【ブギーポップは笑わない】第17話感想:歪曲王は寺月恭一郎ではなかった&過去に打ち勝った咲子

スポンサーリンク

ブギーポップは笑わない第17話「オーバードライブ歪曲王4」が放映、配信されました!

前回は真くんが生み出した歪曲王、ゾーラギを倒したブギーポップが印象的でしたね。

あとは新刻敬と会ったブギーポップが竹田くんのことをどう思っているのかが語られた貴重なシーンがありました。

果たして今回はどう展開されるのか!?

 

スポンサーリンク

第17話あらすじ

床下に降りられそうな入り口を見つけたという田中志郎と共に、その場所までやってきた羽原健太郎。
しかし、入り口の上には道元咲子が倒れていた。
目を覚ました咲子をどかせ、床下へと降りる羽原と志郎だったが、
そこは換気用のスペースで、歪曲王に繋がりそうなものは何もなかった。
ふいに入り口の扉が閉まり、どんな目的があるにしても歪曲の邪魔はさせないという咲子の声が聞こえてくる。
入り口の扉は固く閉ざされてしまい、戻ることができなくなった羽原たち。
そしてさらに何かが閉まる音が鳴り響き……。

ブギーポップは笑わないアニメ公式サイトより~

今回は、といいますか、今回も会話主体でストーリーが進んでいきました。

いろんな人物の視点があるんですが、言ってることがてんでバラバラなのでどこから話せばいいんだろう・・・

どこがメインなのか、やっぱり寺月恭一郎と羽原健太郎と田中志郎視点になりますか。

寺月恭一郎はムーンテンプルの内外にいる人間にメッセージを送ります。

それは、外にいる人にはすでにムーンテンプルの中には入れないこと、中にいる人には建物の通風孔が閉鎖され、酸素供給が行われなくなった、だから早くしないと酸欠で死ぬことが示されました。

パニックを起こした人間は脱出しようとするが出入口までの道がふさがっていて脱出できないとわかった場合上に向かう、これはデパートの火災事故のときもそうですね。

過去に発生したデパートの火災のときみんな屋上に向かったのは屋上は開けていて、火のまわりがこないうちに救急ヘリとかハシゴとか、そういうレスキューがきてくれるだろうとと考えるからです。

もっとも、昔のはしご車は高さが屋上まで伸びる規模のものではなかったために助けが来なくて、そのうえで消火もままならず火がどんどん上に燃え移ってきたさらにパニック状態になると、今度は地上が近くにあると錯覚し飛び降りる選択をする人が増えますけどね。

始まったのはムーンテンプルからの脱出ゲーム。

しかも酸素がなくなるまでの時限つき。

上のフロアにたどりついた田中志郎と羽原健太郎。

ムーンテンプルの出入口のロックを外すために操作盤を操作したところ、出てきたのは寺月恭一郎がなにかを語る映像でした。

その語りによると、寺月恭一郎がムーンテンプルを作ったのは統和機構に抵抗をするため、そのためにイベントで人を集め中に入ったたくさんの人間を麻酔ガスで眠らせいち早く目覚めた人間を選抜しそれ以外を酸欠で殺し、選抜された人間の可能性に託したということがわかりました。

この映像を見ている人に「統和機構に気をつけろ!」というためだけにわざわざムーンテンプルを作ったのです。

今のところ選抜されたのはムーンテンプルで目を覚ました田中志郎と羽原健太郎と起こされた咲子と新刻敬と、あとは歪曲王に促されて中に入った竹田くん、それとブギーポップといったところですね。

実際に映像を見たのは田中志郎と羽原健太郎の2人だけでしたが。

竹田くんがムーンテンプルの中に入るタイミングのよさはうまい演出ですね。

しかし寺月恭一郎はビデオメッセージで一言も歪曲王のことを出しませんでした。

それは一体どういうことかといいますと、寺月恭一郎と歪曲王はそれほど関係がなかったということですね。

ムーンテンプルは統和機構に抵抗した寺月恭一郎が機構の敵として戦ってくれる人物を選抜し、将来の可能性に託すための実験場になっていることは確かですが、歪曲王はその実験に相乗りしたまででしょうね。

ひとつ気になったんですが、竹田くんのもとに現れた歪曲王(宮下藤花)が鍵のかかってないムーンテンプルの通用口のドアを開けてたんですが、みんなそこから出られるやん!

起きるかどうかは別として。

そういえば寺月恭一郎は夜明けのブギーポップにおいて病院にも出資していましたね。

これもやはり寺月恭一郎が統和機構に抵抗をするために、敵として戦ってくれる可能性を託せる人物を生み出す施設の1つなんでしょう。

あのエピソードでは霧間凪がその人物として選抜されましたが。

もうひとつ描かれたのは、ブギーポップに出会った咲子でした。

咲子は今回冒頭で目を覚ましてから、もういちど日奈子こと歪曲王に会いたいと動いていたんですが、そこでブギーポップと出会います。

歪曲王には出会えなかったけれど、ブギーポップが歪曲王の代弁をし、その結果黄金を手にすることができました。

咲子はいままでずっと抱いていた心の中の苦しみを黄金に変えた、歪曲王の実験において過去に打ち勝った唯一の例となりました。

さあ、歪曲王の正体は羽原の仮説とは違い、寺月恭一郎ではないことが分かりました。

みんな羽原健太郎が寺月が歪曲王だとずっと言っていたもんだから、そう思い込んでいたのではないでしょうか。

だとすると誰が歪曲王の正体だろうか。

いよいよ次週最終回、歪曲王とブギーポップ、あとはそれぞれの登場人物がどううごいて結末を迎えるのか楽しみですね。

・・・はあ、この作品を見ると疲れるよ・・・

私たち読者、視聴者の読解力が試される作品ですね。

ところでさ、

MXでの提供バックが田中志郎と田中志郎のシルエットだったんですが、それ、ネタバレになってなせんかね・・・?

大丈夫ですか?

ブギーポップは笑わない記事一覧

ブギーポップは笑わないの感想、考察記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ

2019年冬アニメ記事一覧

2019年冬アニメの感想、考察記事一覧はこのリンクをクリック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。