【ぼくたちは勉強ができない】第7話感想:実は文乃も攻略中の成幸、恋愛要素取り入れてどうすんの

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぼくたちは勉強ができない第7話「前任者の秘匿領域はXの有様である」の感想です。

前回は合宿での成幸と緒方さんとのキスを目撃されてしまった真冬先生に咎められるも、3人のフォローになっていないフォローの甲斐もあり?お咎め無しの結果に安堵する4人。

しかし、成幸が誰かとキスをした、そこから自分たちの知らない誰かと付き合っている人がいるのではないかと話が広がり、露骨に成績が急降下する緒方さんとうるかの2人のエピソードでした。

それでは第7話いきます!

第7話あらすじ

校舎裏で成幸と話す中、文乃はバランスを崩して成幸に抱きついてしまった。その背後には険悪な目つきの理珠が! 成幸が好きな理珠を怒らせてしまったと慌てる文乃。文乃はさっきのハグをチャラにしようと…?
放課後、猫を助けてケガをした真冬を送るため、成幸は彼女の部屋を訪れることに。成幸はそこで真冬の面倒見の良さや、散らかし放題でだらしない私生活など、怖い先生の意外な一面を知ることに。

ぼくたちは勉強ができないアニメ公式サイトより~

ボイン緒方さん、ポンコツ?真冬先生

学校で恋の話をしているであろう成幸と文乃。

文乃が立ち上がろうとしたところ、よろけてしまい成幸に支えてもらう=ハグする格好になってしまいました。

誰かに見られていないかと心配する文乃でしたが、なんでここに緒方が!?

緒方はこちらを睨んできていた、その目付きの悪さにさっきのハグが咎められるのではないかと思う文乃なんですが、実は緒方は父親がメガネを踏んづけて壊してしまい以前かけていた度が合わなくなってしまったメガネをないよりはマシとかけた結果、近くに行かないと誰なのか分からなくなっていたのでした。

たしかによーく見ると、緒方のメガネは今までの楕円形のノーフレームのものではなく逆台形の形をしていて、しかもフレームもありますね。

そうとは知らない文乃は成幸をドーンと突き飛ばし強制的に緒方とハグさせようとしたんですが、勢いが強くて胸部にダイブする結果に!

文乃が成幸と緒方をハグさせてチャラにする目論見が逆にハプニングを呼んでしまうのでした。

数日後、勉強をしている成幸が木から降りられなくなったネコを助けようとしていた、それを見ていた真冬先生が飛び降りたネコをキャッチしようとしたが、足をくじいてしまいました。

成幸に引っ張られ真冬先生は帰宅したが、先生はかえってそうそう躓いたか何かで転んでしまい大きな音を立ててしまった、助けようと成幸は家にあがりましたが、なんと家の中が非常に汚ないことが判明。

お茶を出すついでに勉強を教える真冬先生、2時間ほど勉強に集中し、掃除していたときに見つけてしまったフィギュアスケートのトロフィーの数々。

なぜに真冬先生はフィギュアスケートから引退したか、それはやはりフィギュアスケーター特有の悩みによるものです。

ご存知の通りフィギュアスケートの選手寿命は20代前半くらいまで。

浅田真央も27歳で引退しプロに転向しましたね。

体が成長、成熟してくることで、飛べるジャンプが飛べなくなってしまうのですよ・・・

いっときの感情でフィギュアスケート選手としての人生を棒に振ったことで教員に転向し、感情によらず教え子たちを得意な分野で活躍できるよう促すことにした、これが真冬先生なのです。

さあ、生徒たちを得意な分野に進ませる、それが教育なのだろうか?

これに対してはやはり両論あるんですよね・・・たとえ苦手な分野でも自分のやりたいことを優先するか、それとも、さっさと苦手な教科は諦めて得意な分野に注力するか。

やりたいことを優先した場合、その先が茨の道であってもへこたれない精神力が必要です。

それが理系の場合思考パターンからまるっきり変えないといけないので、ほんっとうに難しいです。

高校生であれば苦手な分野を今すぐにでも捨てたところでまだ間に合います。

そういえば私、なんで中学時代に鉄道マンになりたいと思ったんだろう。

いまとなっては非常に謎。

これがポンコツ先生で片付けられていいのだろうか・・・

文乃もいつの間にか攻略されていたようです

後半はいつの間にか文乃と成幸が噂になっていたエピソード。

成幸は鈍感なため文乃を連れ出したり「特別な関係」と平然と言ってしまうんですが、それがきっかけでクラス中からあらぬ噂をたてられたり、その日の図書室が噂を聞きつけた女子生徒たちに囲まれていたりとこのクラスの女子たちの規律はどうなってるんだろう。

これみよがしにみんな耳に取り付けたイヤホンに注意してるじゃない・・・

結局成幸の熱心な指導っぷりを聞いた図書室の面々と教室にいる3人。

成幸と緒方には彼氏彼女の垣根を超えた、特別な信頼関係があると再認識するのでありました。

どうでもいいですが、今更気づいたんですが、提供バックで遊んでませんかね・・・

ナルホド、緒方、うるか、文乃だけでなく先生も攻略対象だったのか・・・

それにしても、すっかり今のアニメ、どの作品を見てももはやテンプレと化しているかのように主人公は恋愛フラグをポンポンポンポン立てていませんかね・・・

生徒のみならず教師までも攻略対象っていうんですから驚きですよ。

それでいいのかアニメ業界!?

まあ、この兆候は10年前のラノベ「とらドラ!」でもそれ以前の作品においてもお約束のものでしたし、あとはテンプレから外れるととたんにストーリーが理解できなくなってしまうような層が増えてしまいましたので彼らを取り込むにはテンプレ通りの展開にしないといけない、それはそれで致し方ないんでしょうが、少年をターゲットにする作品は大変なことになってきましたね。

モブ生徒のセリフ、うわさのキッスと聞いて某4人組のアイドルという名の兼業農家が出てきたらオッサンです。

中世フランス史のお勉強

本編に出てきた世界史のお勉強をいたしましょう。

1789年6月20日の球戯場の誓い、こちらはフランス革命直前、三部会の第三身分議員(当時のフランス王国は僧侶、貴族、平民の3つの身分にわけられていて、そのうち平民、といっても労働者階級ではなく富裕層の代表である議員ってことです)が三部会の議決方法をめぐり対立し国民議会を追い出された結果ヴェルサイユ宮殿の球戯場に集まり、憲法制定まで議会を解散しないことを誓いあった事件です。

1789年7月14日のバスティーユ襲撃、こちらはフランス革命の始まりとも言われている事件、国民から人気のあったジャック・ネッケルがマリー・アントワネットらの独断で罷免されたことに怒りが爆発した大衆が当時は弾薬庫となっていたパリのバスティーユ牢獄を襲撃した事件です。

バスティーユ牢獄はもともと要塞で、30mの城壁と8つの塔をもっていたものの時代の実情に合わなくなってしまった、しかし難攻不落なことから政治犯を収容する牢獄として使われていました、ただしこの牢獄、日本の刑務所のようにギッチギチの規律で縛られているわけでなく服装、食事、私物持ち込み、普段の生活、あらゆる点において自由がきいている所だったようです。

ちなみに襲撃時に開放された囚人はわずか7人でした。

そもそもなぜにフランス革命が起こったか?

当時のフランスは僧侶、貴族、平民の3つの階級に分かれていて、平民には重税を課し、僧侶や貴族には免税と年金が支給されている、あからさまな身分による差別が存在していたことに理由がありました。

しかしフランスは平民から重税を課してもそれでも財政難に陥った、それは歴代の国王が国民に還元されないようなお金の使い方をじゃんじゃん行っていたから。

身分差別に加え国王の独裁政治ときたらこりゃ怒りの種火がどんどんでかくなりますね。

財政難に陥ったために僧侶や貴族の特権を廃止し納税させようとしていたんですが、今度は貴族たちから猛反発にあい頓挫。

それが長く続き三部会と呼ばれる各身分の代表である議員が集まった議会運営もグダグダ、その間に三部会に見切りをつけた第三身分の議員が球戯場の誓いを起こし、渋々国王ルイ16世が首を縦に振るも、それに貴族たちが反対し国王にまで圧力をかけて押さえつけようとする緊張状態になってしまいました。

さらに国民から人気があったネッケルが罷免されたことで怒りが爆発した国民がバスティーユ牢獄を起こしその勢いが全国へ飛び火、オーストリアへ逃げようとしていた国王も逮捕され内戦が勃発したものの革命は成功。

こうしてフランスは資本主義国家になっていったのです。

ただ、不安定な状態はさらに80年間ほど続き、最後の王朝オルレアン朝が倒れたことでようーやく国家が安定するのでした。

世界史を学んだところで第8話でもお会いしましょう!