【ドメスティックな彼女】第6話感想:小原好美さんの演じ分けに注目

スポンサーリンク

ドメスティックな彼女第6話「今ここでキスしてみなさい」が放映、配信されました!

前回は新キャラの柏原ももが登場しました。

彼女は初対面でカバンに自作のぬいぐるみをガチャガチャ取り付けていることが判明したどことなくワケアリな人物。

そのワケアリは見事に的中し、周りからは経験人数30人、6P経験ありのヤリ●ンと噂されているんですが、彼女としては全て好きになった人物だからとのこと。

でもその裏では両親の不仲と多忙からくる寂しさを埋め合わせるためにリストカットをしていた時期もあったりと多少のメンのヘラも入っております。

片思いした夏生を家に連れ込み、行為開始直前でそのリスカ痕を見られたものの、引かずに料理を作ってくれたことがきっかけで片思いをいっそう強めたよって話でしたね。

それでは第6話、見ていくよ!

 

スポンサーリンク

第6話あらすじ

瑠衣の部活見学に同行する夏生。文芸部室で見つけた本を無断で借りてしまう。翌日、こっそり本を返そうとするも、文芸部室で顧問の桐谷と部長・葦原美雨に、勝手に本を持ち出したことがバレてしまい・・・。
「今、何してたんスか……?」

ドメスティックな彼女アニメ公式サイトより~

新キャラの葦原美雨が登場と小原好美さんの演じ分けに注目

先週の柏原ももに引き続き今週も新キャラの葦原美雨とあとは桐谷教諭が登場しました!

葦原さんは文芸部に所属していて、顧問の桐谷教諭に片思いをしている、設定自体はクソベタだったりします。

新キャラの葦原さん役の小原好美さん、かぐや様の藤原さんとこちらの葦原さんの演じ分けがしっかりできるのな。

ここは注目しておきたいポイントですね。

あちらで数週間前にあのEDを歌い、NGワードゲームで「ドーンだYO!」って演技してた声優ですよ?

性格も超簡単に言うと藤原さんは活発な子、葦原さんはおとなしい子ですから正反対なのに。

若手ながらこの方も原作が台本のプレスコで収録していた「あそびあそばせ」経験してるから、どんどん演技力がついてきていますね・・・

1年足らずに2度、生徒役でNGワードゲームを演じる声優が爆誕しました。

あの作品はやっぱり強力だったよ、木野日菜さんの声も聞く機会増えてるし、ただ叫んでるだけじゃなかったよ!

みんな大好きキムタクは誰をどう演じてもキムタクだし、竹達は誰に声をあてても竹達なのに。

これで週末の深夜は金曜土曜と小原好美さんラッシュですね。

内容?あの桐谷教諭、なんで部室でこっそり生徒とキスしてるんだよ、お前最悪懲戒解雇ありえるのに・・・

相手を見て、親が強いか弱いかをキスをするかしないか判断していないか?

多分、恋愛小説を書くならキスの1つや2つできないといけないでしょう、今ここで私とキスをしなさいとか言って、あそこでキスをしていたんでしょうね。

で、葦原さんはおとなしい子なのでそれに従わざるをえなかったとか・・・?

この人、恋愛にも疎そうですから。

あと、絶対に親がうるさそうな人物なんて子の顔見てりゃだいたい分かるしな。

子の顔や髪型、髪の色、あとは喋り方と言うか言葉遣いを見ればだいたい親がどういう人となりか、経済状況なのかなんて分かるんですよ。

この高校はわりと中から上位にランク付けされているところでしょうからみんな勉強熱心なんですが、底辺校なんてそれはもう酷い酷い。

どう考えても親も自分の人生、まったく勉強してきませんでした!微分積分ってなんですか?ってのが丸わかりですからね。

学校の勉強なんて役に立たないとは言いますが、幼い頃から自分で考えたり分析したり判断したり、あとは自分の人生でやりたいことの選択肢を多くしたりする力をつけるのに必要です。

というか社会人になったら学校の勉強は違う形で利用されていることがわかるんですが、それすらわからないでしょう。

これができずに育ってきたから善悪が判断できず、バカッターやバカスタグラムが量産されてしまうのです。

まあこの話は深入りすると長くなってしまいますのでここまでにして、私は夏生が文芸部に入部したことよりも、柏原ももの地頭のよさと、葦原さんの字の下手さにビックリですね。

夏生の文芸部はもはや必然的、むしろ部活に入っていなかったことの方に驚きですが彼女の場合、勉強も、彼氏もどちらも寂しさから逃れるためにしているわけですが、成績の浮き沈みが激しく、その理由が彼氏の有無というのなら、やはり彼氏への依存のほうが強いと言ったほうがいいでしょうか。

ただ、ももが好きになる男、夏生以外はダメンズばっかりなんですけどね。

教養あるんだから、男を選ぶ目はちゃんとつけておいたほうがいいぞ・・・

片思いしている夏生と瑠衣が入るんなら私も文芸部に入るって、理由が中学生の私レベルだな・・・

葦原さん、夏生が筆談していたときの字が意外と小学生っぽくてそちらもそちらで驚きました。

字もちっこいし、そりゃ性格もおとなしいわ・・・

瑠衣は・・・どこをどうしたら夏生が姉の陽菜を含め、他の女の子としゃべったり関係を深めていくところにもやもやを抱くようになるのか、原作を読んでても私にはわからん・・・

裸どころか、前回で座薬入れるときに*まで見られたことで男として意識するようになってしまったとか、そんな下な理由ではないですよね!?

そして夏生くん、陽菜とのデートのチャンスが舞い降りてきました!

これ、もしかすると、もしかするかもよ・・・?

ドメスティックな彼女記事一覧

ドメスティックな彼女の感想、考察記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ

2019年冬アニメ記事一覧

2019年冬アニメの感想、考察記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。