【終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜】第5話感想:ラストシーンは転生?それともゾンビ?

終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜第5話「残業中、デスクの下で、秘密のキス」が放映、配信されましたので感想を書いていきます。

第4話の光の向こう側

第4話の光の向こう側では何をやっていたか?

まず狭いお風呂で羽田野さんは2つの凸をいじいじ。

みのりの気持ちが高揚してきたところで、今度は・・・手!

最終的には手だけでリトルバスターズエクスタシーを購入してしまったようです。

それにしても羽田野さん、狭いところが好きですよね。

あの密室空間がみのりの気持ちを高ぶらせるのにちょうどいいのかもしれないですね。

スポンサーリンク

羽田野さんにこれは惚れるだろ~

今回は会社の中で行っているのはさておき、行事が始まるまではいい上司だったんですよね羽田野さん。

部下が新しい仕事だらけで不安、プレッシャーに押しつぶされようとしていることをいち早く察知できる、そして部下のみのりも上司に正直な気持ちを打ち明けられる、普段は羽田野さんは叱ってばかりだけれどもその中でも仕事がうまく進むように見えないチャンスパスを多数出してきてくれる、こんな仕事をすればあなたはうまくいくと見極められる、部下をほめ、いいところを引き出せるいい上司じゃありませんか。

そんな上司だからみのりも服のデザインに関しては本気でご納得いただけるものが仕上げられる・・・

前回辺りから耳責めが増えてきたのは耳に関してはそういった”規制”が今のところはないからですね。

耳元で言葉責めはないのかな羽田野さん。

ラストこれ佐賀送り?それともスライム?

ラスト、みのりが手に持っていたものが宙を舞っていたということは・・・これはあれですよね、第5話にして早くも佐賀送りですかね・・・

フランシュシュの8人目のメンバーは別作品からの参戦ですか?

※ゾンビランドサガ第1話参照

それとも、目を覚ましたらどこかの洞窟にいて、自分は青いプリン体の生物にでも変わっている・・・

※転生したらスライムだった件第1話参照

まあ冗談はこれくらいにして、この作品の場合みのりが死ぬなんてのは作品そのものが終了してしまうので考えられないですから、おそらく助かった、もしくは男のほうが身代わりになった、とかそんなオチになるんでしょう。

不幸中の幸いといってもいいのか、羽田野さんの誘惑の甲斐もあってか、発注者にご納得いただけるデザインの衣装をご提供できた、仕事の結果をしっかりと出していたことですけどね。

そろそろ羽田野さん以外の男性とも・・・?

いよいよフラグが立ちましたか?

終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜記事一覧

終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。の感想、考察記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ

2018年秋アニメ記事一覧

2018年秋アニメの感想、考察記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ

スポンサーリンク

私がおすすめする記事(広告あり)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする