わたモテ喪143「モテないし3人で勉強する」更新!~ゆうちゃんも同じ大学に行ってほしい~

広 告

10/4にわたモテ喪143「モテないし3人で勉強する」が更新されました!

前話の喪142の感想、レビュー記事は私のスケジュールの都合上9/21に執筆、投稿とお知らせしましたが実際は更新日、9/20の夕方に執筆を終えそのまま投稿してます。

1日早い投稿となりました。

で、9/23はわたモテオンリーイベント、ものすごく盛り上がったみたいですね。

私はその日大阪にいたので参加してませんが、どのサークルも頒布の新刊が売り切れたとか。

参加者が予想よりも多かった上、早く来た人が同人誌をほとんどのサークルから買いあさるくらいの人気っぷりということでしたからね。

さて、今回はどんな話になるのか。

きーちゃん回が続くのか、勉強会になるのか、全く違うエピソードが描かれるのか。

そして私が前日夜に予想した「今回はゆうちゃんは出ない」は果たして当たっているのか。

それでは恐る恐る見ていきますよ!

広 告

よかった友モテトリオ回だ!

よかった今回は友モテトリオ回だった!!

友モテとはわたモテのスピンオフ、「私の友達がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」のことです。

こみちゃんの私服のことはいつものことすぎて突っ込みません!

なぜかこみちゃんが着るとこの私服もやけに映えるんですよね。

ゆうちゃんが来たら絶望的に似合わないのに。

ゆうちゃんとこみちゃんの私服を交換してごらんなさいよ、絶望的に似合わなくてビックリしますよ。

とまあ、私服談義から始まったところで、見てほしいのは1ページ左下のコマですね。

いつもと変わらないこみちゃん相手にはずかずかものをいうもこっちなんですが、今となってはこのやりとりも実家のような安心感ありませんか??

これを加藤さんの前で言えますか?って話ですよ。

かたや聖母、かたやハナクソですからねもこっちにとっては。

まずはその勉強会についての話題ですね。

私も友人宅でやりましたね、勉強会と言う名のマリオパーティー2!!

※実は私が通っていた高校は進学校ではなかったので高3でもマリオパーティー2をする余裕があったし、その頃ネットができる環境ができるのも友人宅だけだった

ゆうちゃんはファミレスでワイワイ会話しながら勉強会をしたと言ってるんですが・・・

そういえばゆうちゃんって友モテをはじめいろんなところで描写があるとおり、左利きなんですよね。

でもポテトがどう見ても取りづらそうに見えるんですね。

・・・中の下の高校ってDQNといいますか、あんまり勉強に興味がない不真面目そうな生徒が多そうなイメージなんですが、ゆうちゃんの友人グループは定期的に勉強会を開いているようで。

それに参加をしているということは、ゆうちゃんは勉強は嫌いではないんですよ。

嫌いではないんですよ、ただ、おそらくどこかでつまづいてしまい、それがきっかけでどこがわからないのかわからなくなってしまった、そんな状態になってるんですよね。

そんなときは何年分戻ってもいいですのでつまづいた単元まで戻ってそこから復習するやり方が一番いいです。

ゆうちゃんの場合はおそらく中1のどこかあたりにその原因がありそう。

こみちゃんは・・・えっ、なに、伊藤さんとスカイプで勉強会なんてしてるの!?

しかもただの通話だけでなく、お互いの勉強風景を映しているだと!?

私らの高校時代、スカイプなんてものはありませんでしたし、携帯電話のシェアですら50%程度だったぞ・・・

こみちゃんの独り言がやはりロッテキチそのものですね。

しょうごしょうご(元ネタは中村奨吾選手、今シーズンは走りに打ちに大活躍していますね)がしょうこうしょうこうだったらどうしようかと思いましたよ。

当時あの歌が誰でも口ずさめるくらい大流行していたんですが、そういえばわたしら高校時代からカルト宗教どころか北●鮮すらネタにしてたな・・・

ガチョウ足行進とか、キムさんが手を振ってるところの模写してました。

NK-POPは一切分かりませんでしたけどね。

(深夜にAM657に周波数を合わせると聞こえるんですよあちらの放送が、読み上げの合間合間によくわからない歌が流れる)

えらい話がおかしな方向にはずれてしまいましたが、次の発言、私驚いて鼻水出てきたので鼻かみましたね。

「智貴くんの眼球とクマ舐めたい」ってなんやねん!!

これには伊藤さんもドン引きなんですが・・・新能力でましたよ、画面越しの集中線!!

もうね、こみちゃん、リラックスしたときの発言が危険水域まで達してますよ。

これもこっちに聞かれたら出禁どころかもう一生私にしゃべりかけてくんなレベルですね。

いやほんと、なんで考えていることが一番危ない女子生徒と仲良くできているの伊藤さん・・・

わたモテ最強キャラ、実は加藤さんでもきーちゃんでもポテンシャルさんでもなく、伊藤さんなんではないか?と思えてしまいます。

ゆうちゃんはそれに対して「長時間見守ってくれるなんてやさしい友達だね」と返すんですが、こみちゃんに対してサラッと毒吐きますよね。

これが修学旅行回まで何度も見てきた友モテトリオのやりとりですよ。

親の顔より見たゆうちゃんの毒、これだけで涙出てきましたね。

ゆうちゃん、大学のセンター試験の仕組みを知らず

実は私も大学受験をしたことがない、高卒の人間なので大学のセンター試験の仕組みを全部知っているわけではないんですが、私立大学の場合6教科30科目から3科目を選択すればいいみたいですね。

大学によっては1科目だけ選べばいいところもあるようです。

ただしFランですが。

これは国数英の3教科しかテストしない私立高校の入試と似たようなものなんですが、ゆうちゃん、なんと勉強をはじめてから今までその仕組みを知らず!!

ちょっと誰かゆうちゃんに教えてあげてくださいよ・・・

センター試験は大学側が受けろと指定した必要な教科だけ勉強すればいいんだよ、と。

もしかするとゆうちゃんの学校の友達もみんな、その仕組みになってることを知らないとかそんなオチじゃありませんよね?

それとも、センターではなくAO入試狙いとか??

私の妹は推薦で大学に入学してました。

これを踏まえて森永大学のモデル明治大学の入試要項を見てみたんですが・・・どうやら3科目方式の場合ですと英語、国語、地理歴史を選べばよく、競争率は5倍になっている模様。

青山学院大学も文学部は英語、国語、地理歴史の3科目方式となってました。

競争率は書いてありませんでしたが、やはり一流(いちながれ)大学ですのでそれなりに高そう。

ゆうちゃん、ここでつまづいているとか、先が思いやられるんですが・・・

こみちゃん、やっぱりロッテが気になる

勉強会をはじめてからある程度時間が経った頃・・・

この日のロッテはデーゲームなのか、試合速報を確認するこみちゃん。

ちょっと、勉強に集中しようよ・・・

と思っても、ロッテはこみちゃんがひたすら愛している球団ですから、一時的とはいえ意識をそらすことなんてなかなかできないんですよね・・・

もこっちは千葉西大学には行かないようです

ゆうちゃんも見つけてしまった、もこっちの部屋のカレンダーに誰かの名前が書かれていたことを・・・

ゆりちゃんは知っている人だけど、ネモと加藤さんはゆうちゃんにとっては知らない人。

もこっちに大学見学の印象を聞くと・・・「森永大学」「青学」は出たんですが、あれ、その前にゆりちゃと行った「千葉西大学」はどうしたの・・・??

まあ、ゆりちゃとのエピソードは大学見学よりもその後に一緒に飯を食べたり服を買いに行ったり電車を降りたときに「ゆりちゃ・・・」と呼んだりした一連のイベントのほうが印象的でしたから、千葉西大学はどうでも行きたい大学ではないのかも。

むしろじっくりと描かれていた森永や青学の方にもこっちは関心を抱いていると考えたほうがいいですね。

となると気になるのはゆりちゃですよ。

あなたどこの大学に行く気だ!?

もこっちと同じ大学ならやはり森永か青学のどちらかになるんでしょうが・・・ゆりちゃの場合、もこっちがどちらを選んだとしてもネモか加藤さんと同じ大学になるわけですからいい印象を持ちそうにないんですよね。

ましてや青学を選んだ日にはトイレか体育館裏に呼ばれそう。

こみちゃんにとってきーちゃんは知らないブ●

こみちゃん、おととい会った女の子は知らないブじゃないんだよ、それはもこっちのいとこなんだよ、親類なんですよ。

こみちゃんにとって自分の前で智貴の話をする、体に触れる、直接智貴と会話してる人は姉のもこっちと朱里ちゃん以外は例外なく敵になるようで、ブス、メスブタのように常に蔑称で呼ばれる模様。

一番気になるのはこのこみちゃんの知らないブ発言をもこっちがスルーしていることですね。

誰のことを言っているのかに気づいていない可能性が。

もこっちの遠慮してない発言を聞くとホッとする

勉強会もある程度時間が経ったところで息抜きにみんゴル対決!!

罰ゲームはゆうちゃんにはおっぱいひと揉み、こみちゃんには今後出禁と遠慮がないですね。

ああ、ここらのやりとりもやはりいつものゲスなもこっちらしくて安心します。

はたして罰ゲームは一体どうなったのか、もこっちに対する罰ゲームも気になりますがゆうちゃんは元彼以来におっぱいを揉まれることになってそう。

ご想像におまかせしますってことなんですが・・・これはあれですか?1ラウンドではなく、1ホールごとの罰ゲームですか?私1~2回は揉まれてると思ってます。

しかも元彼にも劣らないいやらしい手つきで。

多少は焦っていますがもこっちなら・・・とそのままスルー=半ば受け入れているのが最高にエロいですね。

そしてe-スポーツの話題になっているところに最近のトレンドを取り入れてるわたモテらしさが見られますね。

みんゴルのプロプレイヤーっているのか・・・と調べてみたところ、どうやら昨年日本国内で大会が行われてました。

国内の各地域、4都市で開催され1都市ごとに予選~決勝まで行い優勝者を選出する、そんな大会でした。

e-スポーツも今や世界中で認知、大きな大会も開催されて職業にまでなっているんですが、日本ではゲーム=子どもがやる古い価値観がいまだに昭和生まれのオジサンの間で浸透しているのか、全く大爆発する兆しが見えないのが残念なところ。

そんな古い価値観に縛られ続けて捨てる決断ができないから日本は停滞してるのに・・・

とまあこの話はわたモテですることではないですね。

智貴が帰ってくるとこみちゃんの体に異変が・・・

時間は夕方か、もこっちがすでにだらけているところに智貴が帰宅。

壁一枚隔てたとなりの部屋には智貴がいる・・・

それを想像したこみちゃん、体が火照ってしまいました。

やべえよ、会話しただけでアレが始まったときくらい危ないです。

同じ家に族(トライブ)しているってよく出てくるなこのワードがポンポンと。

息を切らしているとか、絶対に体の一部がぐしょぐしょに濡れてますよねこみちゃん。

想像しただけでエクスタシーに行ってそう。

これ絶対家に帰ったら一人智貴のことを想像して●●してますね。

クッションがあったらそれを使ってますね。

間違いありません。

もこっちもドン引きしてお開きしてます。

ここまできたら確実にあの少女は暴走しますからね。

隣の部屋に押しかけて智貴を逆レ・・・もとい、押し倒していそう。

とここまではいつもの友モテトリオじゃないと描けない、ありのままの姿。

構成も別なページに1コマ2コマはみ出させてなく、ページを捲ったり隣のページに視線がスムーズに移せるようになっています。

この構成力の高さはニコ先生の本領発揮ですね。

見ていただきたいのは後半、締めですよ。

GW編の締めは・・・公園猫!

とまあ、帰りはもこっちの家の近くの公園に移動。

GW編も勉強会で終わり、ここからどう締めるのかな~と考えていたんですが、ゆうちゃんに見せたいもの?

なんだろうと思っていたところにまさかの公園猫再登場!!

2巻、喪18以来の再登場なだけにすっかり私も猫の存在を忘れてました。

喪18におけるもこっちと公園と猫の関わりを復習してみましょう。

夏休みも終わりに近づき、コンビニで買ったカップラーメンを食べるもこっちは夏休みが終わる焦燥感や2学期もぼっちのままなのではないかという不安からラーメンを食いながら涙を流す。

そこに流れてきたはくちょう座流星群。

「男と星が見たい」と願うもこっちにすり寄ってきたのがこの猫でした。

買ってきたおにぎりを半分与えるともこっちの足にすりより甘えてきます。

腹を見せるくらい甘えてくる猫の腹を触りまくるもこっち。

ふと体の一部に目をやると「ついて」いました。

やった!男=オスと星が見られた私ならやっていけると決意を新たにするもこっちというところで話が終わる、そんなエピソードでした。

もこっちはぼっちだった時代、たびたび公園に逃げ込むように行ってなにか考え事をするんですが、そんななか夜の公園で登場したのがこの猫でした。

もこっちが人気ものになってからは公園に行く描写が見られなくなったんですが、この猫、まさかの作中時間で2年弱ぶりの再登場ですよ。

ということでもこっちのぼっち時代を知る唯一の人間以外のキャラクター。

ゆうちゃんが猫好きである設定も手伝ってここからもこっちの今のまわりの人間関係が描かれるというわけですね。

この過去のパズルの組み立て方がじつにうまいんですよねニコ先生は。

そこからヤンキーのスカートの中に頭をつっこみ殴られ、(なぜか自分も殴られ)、さらにこみちゃんも智貴の件でケンカして殴られた話に発展。

さっきのカレンダーのネモ、加藤さんに加えさらにゆうちゃんが知らないメンバーがもう1人追加されてしまいました。

ゆうちゃんも「!」って焦りやら寂しさやらいろんな感情が浮かんで危機感を覚えますよね・・・

まさか自分の知らない2年と1ヶ月の間にもこっちに友達がたくさんできて、しかもなかには生おっぱいを触っている女子がいて、しかもそれが下ネタに一番弱いピュアヤンキーなんですから。

自分以外にもセクハラをしている女子がいた・・・

もしかするとセクハラに厳しいヤンキー以外にもセクハラに厳しくない人物にも同じことをやっている可能性がある・・・

(そればかりか、セクハラを喜んで受け入れようとしている人物すらいる・・・)

そして、その中の誰かに近い将来もこっちを奪われてしまうのではないか・・・

もこっちとこみちゃんのクラスは面白いことになってますよ・・・

ただ、そのクラスには明らかにもこっちにグイグイ来る女子生徒がすでに3人もいて戦場になっていますので、ここにゆうちゃんが入り込もうとするとこのスピード感にいきなり乗らないといけないですが。

加速帯の少ない首都高のとある合流地点のように、ゆっくりなスピードから一気に加速させないと当然取り残されます。

今までにゆうちゃんはゆりちゃとまこっちには会ってますが、今後ネモ、加藤さん、ヤンキー、さらに今回は言及されていませんでしたがうっちー、岡田さんと会話をすることはあるのか・・・

(1年の文化祭で見たことがあるのはすでに忘れていそうだけど)

これまた文化祭のシーンで会話イベントがありそうな気がするんですが、クラスの出し物、受験近いのにやるのか??

(わたしが高3のときは就職試験まっただ中ということでクラスの出し物はやりませんでした)

「もこっちとこみちゃんと同じ学校に行けたら楽しそう」

「ダメでも勉強頑張ってみよう」

高校受験がダメで一緒の高校に行けなかったからもこっちがいまクラスメイトと送ってるおもしろい3年間を過ごせなかった、だからせめてムリかもしれないけれど大学だけは一緒なところに行きたい、それには自分のレベルを考えたら学力を大幅にあげないといけないからムリかもしれないけれど、ダメもとでいいから受験したい・・・

このわずか2ページながらもその中にゆうちゃんの非常に切ない想いを凝縮させおって!!

「もこっちの友達もきっと(もこっちと)一緒に勉強したい」

だからもこっちにもその時間を作ってあげたい。

もこっちにグイグイいけないゆうちゃんのいろんな葛藤がにじみ出てきてますね。

ああ、ヤンキーグループの進路は不明ですが、それ以外のあの人たちなら強引な手を使ってでも毎週末勉強しに行きたいと思ってそう。

とくにネモさんとゆりちゃ、あとはうっちーね!!

最後はいとこみゆうの勉強会

ラストはいとこみゆうの3人がスカイプで参加する勉強会なんですが、何このもこっちが知らない秘密の関係!!

そして伊藤さんのフルネームがこんなシーンで判明しました!

「伊藤光(いとうひかり)」ちゃんということで、よろしくおねがいしますね。

伊藤かずえ伊藤つかさだったらどうしようかと思いましたがかわいらしい名前でよかった。

「智貴くんのお兄ちゃんになりたい」としれっと爆弾つぶやきをしているのが相変わらずなこみちゃんですが、伊藤さんの集中線とゆうちゃんの汗は弾幕ゲーじゃないから!!

確かにラスボスのような後半のボスの攻撃にありそうですけどさ!!

伊藤さんたしかに強撃うちそうですけどさ!

最後のしめで笑ってしまいました。

とまあ、はじまりはいつもの友モテトリオでも、終わりはいつもどおりではありませんでした。

すでにもこっちにもたくさんの友だちができ、ぼっち時代にはいいところを見せたいのかずっと隠していたゆうちゃんが知らないもこっちの楽しそうな学校生活の話を最近はしてくれるようにもなった・・・

おそらく今後はその話に登場人物が増える可能性すら示唆されている・・・

前回名前が出てきた杏奈とか、もしかすると雌猫の間グループの誰かがもこっちの蠱惑にハマってしまいこちらのグループに入ってくるとか、いろいろこの先の展開が作れますからね。

そしてよく見るともこっちのぼっち時代を知る猫をゆうちゃんが抱きしめている・・・

これはさっきも言った猫好きというのもあるんですが、この猫はぼっちを感知した人物に甘える、そんなセンサーみたいなものが取り付けられているのではないでしょうか。

ああ、もこっちがひとつずつ成長するとともにこの中学時代からの安定した関係も不安定なものになっていってしまう、ゆうちゃんがひとり取り残されてしまう、その寂しさも浮き彫りになっただけに涙が浮かんできます。

それにしてもこの猫、2年の間にすっかりイケメンになりましたね。

まさに今のもこっちの立ち位置=ハーレムの頂点にいる男性のような立ち位置を象徴しているるような、そんな顔つきになってますよ。

毎回ドキドキするんですよね、わたモテの更新日、11:30は・・・

どんな始まり方をするのか、どんな展開になってどんなギャグ要素が入ってどんなオチにつながるのか・・・

きーちゃん回のように意外な話が挿入されたりと展開が全く読めない部分もありますし、いつかもこっちがろくでもないことをしでかしてしまうのではないかとハラハラもんですしね。

あれ、これ、バトルマンガじゃないよな・・・

(元)ぼっち女子高生が送る高校生活を描いたギャグマンガだよな・・・

それでは次回、10/18の更新も楽しみにしております!

わたモテ記事一覧

 AnMaGa
カテゴリー 「」
https://summertime-24.info/category/Mangakansou/watamote
(件数:0)
広 告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。