【デート・ア・ライブIII】第8話感想:折紙の両親を殺したのは未来の自分!これは絶望だわ・・・

スポンサーリンク

デート・ア・ライブIII第8話「闇ふる夜の魔王」が放映、配信されました!

前回は自分の両親を殺めた精霊への復讐から精霊となった折紙は十香たちと総力戦になるんですが、動けるようになった士道に見られてしまったことで戦いを中断してどこかへ身を潜めざるを得なくなってしまいました。

まさか、憎しみの存在に自身も変わってしまうとかこれは私もビックリでした。

その夜、折紙は狂三のもとへ向かったところで終わりましたね。

さあこの先どうなるのよ!

 

スポンサーリンク

第8話あらすじ

己に絶望し、力を欲した末に……鳶一折紙は精霊へとその身を変じる——
自らの仇敵であり、嫌悪と憎悪の対象。
だが、そんな存在となることも今の折紙には些末な事象であった。

士道が現れたのを機に戦線から離脱した折紙。
彼女が向かった先は《ナイトメア》時崎狂三の拠点。
剣呑な空気が二人の間に蔓延する中、折紙の口から出た一言は……
「貴方の力を貸して欲しい」——

デート・ア・ライブIIIアニメ公式サイトより~

急にシリアスな話になってオジサンびっくり!

今回から急にシリアスな話になってオジサンびっくりだよ!

ギャグ風味も少し入ったいままでのエピソードから一転してギャグが完全に取っ払われた大真面目な話へと突入していきます。

前回のラストで狂三のもとへ向かった折紙。

狂三の協力により5年前の8月3日、つまりは両親が命を落とした日にワープした折紙ですが、ここで衝撃的な事実を知ってしまうことになります。

なんとこの日、折紙の両親を殺めたのは、未来の自分自身だったというのです!

正確に言うとなんだ、なんだかよく分からない生命体(ファントム)が街を燃やしていた、そいつが両親を殺めた本人だと思った折紙はそいつを叩きのめそうとしたが、なんだかよくわからない生命体のために攻撃が一切当たらない!

最終的にメタトロンを使いこなして一撃当てるも、ファントムは直後にどこかに消えてしまったため過去の折紙が天使と認識したそいつこそが未来の折紙だったというわけでした。

今までの折紙の攻撃が回り回って両親を殺めていたことになります。

そういうオチか・・・なんとなく読めてた人もいるのでは?

こりゃ折紙の願いだった、過去を変えて両親の死をなかったことにするどころの話しじゃないよ・・・

まさか両親を殺めたのが未来の自分だなんて衝撃的な事実を知ってしまった日にゃ、絶望して反転して目からハイライトも消え失せるよな・・・

あまりにも絶望的な展開すぎて、天宮市を破壊するまでに至っていますが、折紙はこれどうやって現代に戻ってきたんだ。

士道も折紙にキスをして精霊を封印しようとしたが、目がイッてたからやめた、さらに、その途端に落下してノーダメージだったとかなんちゅう展開なんだ、あまりにも歪んだブス顔を見てしまい気持ち悪くなってしまったのか士道!

そして狂三は士道も・・・5年前の8月3日に飛ばした!

それは、折紙を助けるために!

しかも、ファントムにより天宮市が燃える、その以前の時間帯へ!

今の折紙を助ける手段はたった1つ、両親の死をなかったことにすることしかないわけですが、これ、もし歴史改変が可能だった場合、どこから歴史を改変させる気なんだ・・・?

どこを変えたら両親の死がなくなるんだろうこれ?

両親の死の原因が未来の折紙自身の攻撃というんなら、いっそのこと攻撃をしない!ですむんでしょうが、そうすると今度は死の原因が折紙からファントムになるだけで、その後の展開は変わらないどころかそれこそさらに憎しみが加速する、絶望的なことになるからね・・・

ここをどう合わせていくかですね。

さらに、なぜに狂三はここまで協力的なのかですよ。

本編では折紙のタイムワープを「実験」と称していたことから、誰かに本番を行う計画なんでしょうが、それは誰だ、実は自分自身という線もあるのか?

原作未読なのでそのへんは一切わからないんですが、それにしても突如として話が壮大になってきましたね。

ここにきてタイムワープまで挿入されてくるとは!

結末が読めるようで読めないな・・・

どうやったらこれ両親は助かるんだ、こうなったら死の現場より何らかの手段でもって逃げてもらって、安全な場所へ避難させるより他ないんだが。

確か街が炎に包まれていた段階ではまだ生きていたはずですからね。

それともファントムが街を燃やす前に、5年前にワープしてきた士道がなんとかするのか?

展開としてはこちらのほうが現実的そうですが・・・

さあ、来週が楽しみだよ!

デート・ア・ライブIII記事一覧

デート・ア・ライブIIIの感想、考察記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ

2019年冬アニメ記事一覧

2019年冬アニメの感想、考察記事一覧はこのリンクをクリック

created by Rinker
¥14,448 (2019/04/26 07:53:02時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥14,448 (2019/04/26 13:27:59時点 Amazon調べ-詳細)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。