【ブギーポップは笑わない】第15話感想:それぞれと歪曲王との出会い&巨大怪獣はなにものだ

ブギーポップは笑わない第15話「オーバードライブ歪曲王2」が放映、配信されました!

寺月恭一郎が死ぬ間近に建設したムーンテンプル。

それは彼が感じている思考、思念の歪みを具現化した建物。

その建物を見物に来た親子、羽原健太郎と田中志郎、そして咲子。

ムーンテンプルの中に入ると、音楽が鳴り響き停電となりシャッターが閉まってしまった・・・

さらに竹田の目の前に偽のブギーポップこと歪曲王が出現したりと大きなストーリーになりそうな予感がしますね。

それでは第15話も見ていきます。

 

スポンサーリンク

第15話あらすじ

ムーンテンプル内に鳴り響く音楽、そして人々を閉じ込めるかのように
非常用シャッターが作動し、館内の明かりが落ちる。
停電の暗がりで、パニックに陥る人々。
しかし、誰もが気がつけばムーンテンプルではない別の場所にやってきていた。
やってきた場所は人それぞれ違っていて、共通しているのは
かつて通り過ぎてきたはずの過去の続きにいるということ。
そこには自らを歪曲王と名乗る存在がいて、心から消し去ってしまいたいと願う苦しみを、
逆に金に変えるようにしなければならないと語りかけてくるのだが……。

ブギーポップは笑わないアニメ公式サイトより~

それぞれの人物の前にあらわれた歪曲王

今回はそれぞれの人物の中に出てきた歪曲王がメインのストーリー。

まず登場してきたのは親子でムーンテンプルを見に来た、そのうちお母さんの方。

実はあのお母さん、なんと20歳のときに父親がわからない子を出産していました。

それは高校を卒業したあたりからだろうか、令嬢のように厳しく育ててきた両親に反発して夜な夜な遊ぶようになったからですね。

これはもう衝撃の事実ですね。

そんな裏があったんかい!

そりゃムーンテンプルがなにものなのか、気になるよな・・・

で、関係した人間のうち、その父親になってほしいと願っているのは寺月恭一郎。

ですが寺月恭一郎は父親として認知されることを拒みます。

それは「国籍がない」「子どもが作れない」から。

寺月恭一郎が統和機構の人間というのは夜明けのブギーポップのド頭や前回のエピソードでちらっと語られていますが、そうか、スプーキーEのように生殖機能もなければ、もう一つ国籍もないのか・・・

その後、彼女は寺月から莫大なお金=養育費を貰ったことで遊ぶのをやめ、立派に育て上げることに専念しています。

ではなぜ歪曲王は寺月の姿で現れたかと言うと、彼の前に立派に育った子を見せつけたいけれども死んでしまったことや、彼女自身が本当に母親としてふさわしいのか不安になっているためです。

場面は変わり、今度は咲子。

どこかサビた線路と草原が広がる場所にて日奈子と再開するんですが、この日奈子はかつて夏休みの終わり頃に交通事故で亡くなった人物。

高校か中学か、夏休みがはじまる前に日奈子にひどいことを言ってしまった、だから日奈子が夏休み中どう思っていたのか気がかりでずっと謝りたかったけれども事故で亡くなってしまったことで謝れずに苦しんでいた。

さらに羽原健太郎も登場してきました。

彼はかつて大企業のデータをツールを使ってハッキングして顧客の情報を外部に売る商売で大金を稼いでいた経歴がある人物。

しかし、あるときハッキングがブロックされてしまった。

嫌な事件は的中し殺人事件が発生してしまうんですが、付近を通りがかったときに職務質問されてカバンの中を見せてもらうことを拒んだ際に助けたのが霧間凪だったと。

さらに、そのブロックするツールに細工を仕掛けていたのも彼女でした。

また霧間凪か!ってくらいどこにでも出てくる子ですね。

まあ、彼女は正義の味方ですからね。

どうやら羽原健太郎は霧間凪に一目惚れをしてしまったようで、歪曲王が霧間凪の姿で現れたのは言いたいことが言えなかったのが理由みたいですね。

彼の世界には霧間凪と入れ替わる形で早乙女正美も出てきているあたり、早乙女正美ともどこかで認識があるんでしょうが覚えておらず。

さらにこの世界には巨大な怪獣が出現してきました。

ちなみにこの怪獣は真くんが「ゾーラギ」と名付けている通り、真くんが生み出したもの。

彼にとっての歪曲王がこの怪獣なんでしょう。

さらに田中志郎にも歪曲王が紙木城直子の姿で出現していた模様。

と、今回はそれぞれの登場人物の中に現れた歪曲王の存在が主なストーリー。

みなさん、夢のなかで歪曲王によりなにか言いたかったけれど言えないことがあった人物が目の前に現れ、過去の続きに立ち会わせています。

歪曲王の目的は人物がみな持っている心の中から消し去ってしまいたい苦しみを黄金に変えること。

それにしても、歪曲王はなぜこんなことをしているのか、その理由が全く見えてきませんね。

なぜにムーンテンプルの中の人間を眠らせてそれぞれに心残りであった人物を出現させてきているのか、ですよ。

それは今後の話で描かれるんでしょうが、はたしてその目的へたどり着くのは誰なのか。

スポンサーリンク

ブギーポップは笑わない記事一覧

ブギーポップは笑わないの感想、考察記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ

2019年冬アニメ記事一覧

2019年冬アニメの感想、考察記事一覧はこのリンクをクリック


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。