【感想】青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない第4話:咲太は不幸誘引体質?



青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ないの第4話「ブタ野郎には明日がない」が放映、配信されましたので感想を書いていきます。

スポンサーリンク

今回はタイムループもののストーリー

今回はタイムループもののストーリー。

何らかの理由で6月27日を何回か迎えてしまうというもの。

で、ピックアップされたのは、後輩の古賀さん。

 

タイムループものと言えばSF関係のラノベ、小説ではもはや王道的な展開。

次の日が訪れない、それには必ず原因となった人、モノがある、それを登場人物が探り当てて解決していくことでようやく次の日が訪れるようになる・・・

某作品なんて同じ日を演出は多少違えど8週連続放映したもんだから袋叩きにあってましたね。

 

では王道的な展開になりがちなこの作品はどのように独自性を出しているか?

それは高校生のありがちなイマドキ恋愛やスクールカーストとでもいいましょうか、それをストーリーの軸に取り入れている点ですね。

いまどきの高校生、スクールカーストなんてのがあるのか・・・

いかにしていい位置をキープできるか、そして周りをいかにより下位に落とせるか、空気の読み合いや蹴落とし合いも展開されているのか・・・

こりゃ××も減らないわな。

 

友達が恋をしている男子から告白された・・・でも自分にはその気がないから断りたい、でも悪い断り方をしてしまうと友達と一緒のグループにはいられなくなるからそれも避けるうまい断り方が見つからない・・・

それに悩みまくった結果、人間関係の不安定要素が生まれ、同じ日を何度もループしてしまう、そんな思春期症候群を発症してしまった、というわけ。

この要素にはラプラスの悪魔と呼ばれる理論も絡んでいまして、この悪魔は宇宙空間のとある瞬間の全ての原子の情報を全て完全に把握しており、運動、エネルギー、速度の情報が解析できて数値としてわかれば、その後がどうなるかは計算により全て把握することができる・・・

ということは、ある時間軸において、ある人が同じ行動を取ればその後は同じ結果になるよ、未来は完全に予測できるんだよというまあそんな理論ですね。

 

ただ、3回繰り返したところでこのループは解決します。

解決と言っていいのかどうか、ものすごくラノベ、アニメらしい不本意なラッキースケベを伴う形でだけどな!!

主人公と古賀さんが教室で重なっているシーンを男子に見られたどころか、麻衣さんにも見られるとかなにこのこれまたラブコメもの特有のシーン!!

結果的に男子が離れる形で恋愛劇が終了したので告白を断る必要がなくなった=ループする理由がなくなったので日付的に明日は来たんですが、今度は咲太の悲しみ的に明日が来なくなってしまったとかいうおもしろい結果に。

咲太は不幸誘引体質か何かでしょうか・・・

 

あれ、古賀さんの方は解決したじゃん!!

と思っていたのもつかの間、人間関係を円滑に進めるための関門はややこしくなる形でさらにいくつも立ちはだかっていた・・・

 

・咲太と古賀さんの関係の誤解が解けてしまったらまた男子に告白される=同じ日が再びループされてしまう

・咲太は全校生徒の前で麻衣さんに公開告白をしている事実があるため、その可能性が高くなる

=タイムループを止めるには麻衣さんにあの光景が誤解された世界線において、咲太は麻衣さんと交際できなくなってしまう

 

どちらかの誤解を解こうとするとどちらかの誤解が解けなくなるがんじがらめなこの状況。

 

「つみです。でなおしてまいれ。」

 

おい妙なパズルをつなぎ合わせてくるんじゃないよ!

これ原作ならどんどん読み進めたくなりますね。

そして、結末から先に見たくなりますね。

 

咲太と古賀さんと周りの人間との関係、一体どういう形で決着を付けるのよ!!

 

全くどうでもいいですが、3年の教室で自分の席の上で体育座りをしてる長髪の生徒、絶対咲太から中が見えてるやろ・・・



スポンサーリンク

麻衣さんとのイチャイチャシーンを見ようか

麻衣さんとのイチャイチャシーンが多く描かれていましたのでちょっと寄り道がてら見ていくことにしますか。

まずは昼休みの食事のシーン。

教室に誰もいないのはおいといて(もしかするとこの学校では学食が大人気なのかもね)、家庭的な一面を見せる麻衣さん。

クソッ、本気でうまそうなお弁当を作ってきやがってからに!

これ、咲太にはツンツンしていますが、朝かなりノリノリで作っていたんだろうな~

 

で、一ヶ月間「好き」と言われ続けるこのイベント、最後に食が細くなって無言でうなづく描写がありましたが、口では何も感じない、ときめかないと言っていてもやっぱりときめいてるんじゃん!

なにこの素直じゃない子!!

 

で、麻衣さんはドラマ出演が決まったことを報告。

キスシーンもあるとかいう話なんですが・・・そのキスシーンがあるのはお前じゃなくて主演なのかよ!!

ファーストキスの話は・・・これは麻衣さんの創作か、もしくは本当に見えていないわずかな時間に麻衣さんがくちびるを奪ったか・・・

で、会話の主導権を握ったかと思えば咲太の反撃に合うとデレる、恥ずかしがる、素直な一面が出てくる・・・

2回めの6月27日のシーンは会話のショートカットまでしてるしな!

 

タグは決まりましたね、「ここに豚小屋を建てよう」

 

いまどきこんなJKなんて少数派だから手放してはいけないぞ!!

このシーンだけリピート再生しないといけないですね。



スポンサーリンク

復活のチャンスをくれる麻衣さん

なにこのヒロイン!

好きな男子が他の女子とくんずほぐれつしてるのを見て軽蔑、失望、見捨てたかのように見えて、なんとタイムリープが終わった次の日咲太の自宅に押しかけて「何で言い訳しに来ないのよ」ですよ!

 

しかも服装にかなり気合が入っているしな!!

それより何より、1日経っても自宅にこないから言い訳聞きたくて自分から自宅に押しかけてくるとか、咲太への本気さがよく分かりますね。

インターホンに映し出された麻衣さんが拗ねているのも好印象。

 

なんだかアマガミのスキBESTのラスト、クリスマスの日にホテルに泊まった森島はるかがお風呂に入っているときに覗きにこなかった主人公に対して「どうして覗きに来ないのよ」って言ってるシーンを彷彿とさせます。

 

咲太!チャンスだ!

思春期症候群を知っている、それどころか一ヶ月前まで発症していた麻衣さんに話せばきっと分かってくれるはずだ!

麻衣さんが芸能活動に復帰してた

で、その麻衣さんなんですが、前回、試験中に全校生徒に向かって咲太が行ったこっ恥ずかしい告白によりで透明人間になってしまう思春期症候群を克服し、宣言の通り芸能活動に復帰してました。

 

麻衣さんをパパラッチしてるマスコミに咲太が狙われそうなのはさておき、活動再開の初仕事はCMで、なんと伊藤園から実際に発売されているドリンクとタイアップしてます。

 

で、このCMと同じ構図の広告が実際にアキバの自販機にあることが判明してます。

 

あと、私は関東の人間なので大阪に行く機会がほとんどないんですが、実は大阪の日本橋(にっぽんばし)の自販機にも同じ広告が貼られているものがありまして、そこは「MX」のところが「ABCテレビ」に変わっているんだとか。

 

ちょっと撮影しに行ってきます。

※11/8に京都、大阪に行く予定があるため

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない記事一覧

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話

2018年秋アニメ記事一覧

大阪日本橋と秋葉原で桜島麻衣の自動販売機を見つけてきました!