わたモテ喪138「モテないし大学に行く」配信!~ゆりちゃん大勝利~

広 告

7月19日にわたモテ最新話「モテないし大学に行く」が配信されました!

なにやらファン界隈ではコミケ向けの合同同人誌執筆どころかいろんなイベントが立ち上がっていますね。

まずはわたモテオンリーイベント!!

これは他の作品のオンリーイベントと合同なんですが、わたモテだけの同人誌即売会。

主催は違いますが全体で見ると3回目になりますか。

すでに9月23日に東京ビッグサイトで開催することが決まってます。

バカ、その日私東京にいないんだよお…

ちょうど前日に大阪でやるイベントに泊まりがけで参加する、その帰りの日なんだよお…

(最終の東京行きのぞみで帰ってくる気はない)

というわけで泣く泣く不参加を表明します。

あとは、いま角川のbookwalkerさんで「もこっちとくっついてほしいキャラ」の投票が行われてます。

この企画についてはいろいろ思うことがあるんですが(なんで岡田がいないんだ(曲がりなりにもネモと常にペアでいる最古参キャラなのに)とかゆうちゃんは存在感がないなんて適当なこと書くなとかキバ子を悪く書きすぎだとか人選と紹介文に悪意あるやろ?)、どうにも読者の思っている今のわたモテと編集側が思っているそれに少なからず齟齬が発生している感もありますね。

アニメ放映時に単行本を買い揃え、その後も新刊が出るたびに毎回購入している私からするともこっちと周りの人間の関係はすっかり変わってしまいましたが、百合では絶対ないです。

前置きが長くなってしまいましたが、喪138を見ていきましょう。

広 告

いよいよ大学見学編

いよいよヒロインたちとの大学見学編がスタート。

まずはゆりとの大学見学ですね。

怒涛の15ページもあります!

これはクズメガやライト姉妹が終わったことでワタモテに注力する方向性か。

ゆりの私服が久しぶりに見られるんですが、やっぱりロングスカートがものすごく似合ってますね!

扉絵なんてあれ足の細さが浮き上がるるように座ってますから、謎のエロさを感じます。

となりのガキ臭い服を着ているもこっちとは精神年齢が5歳くらい違いますね。

ただ、いつも露出が少ない服を着てる=心理的には自分に自信がないってことの現れというのは覚えておいてほしいです。

サンダルに靴下はダサいとかいう声もあるんですが、そうか?

靴下の色と履き方によるのでは??

さすがにこれはダサいですけどね。

向かったのは・・・千葉西大学!(元ネタは千葉大学西千葉キャンパス)

偏差値は教育学部や園芸学部で51~60と少し低いものの、他の学部はあらかた60以上とレベルの高い国立大学。

タレント大久保佳代子やアンパンマンの生みの親やなせたかし、写真家の荒木経惟氏(アラーキー)、あとは市橋達也受刑者、さらには上野動物園の現園長土居利光氏を輩出してます。

ネモや加藤さんがそれぞれレベルの高い私大の明大や青学を志望していることから少しでも上の大学を目指したいというゆりの思いからチョイス。

ただ、他の学部はムリだけど教育学部なら入れないこともないと発言していることから、ゆりの学力は少々不足気味の模様。

やはりこの後は予備校漬けになるか。

注目したいのはゆりが発言した「私達」ですよ。

はじめから1人で大学に行く気はない、誰かと一緒に通うことが前提の発言なんですがすでにもこっちとおなじ大学に行く気マンマンな強い意志を感じますね。

教育学部=先生からもこっちは先生になったゆりを想像するわけですが・・・

やっぱり普段はコミュ障で言葉では強く行けず、暴力にいくイメージですよね。

読者の想像のまんま!

ゆりの一撃(ドンとかつねりとか肘打ち)、どれも強いですからね・・・

読者にとってはご褒美ですが。

でもゆり、先生になったとしても暴力で従順させる恐怖政治はだめですからね?

中学生は・・・もこっちの偏見に満ちた発言ではあるんですが、確かに、なんで道幅いっぱいに広がって歩いているんでしょうね。

とくに下校の時間帯ね。

家の前の道が通学路になっているんですが、夕方通りにくいったらありゃしない。

2018年にしてGメン75が流行ってるのか?

子供は苦手…

ゆりの場合、キバ子みたいな「頭の中が誰かの悪口で満ちている小学校高学年みたいな人」が苦手だと変に勘ぐってしまいます。

っていうかキバ子の場合、苦手と言うよりも大嫌いの方が正しいですね。

だからゆりとキバ子になにがあったのおおお!!

大学をふらっと回るもこっちとゆり。

私高卒なんであれなんですが、みなさんどういう基準で大学を選んでるんですか?

確かに17歳18歳の段階で将来何がしたいってすでに明確な人のほうが少ない気もしますし、かといってなんとなくで学部を選ぶと大学に通学する電車で毎日のように「こんなんじゃなかった」と退学コースまっしぐらなルートになりそうですし。

「勉強したいことがない」のに大学か・・・それはただ、学歴がほしいだけだろ?っていう疑問もふつふつと。

ゆりの場合、「教育学部なら入れなくはない」なんて発言してるのに数ページあとで「子ども嫌い」ですから、確実に挫折しますよね・・・

(まだもこっちと仲良くなっていなかった頃に)まこっちがこの大学を以前見学してたから同じ大学に通いたくて自分も来てみたけど、実際はレベルが高い上入れそうな教育学部は興味がなかった、でもまこっちや吉田さん、もこっちの誰かと同じ大学に行きたいとだいぶ悩んでいたゆりはもこっちの発言でだいぶ気が楽になった様子。

ここからゆりの都合のいい解釈でどんな生き方を選ぶことになるか・・・

(最近仲良くなったネモ、岡田さんと同じ大学へ行く可能性は・・・ないか)

で、まじめに勉強してきた人よりも、サークルでウェーイしている軽い人間のほうがなぜか楽に就職しているのは当たってます。

不景気でも内定取れていたのはだいたいこういう人たち。

上司もまともに勉強してこなかった人たちですから、ガリ勉くんじゃダメというのが現実です。

そういう人ってブラックさが広まっている業界でも成果上げて高い給料を稼いでいたり。

(ブラック企業にもいくつかパターンがあって、外食産業のようになんぼ働いても給料がほとんど上がらないところと、不動産、生保、証券、メディアのように仕事は他の業界よりもクソきついけど成果を上げた分だけ給料ががっぽり稼げるところがある、ウェイ系は後者で稼いでる印象)

大学見学の次は昼食!

大学見学も終わり、こんどは昼食へ。

場所は味のレストランえびすやってところですが、大学の近くとは言っても千葉大学の最寄り西千葉から京成線をまたぎ、千葉街道からもちょっと離れた場所にあったりします。

京葉線の千葉みなと駅のほうが近いですね。

もこっちがいうTV番組は「孤独のグルメseason7の第11話」。

6月22日放映とごく最近の内容ですね。

喪138のストーリーが決まったのは放映されたタイミングあたりということになります。

「メシマズの黒木」wwww

ちょっとその二つ名かっこいいんですが!!

※8巻、喪76を参照、修学旅行の班別行動で立ち寄ったおそば屋が芸能人が来た店だったが実際に食べてみたら微妙だったため

※吉田さんの修学旅行のご飯が辛い思い出になったのは喪77、判別行動でもこっちに振り回されて鬼疲れして旅館で眠ってしまいその日の夕食を荻野立ち会いのもとコンビニ弁当で済ますことになったため。

で、吉田さんの将来の話にいくんですが、ここで出てきたのは「出し子」wwwwwww

出し子とは振り込め詐欺で得た大金を口座から引き出すとかげのしっぽ切られな役目の人なんですが、吉田さんは詐欺組織の中でも下っ端の仕事させられてるイメージだったのか…

実にもこっちらしいイメージ力ですね。

で、吉田さんは就職、進学で会えなくなるのではないかと心細くなるゆりに対しすかさずフォローを入れるもこっち。

ゆりにとってはもこっちやまこっちと同じように吉田さんもものすごく大事な人ってのがよく分かります。

やっぱり修学旅行で知り合って仲良くなったただけにものすごーく思い入れがあるんですね。

でももこっちのフォロー、頻繁に地元に帰ってくるまではキレイなんですが久しぶりにエンカウントしそうなところがパチンコ屋かドンキっておい!!

本人の前で言ったら確実に喪118か「おらー!」ですけどね!

もこっちのヤンキーに対するかなりの偏見は今も変わっていない様子。

結局服選びに同行するゆり

場所はどこかのH&M。

稲毛から一番近いところだと海浜幕張のイオンモールか。

今回、もこっちとゆりは西千葉→千葉みなと→海浜幕張って意外と長い距離を移動してるんですよね。

ほっともっとなんてボケてるはさておき・・・

(しまむらは違う名前になってるのにほっともっとはそのままなんだ)

「・・・・・・モテたいの?」

「(私という人がありながら黒木さんは)モテたいの?」

ああ、ヤンデレ方向に連想してはいけない・・・

もこっちの最終目的は「男にモテること」ですから、女子大生っぽい服装を吟味するんですが、まずは何も手入れしていないボッサボサの髪型をなんとかしたほうが・・・なんて言ってはいけませんね。

結局このあと訪れるゲスタイムを経てマネキンが着ている服を参考に買うわけですが、あれ、あそこの店のマネキン、露出度高くなかったか・・・

ハイウエストのホットパンツなんて修学旅行の吉田さんがはいてたやつでっせ!

完全に背が高い人向けのアイテムじゃございませんか!

もこっちゲスタイム

意外や意外、普段ゆうちゃんにしか仕掛けていない服屋恒例のゲス行為タイムがゆりを相手にはじまりました。

まずもこっちがゆりに着せたのは・・・肩どころか胸元までガッチリ出ている服!!

しかもうっすらおへそも透けてる、これ、実際はどういうシチュエーションのときに着るんだ・・・

もこっちに「エロい」と言われて照れるゆり。

こんな服を着て大学のコンパに行ったら確実にお持ち帰りさせられるコースですね、気をつけてくださいよ、ゆり!

もこっちは・・・モテたい一心からかなり背伸びしてますが、あれ絶対に合わないだろ・・・

だから髪型だって。

さらにゲスさを上げ、今度は大学の講義に着ていく服にはまったくふさわしくないこの服を選ぶんですが・・・

シチュエーションさえ変えれば似合いそうなものですが、さすがにあの服は断られました。

さいごはモノローグ

最後は電車でのモノローグ。

残り少ない高校生活や大学進学後のことになるんですが、モブ時代のネモや岡田さんたちに向かって「あいつら死なねーかな」だったもこっちが2年の月日が経ち「高校が残り数ヶ月で終わるのが惜しい」ですよ。

大学生活も「たまに寄り道しながら一緒に帰る」「他の人と同じ大学へ行って高校生活の延長みたいなのを送るのもいい」と前向きな考えへと変化。

むしろ一緒に帰るどころか、そのまま誰かと一緒に暮らすまでありますよ。

このへんのモノローグを橘田さんがしゃべってくれる日が来てほしいああ来てほしい。

最後のページですべて持っていかれた

なにこの最後のページの破壊力!

今まで何も友達関係の大きな変化がないような描写だったたんですがとうとうもこっちが、ゆりを名前で呼びましたよ・・・

このページで瀕死どころか死んでしまった人多いですよね。

土曜日にあるというわたモテオフでもこの最後のシーンは誰しもの話題に上がるのでは??

いまでこそゆ、ゆりちゃ…ですが、来月辺りには恥じらいもなくなって「おいゆり!」になってたらこれ最高。

反対に今度ははゆりちゃがもこっちのことをどう呼ぶようになるか、そこが気になりますね。

やっぱり最初はと、智子…みたいなぎこちない呼び方になるんでしょうね。

そこがまたいいんですけどね!

そして、ある時を境に失われてしまったゆりちゃの表情筋が回復することを切に願います。

それにしても今回、まだ前座だと言うのにラスボスクラスの威力の高い全体攻撃をこれでもかと仕掛けてきましたね。

バスと電車でニマニマしてしまいました。

きっとまわりからは気持ち悪がられていたことです。

ゆりちゃとの大学見学でこうだから、加藤さんとのオープンキャンパスなんて適当な理由つけてゆりとネモも押しかけ参加するの確定じゃないですか。

加藤さんと二人きりなんて、そう甘くないですよ。

で、その後はゆうちゃんとこみちゃんとで勉強会・・・こちらも大所帯になりそう。

それよりなにより、もこっちがゆりちゃにもセクハラ仕掛けられるようになったってのが大きな関係の進展ですね。

いままでは人の目があった&距離感を掴み損ねていたことからやってなかったセクハラなんですが、今回はゆりちゃ相手に堂々とやってます。

これもこっちの友情度としては最高ランクにあたるものですからついにゆりちゃとゆうちゃんが並んだ瞬間ですよ。

(吉田さんの場合はかなり悪運が重なっている偶発的なもの)

やっぱりわたモテはゆりもこ・・・いろいろナビゲートしたのはもこっちだったからもこゆりが一番やったんや!!

わたモテ記事一覧

 AnMaGa
カテゴリー 「」
https://summertime-24.info/category/Mangakansou/watamote
(件数:0)
広 告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。