ニーチェ先生9巻で描かれたいまのコンビニの実情を解説してみる

つい最近のことですが、ニーチェ先生の9巻を購入してきました!

7月26日にすでに発売されていたんですが、なんとそれに全くを持って気づかず、手に入れたのは9月のおわりのこと。

この作品、コンビニ店員視点でのよくあるできごとや業界の実情、リアルを克明に描いている良作品として私も注目しています。

今回、その最新刊9巻が非常にコンビニ業界のリアル、現実を現していましたので元コンビニ店員の解説していきます。

8巻で2号店を持ちかけられたオーナー

実は8巻で作品に出てくる「スリーセブン」のオーナー、2号店を持ちかけられていました。

ボーダーは日販いくらなのかは分かりませんが、売上が高い店ですと2号店どうですか?と持ちかけられるようですね。

(セブンの場合は平均日販が65万円ですから、最低でもそれより高い日販)

 

その2号店の雇われ店長に主人公の松駒くんをスカウトしたところで話が終わりました。

気になるのは雇われ店長の実情ですよ。

とくに待遇面!

以前からインターネット上ではコンビニの雇われ店長にはなるものではないと言われ続けてきましたからね。

じゃあその待遇面のお話。

今年8月、コンビニの雇われ店長の給料明細を暴露した動画が投稿されて波紋を呼びましたが、この明細を見ますと、26日、184時間の勤務で基本給に手当モロモロ合わせても総支給が17万円代。

そして、基本給を時給換算すると777円??

厚生労働省によると平成29年度の和歌山、山口の最低賃金が時給777円でしたから、もしかするとこの2県のどちらかの店舗の可能性もなくはないんですが、それにしてもコンビニ店長の時給が地方の県の最低賃金と同じって、どう考えてもバイトのほうがもっと稼げますよ・・・

もし大都市近郊だとするなら、どう見なくても最低賃金以下ですから転職活動をするか、労基に行って訴えたほうがいいレベルですね。

東京の最低賃金は今年10月から時給985円になります。

そういえば私がはるか昔いた店舗の店長、給料が16万円固定だったな・・・

(総支給額か手取りかは不明)

はたして松駒くんの賃金はいくらになるのか。

後のコマで松駒くんは店長を断ったことがわかりました。

かろうじて命拾いをしたようです。

スポンサーリンク

商売センス

1巻からお読みの皆様ならわかるはず。

松駒くんの働いている店のオーナー、絶望的に商売センスがないんですね。

Q1.新商品はどこに陳列しますか?

答えは文章にすると非常にむずかしいですね。

人間の目の高さ、いわゆるゴールデンラインに商品を置くと目に付きやすいといわれていますが、基本的にどのゴンドラも何を置くかはあらかじめ決められていますからね・・・

ただ、決してこのオーナーの言うように新商品は黙っていても売れるってわけではないです。

そうですね、お菓子であれば定番商品、売れ筋商品の左隣にでも置いておきましょうか。

(人は商品を探すとき、左から右に見る傾向があるので)

Q2.よもぎわさびドリンク、プレミアムリッチコーヒー、ダイエットティー、売れそうなのは?

どう考えてもプレミアムリッチコーヒーでしょう。

よもぎわさびドリンクっていっぺんでいいからどこかの飲料メーカー作ってみてくださいよ、名前見た時点でゲテモノすぎて売れねえよ!!

だいたい、よもぎって・・・

3アイテムを10列の中に割り当てようとしたら、よもぎわさびドリンクなんて1列でいいくらいですね。

と言うより、100店舗中99店舗は推奨されても発注しません。

Q3.一番上にミミズグミが2列、チョコパイとせんべいが1列ずつ置かれている。

いま、その場所に新商品を置きたい。2段目に下げるべき商品はどれか?

これは本当にむずかしいです。

私もチョコパイとせんべいを2段目にしてもいいと考えています。

ただし、オーナーとは違う理由でです。

チョコパイとせんべいは定番品ですので、客は探してでも手に取るからです。

って、ミミズグミってなんやねん!

カバヤさんあたり作ってくれませんかね・・・

2号店の場所

さてそんな松駒くんが店長を務めることになった2号店の場所は・・・

なんと山中!!

車やおろか人通りすらめったにないと言われている場所。

駐車場は広いんですが、そういえば私の家の近くのコンビニもこんな広さだったな・・・

正午ごろ行くと駐車スペースにぎっしり車が詰まってます。

たまに大型トラックやバスも停車してますね。

あれ、コンビニって出店する時交通量調査してなかったっけ・・・?

少なすぎるのは絶対にダメ、多すぎると今度は渋滞してしまい急ぐ&対向車線から入れないという理由で店に入る車が減ってしまってダメという微妙なさじ加減を攻めています。

あまりに辺鄙すぎる場所にあるのか過去2社ほど出店しても閉店に追い込まれている模様。

そんなところにスリーセブンが出店して大丈夫なのか・・・?

コンビニなんて立地が8割なのに。

ドーナツの販売什器が消えたことに喜ぶ松駒くんたち

松駒くんたちが新店舗で驚いていたこと、それはドーナツの什器がなくなっていること!!

たしかにあの什器はとにかく清掃が面倒でした。

やたらとドーナツを並べる部品の形状が複雑で洗いにくかったんですね。

当時は袋に個包装じゃありませんでしたし、食洗機もありませんから当然手洗いですよ。

でも実はあの什器・・・今年の夏頃から焼き鳥販売用に再利用されています。

どうも各店舗、カウンターから撤去後どこかに保管していたようですね。

2号店に集まったバイト・パートの数

2号店に集まったバイト、パートの数は・・・なんと6人!!

ああもう人数がリアルすぎます。

昨年某所にオープンした2号店も開店以来ずーっと窓にでかでかと急募!なんて張り紙をしてまで必死に募集をかけてますので本当に集まらないんですよねコンビニのバイトは。

なぜか?

まずは賃金と仕事量があっていないこと。

いや、あの仕事量を最低賃金で募集かけるってどうかしてます。

そもそも本部がチャージとして利益の7割を吸い取っていくのでオーナーですら収入がままならなりませんから、バイトの賃金も十分に出せないのが実情といったところですね。

コンビニのオーナーはどこもこう思っていそう、「民主党政権のほうが良かった」

景気が悪いときは正社員の仕事がなく、なんとか食いつなごうとコンビニのバイトをする人が増えますからね。

ということはいまは景気は確実に上向きになっているということが分かります。

今は魅力的に見えるバイトはいくつもありますからね・・・

あとは、店舗が多すぎて店員の取り合いになっている点ですね。

私の近所にもコンビニが多数あるんですが、その半分くらいがとある大手チェーン。

そうでなくても都会、住宅街なんて狭い地域に大手3チェーンが入り交じるように大量に出店しているのでただでさえ少ないパイが何店舗かの取り合いになっている、だから人が集まらないんですよね。

チラシ配り

皆様の住まいにも来たことがあるでしょう、チラシ配り!

新店舗のオープンやリニューアルからの再オープンのちょっと前に従業員が近所の家々を回ってチラシを配って歩きます。

これ私も参加しました。

そう、ただチラシを入れるポスティングではダメ、1件1件玄関口で会話しないといけないんですよね。

コミュ障の私には困った話でしたよ。

それにしても無料引換券が「パクチーソーダ」って・・・

コンビニの商品は3000種類(ただし全部入れているわけではない)あるのにただでさえ売れなさそうなものをチョイスするオーナーの趣向がよく分かりません。

オープニングセール後の店内

後半、怒涛のオープニングセールが終わった後の店内を見ますとものすごくガラッガラになってることが分かりますね。

オープニングセールは本当に大変ですよ、リニューアルのときですら無料引き換え目当てに来客数は普段の2倍~3倍、おにぎりやパン、サンドイッチも安くなってますからついで買いで売上も日販150万あたりまでいきました。

そういえば、私の近所の2号店もそのセール期間中だけ1号店から何人か従業員が応援に駆けつけてきてましたね。

そして、駐車場の入口に警備員が来るのもガチです。

そりゃー、最寄り駅から90分、人通りも車の量も少ない寂れたところですからオープニングセールが終われば用無しになるであろう大半の客はわざわざここまで来ようとは思いませんよ。

なぜスリーセブンの本部も過去いくつかのコンビニが出店しては撤退していった、結果が見えている戦いに挑もうと思ったのか・・・

コンビニのかなり厳しい現実が描かれていた

ということでニーチェ先生の9巻で描かれているコンビニの現実について解説してみたわけですが、いや、コンビニ業界、こんなに出店してどうするのってのが率直な感想ですね。

とくに某チェーンでは狭い地域に大量に出店するドミナント戦略をとっているんですが、これによりただでさえ少ない応募者が各店に分散されてしまい人手が何年も不足状態、都会のコンビニじゃ中国人韓国人の店員だらけ、そして郊外ではオーナーが深夜休み無く働いていたり1人勤務が当たり前になっていたりします。

これを対処するには他の業界同様待遇を良くするしか無いんですが、今の仕事量を鑑みても、適正時給はどう考えても昼間1500円でも足りないような・・・

個人的には安倍政権が2021年以降も続いてもらってコンビニ業界を壊滅的にしてほしい破壊願望までありますけどね。

さあこんなコンビニ業界ですが、皆さんじゃんじゃん応募してきてくださいね!

・・・いねえよな・・・

スポンサーリンク

私がおすすめする記事(広告あり)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする