【ブギーポップは笑わない】第5話感想:安能はホモ、はっきりわかるんだね

スポンサーリンク

ブギーポップは笑わない第5話「VSイマジネーター2」が放映、配信されました。

第4話からはじまったVSイマジネーターのエピソード、今回も今回でかなり難解なストーリーとなっているのが映像からでも分かります。

今回はどんな話が紡がれるのか、見ていくよ!

 

スポンサーリンク

第5話あらすじ


日本の高校に進学するため、海外から日本へと戻ってきた霧間凪の母親違いの弟でもある谷口正樹。
姉からのアドバイスに従って、学校ではあまり目立たないように過ごしていた正樹だったが、
ある日、同級生たちから因縁をつけられてしまう。
街中の路地裏で正樹を取り囲む同級生たちに、ふいに一人の少女が声をかける。
まるで正樹の身代わりを買って出るかのように自らを差し出そうとする少女の名前は織機綺。
正樹はこの出会いをきっかけに、織機との距離を少しずつ縮めていくのだが……。

ブギーポップは笑わないアニメ公式サイトより~

同じ出来事を違う視点で見せてくれる作品

今回の第5話は4話でほとんど描かれなかった谷口と女の子と安能の視点がメイン。

谷口はAパートで視点として描かれるご存知の通り霧間凪の弟、帰国子女で波風立てずおとなしく学校生活を送る予定だったがある日、クラスの悪い連中複数人に囲まれてしまった。

女の子は名前を織機綺といい、谷口と水族館やらどこやらでデートを何度もする恋人関係になっているも、人を好きになってはいけないとしきりに言い聞かせているシーンが見られたなにか訳アリの子。

安能はBパートで視点として描かれる悪い連中のリーダー格、織機綺をストーカーしてるところをでかい男ことスプーキーEに襲われ洗脳されてしまう。

いやしかし、今回もいいパズルの組み合わせ方をさせてきてますね・・・

そうなってパズルの欠けたピースが組み合わさっていくのか・・・

今回のストーリーには思春期の男女の恋愛要素も絡んでくるんですが、谷口は織機綺に一目惚れだったのか・・・

確かに彼女は謎に満ちていて、興味を持ちやすい人物ですね。

そしてよく見ると安能→谷口←→織機綺ってまたものすごい三角関係ですよね・・・

だって安能と谷口は男同士ですよ!

また腐女子がいらっしゃるじゃないですか!

ああ、行列に長時間並んでも話が弾み、女性に口の周りについたケチャップを舐めて取ってもらって、ついでにフランクを口移しされたい人生だった!

15歳の少女が見せるあの色気に私個人的にものすごくドキッとしましたよ。

で、視点は変わって安能の話へ。

安能は転校してきた子なんですが、初日でもって谷口に一目惚れ!

今流行りのBLの先駆けみたいなものなのか・・・

ですが、谷口は織機綺と交際寸前~交際と恋愛関係になる流れになっていたために、安能は近づくことさえできず。

もう安能の好きな相手への近づき方の不器用さ、これ私も経験ありますね・・・

どうしても好きな人に自分のことを目に入ってほしいと考えてしまうと、動き方が超不自然になってしまうんですよ。

なぜかいい印象を与えたい、嫌われたくないと考えてしまうんですね。

相手は自分のことを全く知らないのにね!

どう考えてもそんなことをしたら、第一印象最悪なのにね!

いいな、ゲタ箱に恋文入れられたかった・・・

私も中学時代に何度かラブレターを貰ったことはあるんですが、いずれも文面に通ったことがない小学校の名前がありましたのでただのおふざけではないか?もしくはちょうど席替えがあった直後ということもあり、前にこの場所に座っていた人間との間違えではないか?と自分の中で怪しさだけが大きくなり結局待ち合わせ時刻にその場所に行くことはありませんでした。

で、織機綺をストーカーしていたときに、でかい男ことスプーキーEに洗脳されて駒の1つになってしまった、と。

ちなみに安能はこのあと、飛鳥井先生の手により洗脳が解かれています。

このスプーキーEは統和機構の人間で、安能を襲ったことから織機綺となにか関係がある人物なのは間違いないんですが、ラスト、えええあああ、織機綺の本当の名前、カミールなのかよ・・・

ということは、ただの人間ではなく、彼女もあっち側、統和機構の人間だというのか・・・

どおりで喫茶店で「セックス」発言したり、服をビリビリにして胸部をさらけ出したり、人を好きになってはいけなかったりと普通の人間とはまた違う、女としての羞恥心を全く持っていなかったわけだ・・・

しかし谷口も複雑だよな、男の子が好きなのに女の子からラブレターを貰うんだもの。

結局彼はこのラブレターに応じたんだろうか・・・

よくよく考えてみたんですが、一度スプーキーEに洗脳されたときに記憶が消されたんですが、そのときにやっぱり谷口への恋愛感情も消え失せてしまったんですかね・・・

そりゃ確かに乱暴な性格から一転して、誰にも興味がなくなったような、人が変わったようにもなるよな・・・

ストーリーの最後がいい意味で思い描けない

今回の一連のストーリー、最後はどのように締められるのか全くを持って思い描けないですね・・・

もちろんいい意味なんですが、イマジネーター、ブギーポップ、デカイ男、安能、琴絵、飛鳥井先生はそれぞれどう動くんだ・・・

そしてどのように締めくくられればエンドとなるのか・・・

いや本当に思い描けないです、来週が待ち遠しく感じられるほど思い描けないです。

ブギーポップは笑わない記事一覧

ブギーポップは笑わないの感想、考察記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ

2019年冬アニメ記事一覧

2019年冬アニメの感想、考察記事一覧はこのリンクをクリック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。