【デート・ア・ライブIII】第7話感想:最後の最後に狂三きたああ!!

スポンサーリンク

デート・ア・ライブIII第7話「もたらされた力」が放映、配信されました!

前回から折紙編が開始。

ナレーションが添い寝添い寝とかいうきわめて高レベルなのが印象的でしたね。

5年前に両親を目の前でコロされた折紙は精霊を憎んでいて、今まで共存していたのから一転し、精霊狩りをするためにDEM社に移籍しその時を迎えることになりました。

一方で、士道は折紙によりマンションの一室で縄で縛られ拉致監禁といいますか大事な人なので保護されたといいますか。

さあ、ここからどうなるよ!

 

スポンサーリンク

第7話あらすじ

《フラクシナス》と対峙する世界最強の魔術師ウィザード、エレン・メイザースの専用艦《ゲーティア》。
その機動性、随意領域テリトリー
制御技術は琴里の予想を更に上回るものだった——

一方、不断の覚悟を以て、十香たちとの決戦に臨む折紙。
彼女の決死の猛攻は、折紙を敵とみなせない精霊たちにも非情な決断を迫ることに——
折紙の手により監禁され、隔離された五河士道は未だ動くことができずにいた……

デート・ア・ライブIIIアニメ公式サイトより~

七罪のいや~な過去

あれ?折紙が士道のところに戻ってきた!

かとおもったら、この折紙、士道が紐で縛られている画を見て高笑いしている!

折紙はこんな、高笑いをする子ではないと思ったら、なんと、やっぱりその女の正体は七罪だった!

MXでこの作品をご覧の方ならお分かりの通り、開幕の提供バックが折紙こと七罪の高笑いでおもしろいことになっています。

七罪は縛られていたひもを消すことに成功したんですが(いまどき一休さんのパロディなんて分かる視聴者いるのかなあ・・・)、なぜか、嫌な気分になることを考えると力が多少取り戻せるとかいういいのかわるいのかよくわからないことに。

そうだった、七罪、正体見られただけで変装ゲームしたり、他の精霊もロリ化させたりするような超繊細な子だから・・・

学校の昼休みに友だちがいないからトイレ飯、しかも鍵かけ忘れていたから不幸にも入ってきた同じクラスの子と鉢合わせし、教室に戻ってきたらみんなが自分のこと見てクスクス笑っていた・・・

うっ、この話を聞いて頭が痛くなってきた方いるんでないかい?

私はありがたいことに、幸いにもトイレ飯の経験はありませんが。

そして七罪、こちらの世界に来る前に精霊たちが通っているであろう学校に通っていたのか。

精霊たちも小学校~中学校に通っていた、そんな設定があったなんて・・・

じゃないと高校に編入して、最低限ついていける学力が存在しませんね。

十香&精霊たちVS折紙

それでは本物の折紙はというと・・・精霊たちを討伐しようとしていた!

すでにゆづる、かぐや、みくの3人が深刻なダメージを受けています。

のこるは十香だけといったこの状況。

でも十香の攻撃によりジワリジワリとジリ貧に陥ってしまう折紙。

ちょちょっと待って折紙さん、なんぼ十香にやられたとはいえ、精霊を倒したいその憎しみにより安易に霊結晶の強い力を求めると、その後その力に自分自身の体がついていけず、身を滅ぼす結末になってしまうんですが。

他の作品における悪役であればおおかたそういう結末になるんですが、この作品は違うとでもいうのか?

そして折紙、まさか本当に、本当に・・・

精霊になってしまったというんですか!?

精霊を倒すために精霊になった!

なんだかいろいろ矛盾感がしていなくもないですが、これが折紙が選んだ道と言うのなら私は止めはしません。

というよりも、私が止める立場ではありません。

折紙「十香を倒し、そして私も消えよう。」

なんだかFF5のラスボス、ネオエクスデスの口上みたいでかっこいいですね。

折紙と十香はどちらかが戦闘不能になるまで終わらぬ決戦を繰り広げてるんですが、そこに来たのが士道たち!

折紙は退却したんですが、そうか、彼に精霊になった姿を見られてしまったからなのか・・・

そしてラスト、折紙が出会ったのは・・・これがあの新キャラにして今期のメインキャラとなる狂三なのか!

私一番のタイプなんですが!

この子が噂に聞く、最凶にして俺の狂三こと「時崎狂三」なんですね。

狂三と手を組んだ折紙、折紙編が早くも物語の山を迎えることになりそうです。

これは見逃せないですね。

自衛隊何やってんの?

ところで、私ふと思うんですよ。

折紙は自衛隊のAST(対精霊部隊)からわりと独断でDEM社に移籍してきましたよね。

DEM社は折紙には雇い主が変わるだけと言ってますが、これ、実際のところ、自衛隊側も黙ってないんじゃないんですかね・・・?

作中で彼らは一瞬しか出てこず、しかも一連のできごとを感知してもやたら穏便に事が進んでいるのがむしろ不穏でならないんですが。

一応は通達があった、多分一方的なものなんでしょうがあるにはあったみたいなので、わりと穏便に進めているんでしょう。

いよいよ狂三が登場ということでテンションが上がってきましたね。

来週からが楽しみだ!

デート・ア・ライブIII記事一覧

デート・ア・ライブIIIの感想、考察記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ

2019年冬アニメ記事一覧

2019年冬アニメの感想、考察記事一覧はこのリンクをクリック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。