【終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。】第11話感想:みのり決断の時が突如迫る・・・

終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。第11話「本番直前、舞台裏で、秘密のご褒美。」が放映、配信されましたので感想を書いていきます。

前回はクーラー故障で熱いオフィスで羽田野さんが「じょうしおち!」してそこから情事に発展していったわけですが、情事のあと羽田野さんは重要なことをいいました、全裸で。

「このプロジェクトが終わったら、言いたいことがある」

ここで第10話は終わったんですが、さあ今回はそこからどう展開するのか!?

本番当日、なんとか慧くんの衣装完成!

慧くんのファッションイベントの本番当日、どうにかこうにか衣装が完成しました!

一度はいくつかの案のうちの1つがクライアントから却下された(のが本当かは分かりませんが)ピンチを迎えましたが、なんとかこのピンチも乗り切りました!

このプロジェクトでみのりちゃんは何回徹夜したでしょうかね。

もはやホルモンバランスが崩れてお肌がボロボロになっていそうです。

羽田野さんから褒められて素直に喜ぶまではいいんですが、なんで羽田野さんの「ご褒美」を聞いた途端、赤面するんだよ・・・

何かを欲しがっているかのような想像をしてるんだよみのり!

完全に行為のことを妄想してますよね。

ここまではまあ許せるとして、みのりにあおられた羽田野さん、なんで衣装控室の中でおっぱじめるんだよ!

密室で隣にいるのが女性で、赤面されたらこちらも意識してしまうのは分かるんですよ、大いに分かるんですよ!

ここから我慢できなくなるって、本当に獣ですよね。

まあ僧侶枠ではこんなシチュエーションなんてもはや見慣れた光景ではありますからもはやツッコミ入れるだけムダです。

ちなみに行為中、みのりちゃんでけえ声出しすぎだよ!!

完全に廊下に筒抜けですから!

スポンサーリンク

ラストシーンは慧くんからの一言!

さあ、きましたよラストシーン!!

11話できちゃいましたよラストシーンが!!

何がきたかって、慧くんからの告白ですよ!

しかも、後ろに羽田野さんもいる楽屋とかいうこの状況で!!

羽田野さんが大事なことをいうよりも前に慧くんが先制?の会心のアッパーを食らわせてきました!

やっぱりありましたよ他の男からの告白が!!

そりゃ告白がないとメインで登場した意味がないですからね。

今までの彼の態度から見て、慧くんがみのりちゃんに告白しないわけないでしょう。

焦るのは羽田野さんですよね、いきなり慧くんが告白してきたのを

いやいや、レディコミではこんな展開だらけでら男性の皆さんぜひ一度レディコミを見てくださいな!

そして、みのりちゃんには究極のせたんくの時が突如として訪れました。

 性欲マシーンにもなってる羽田野さんか、見た目は純粋でウブなんだけど交際してみると意外と獣っぽさそうな慧くんか・・・

どうせなら秘密の三角関係か(ティーンズラブものでさすがに三角関係はないか)、意外と進んでるティーンズは三角関係に憧れを持っていて、実際にそれをやっちゃう人間すらいますからね。

ここでみのりちゃんが慧くん選んだら羽田野さん、「てめえ、俺の×コチンで満足できねえのかよこのビ○チが!」とかでかい声で叫んで発狂しそう・・・

羽田野さん、そこオフィスor繁華街ですから!!


さすがにセ○レなんて関係はマンガやアニメではありえませんね。

でもふと考えるんですよね、リアルな社会人の恋愛に本当に告白は必要なんだろうか・・・と。

告白は言っちゃ悪いですが男女の想いの単なる確認作業ですから、何も知らない女性に対して特攻して散っていくなんてバカバカしいことはできません。

「好きだ、付き合ってくれ」「はい」からはじまる交際は学生恋愛だけ。

社会人になると今度は交際だけでなく籍を入れることも視野に入りますからね。

まあここを厳しく突っ込んでしまうと今度はティーンズの方から怒られてしまいますのでコレ以上書くのは野暮ですね。

終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜記事一覧


終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。の感想、考察記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ

2018年秋アニメ記事一覧

スポンサーリンク

私がおすすめする記事(広告あり)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする