【デート・ア・ライブIII】第3話感想:七罪の正体はお前だった!

デート・ア・ライブ第3話「七罪はおまえだ」が放映されました。

七罪からの挑戦状、士道の身近な登場人物12人うち誰に変装しているのか当てるゲームに参加させられた士道。

まずは4人とデートをしてなにか少しでも変わったことはないか、会話からお互いの記憶の食い違いが発生していないか様子を探りました。

やはり怪しそうなのはアイツなのがわかりましたね。

それでは第3話、見ていくよ!

2日めのデートは軒並み主要シーンだけなので、この日デートした人物はとくに怪しくない

これはほんっとうにメタなんですが、2日めのデートはのきなみ主要シーンだけしか描かれていませんでした。

尺的に1日で8人とデートして誰が七罪の変装かを解くまでを30分に収めようとする場合、デートシーンを削りまくらないといけないですからね。

これは何を意味しているのかと言うと、この日デートした人物は全員本物ということです。

あと、前回、登場シーンがばっさりカットされた男もこれまた本物です。

偽物がいるなら本物との違いを出すために、あえてそいつの登場している時間を長くして視聴者にこいつが怪しいのではないかと思わせるためにじっくりそのシーンを丁寧に描写していきますからね。

登場シーンが0なのにそいつが偽者ってことはまずありえません。

演出として、必ず視聴者には本物と偽物の違いを強調させてきます。

これはコナンや金田一、その他多数のミステリーものを今まで見たことがある方ならばお分かりになるはず。

ただ、すんなりとさとられないように前後に登場した人物もわりと時間を長くさせるんですけどね。

なので七罪は誰に変身しているのか、それは1日めにデートした女の子3人のうちの誰かになります。

・・・先生もその12人のうちの一人に入ってるんですが、なんで婚姻届を持ってるんだよ・・・

これも第1期、第2期を見ないとわかりませんね。

※1期2話「再接近遭遇」で士道が精霊をデレさせるための訓練として先生にプロポーズしたのを真に受けている模様、先生も一人の女性として結婚を考えるお年ですから・・・

2日めからは七罪からこの挑戦に対するの解答が求められます。士道は「よしの」と答えるんですが、よしのは偽物ではありませんでした。

いいないいな、私も女性と恋愛映画を見たかったよ・・・

映画中に指をからめられて、はだけた胸を触って欲しいって言われたかったよ・・・

確かに私も女性と映画デートをしたことはあるんですが、その時見たのはA.I.(2001年公開)!

SFもので恋愛ものではありませんでした。

しかし書けるのがこれだけって、私にも大した恋愛経験がないのが丸わかりですね。

このときのもう一つの候補が猿の惑星って、今にして思えば、絶対こっちは捨ての選択肢でしたね。

スポンサーリンク

七罪は誰に変身していたか、明らかに!

さあ後半、七罪が誰に変身していたかついに明らかになりました。

しかも当てたならば今まで消した人間を戻す絶好のチャンスタイムのときに!!

それは・・・やはりよしののパペット、よしのんでした!

よしのは1日めにデートをした人物。

ということはあのときのさりげない会話でもよしの本人の記憶に士道との齟齬はなく、よしのんとの記憶に齟齬があったんですね。

決め手になったシーンがある1期目の5話「凍てつく大地」を見ると・・・

よしのがよしのんを探してる→雨&よしのがおなかがすいたので士道の家で親子丼を食べる(実際はたまご割ってるシーンと食べた後の食器しか映っていなかったが)→十香がよしのと士道のイチャコラシーンを目撃→よしの消える→士道によしのんのありかが折紙の家だと伝えられる→士道は折紙の家に行きよしのんを見つける

という流れでした。

また、よしのんは折紙の家に行った時意識がなくぐったりしており、1期4話や前回のようなお調子者な会話がなされることはありませんでした。

どうやらよしのんはよしのの手にはまっているとき以外は意識がないようです。

なので、よしのが折紙の家に行ってないうえ、よしのんも折紙の家にいる記憶があるわけがないのが正解です。

※こんなときのために過去のデート・ア・ライブが無料で配信されているdアニメストアと契約をしていてよかった!

七罪はよしのんを完璧に演じようとして細かなボロが出てしまったといったところですね。

やはり前回「でも・・・」と言ったよしのの言葉を遮るように「いいからほら」と言ったのは、そのボロがよしのにより明るみに出るのを防ぎたかったからといえますね。

おそらく、「私は折紙の家に行ってないから知らない」みたいなことを言いたかったのでは?

※このときよしのは街中凍らせてました

やっぱり七罪は安全圏にいましたよ!

絶対に当てられないだろう、このゲームに勝てるだろう人物に化けていましたからね。

今期からみはじめた方にとっては、まさかパペットに化けていたとは予想外だった人もいるのでは?

どおりでずっと余裕綽々だと思っていたら、士道たちに12人の誰かに変装していると前提条件を与えた、だからみんな 絶対に七罪は12人のうちの誰かに変装していると思っている、そのルールの穴をついてきていたからだったのか・・・

前提となるルールが与えられてた以上、そのルールの外側まで目が届く人はなかなかいませんからね。

しかし七罪、今回見るも無様でしたね・・・

まさか二度も本来の姿を見られてしまうんですから。

しかも正解を当てられたあと、なぜか彼女、個室の片隅にさりげなくいましたからね。

なんで個室の片隅にうずくまってるんだよあなた・・・

そういうスキがあるのがいけないのではなかろうか。

それにしても士道、今までのデートで精霊たちとフラグ立てまくっていたのこれどうまとめる気なんだ・・・

デート・ア・ライブIII記事一覧

デート・ア・ライブIIIの感想、考察記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ

2019年冬アニメ記事一覧

2019年冬アニメの感想、考察記事一覧はこのリンクをクリック

created by Rinker
¥11,664 (2019/02/16 08:57:21時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

私がおすすめする記事(広告あり)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする