとめ

「多田くんは恋をしないの聖地巡礼に行ってみた~銀座編~」

「多田くんは恋をしないの聖地巡礼に行ってみた~日比谷編~」

「多田くんは恋をしないの聖地巡礼に行ってみた~皇居周辺編~」

「多田くんは恋をしないの聖地巡礼に行ってみた~椿山荘・羽田空港編~」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。