【感想】終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第4話:なぜ羽田野さんを自宅に呼ぶの?



終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第4話「湯船の中、密着して、火照る体。」が放映、配信されましたので感想を書いていきます。

スポンサーリンク

第3話の光の向こう側

さあ、第3話の完全版では光の向こう側で何をしていたか・・・

 

いままでは寸前までの描写だったんですが、いよいよ今回、行為そのものまで行われることに。

羽田野さんといいますか原作者は服を着たままがお好きなのか、行為もやっぱり服を着たまま!

個人的にはここまできてるのにみのりがF-ZEROをやっているシーンがないのがちょっとだけ不満だったりしますが、そこは放送コードの問題か。

 

激しく揺れることになるわけなんですが、車のサスペンション、大丈夫なんですかね・・・



スポンサーリンク

みのりはなんで自宅に羽田野さんを呼ぶのか

それでは第4話の本編に移ります。

 

今回はみのりの自宅の湯船が現場。

まあ終電後やカプセルホテル要素はどこいったのって意見も多いですが、毎話カプセルホテルでこれやられても、それはそれでワンパターン、単調にならないか??

むしろ個人的には今回はどこの現場でやるのかに興味を持っていたり。

 

いやいや、なんでみのりは自宅に羽田野さんを呼ぶのよ!

まあ雨に濡れた(どうも3話から続いているらしい)この状況で職場から近い自宅に呼ぶのは、間違ってはいないんですが、車で行為をした関係の男だぞ?

そうでなくても女性が男性を自宅に呼んだ時点で「その気がある」と思いこんでしまうのが情けなくも男性なのに。

これは恋愛系のサイトでも「行為がしたいサイン」や「脈アリ」だと書かれています。

 

あれ、なんかお風呂でのシーン、新しいBGMが鳴ってるんですが・・・

水中ステージじゃないんだよ!!

確かに水中ステージっぽいんですけどさ!!

 

そんなみのりはお風呂でされた後、ソファーで隣に座る羽田野さんを見て「彼氏みたい」と思うようになりましたね。

なんだよ、やっぱりその気あるんじゃん!!

やはり一回行為をしただけで羽田野さんを彼氏だと思ってしまうような軽さでしたか・・・

ひざ枕許しているし、服でガードするどころか、これまた羽田野さんをそそらせるキャミワンピ着て油断しまくりだしさ!

どう見ても男性からみると、みのりからそちらに誘っているようにしか見えませんからね。

 

そっちの方では口と考えが合ってない女性、嫌いじゃないですよ!!

 

でも、あまりにうつつを抜かしすぎて、その後の仕事に影響を及んでるんだよなあ~

ビーズ50個を間違って5万個発注して納品されてきたって、そうはならんやろ・・・

この会社ではどういう発注のマニュアルになってるのかわかりませんが、納品までの間一切ノーチェックって。

経理かどこかのメガネ女、あなたが発注する前段階で確認するのではなかったのか??

 

疲れからか不幸にもビーズを5万個発注してしまう。

後輩をかばいすべての責任を負った羽田野に対し、言い渡された示談の条件とは・・・

 

あれ、3分30秒こんなに長かったか?

初めてですよ、3分のないようなのに体感10分に感じたのは。

クソアニメとは違う意味で中身はなにもないのに。

羽田野さんとみのり、どっちもビ●チなことが分かりましたし、それはそれでお似合いなんじゃないのかい?

うん。



スポンサーリンク

終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜記事一覧

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話

2018年秋アニメ記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。