【ドメスティックな彼女】第11話感想:修学旅行で結ばれたシーンも描いてきたか、どこで最終話迎えるんだ

スポンサーリンク

ドメスティックな彼女第11話「ホントにいいの?」が放映、配信されました!

前回は学園もののアニメでは1話以上かけてじっくり描かれる文化祭がダイジェストとかいう構成(実際は文化祭で修羅場が展開されたんですが、アニメの構成的に全てカットされた)にはじまり、あまりに夏生が頻繁に友達の家に行くもんだから怪しんだ瑠衣が調べた結果見てしまった、友達の家というのは真っ赤なウソで実は陽菜の家に行っていて、しかも陽菜と夏生が部屋でねっとりとチッスをしているところを!

という話でした。

雨がふるなか弁解する夏生に対し、瑠衣はどう出るのか?

気になるので早速見ます!

 

スポンサーリンク

第11話あらすじ

夏生の陽菜への気持ちを知り、「嫌いになる」宣言をする瑠衣。修学旅行の準備に沸く中、新人賞を文芸部員が受賞したとの知らせが届いた。祝福ムードの中、夏生はある決意を胸に桐谷のもとを訪ねる・・・。
「もう…怒ってない?」

ドメスティックな彼女アニメ公式サイトより~

人を嫌いになるのはむずかしい

いきなり言ってしまいますが瑠衣、人を好きになるより嫌いになる方が大変ですよ。

今回は陽菜に対する夏生の気持ちを知ってしまったことから瑠衣は夏生を嫌いになると決意をしたわけですが、これ嫌いになるまでの難易度は一番高いはず。

赤の他人同士ならともかく、家に帰れば夏生がいるわけですから、嫌でも会話をしないといけませんしね。

難易度はどうであれ、その人に対するネガティブな感情を能動的に生み出さないといけないことほど苦痛なことはありませんよ。

ましてやついさっきまで恋愛感情があった人をなにもないのに嫌いになることほど疲れることはありませんね。

むしろ嫌いになろうとしてずっとその人のことを考えてしまう分・・・になりかねないことを付け加えておきます。

夏生と陽菜はまーた逢引してるよ。

ことあるごとに密会してるな、今度は空き教室かい?

しかも陽菜から誘ってるんでしょ?

さすがに陽菜は瑠衣の気持ちをしっていて、さらに夏生を嫌いになる努力をしてることがわかったので迷っていますが、でも結局手を握り返しているのね。

いまのところは理性よりも本性のほうが勝っている感じですか。

この一件以来文芸部もギスギスした雰囲気があるんですが、今回応募した小説、佳作を受賞したのは瑠衣でしたか。

瑠衣はこの作品で一番のまともな子ですから、執筆した小説も一番しっかりしてるはず。

夏生だけでなく陽菜も中学校あたりの恋愛から抜けきれていないんだもの。

小説のスキル、ブログのスキル、ライターのスキル…

文章を書くのは好きだけど、実際にそれで稼いでいけるかは別問題。

私もアニメ感想1年書いてますけど、やはり向いてないなあと思いますもの。

とくに考察が足りなさすぎて。

これは私が他人に興味がないのが一因でもあるんですけどね。

才能のなさは先日3/12のGoogleの検索エンジンアルゴリズムのアップデートで検索順位が下がり、PVが半減してることでもあらわれてます。

検索エンジンのアルゴリズムは年に数回、よりユーザーライクになるように、ユーザーが求めている情報にたどり着けるようにアップデートされていることも覚えておいていただければ幸いです。

むしろ半減で止まっているだけマシか。

下がった検索順位も上がってきていますし。

トップアフィリエーターでも検索順位がはるかかなたまで飛んだ話を目にしましたので、検索エンジンは水物なのです。

他のアニメ感想記事執筆者はブログPVどうなってるんだろ。

ものすごく気になるところでもあります。

この結果を受け、夏生は桐谷先生に弟子入りしました。

おそらくとことんダメ出しされるでしょう。

それは小説のことだけでなく人生観から全てです。

修学旅行で一波乱・・・なかった!

いいな、高校生が私服で修学旅行なんて羨ましいですよ。

そんなことはさておき、この作品において修学旅行では事件が1つ2つ発生します。

まずは、いよいよアルが酒に酔った!

酒に酔ったアルは危険だぞ、その後は・・・と思ったら、そのシーンはなんとなんとのすべてカットされているではありませんか。

原作ではここでなにがあったかというと…まずは修学旅行前、夏生を嫌いになろうとしてる瑠衣はアルとキスをしようとして思いとどまった、これでアルは本能に火がついたんでしょうね、アニメでも描写された酒に酔った勢いで瑠衣にアタック、さらにはアルから強引にキスをして、挙げ句の果てに自分の部屋のベッドで強姦未遂をしてしまったんですよ。

夏生は修学旅行中の瑠衣の様子がおかしいことに気づき電話しても出ないから心配になってアルの部屋にかけつけたらそのシーンだったから夏生はアルを蹴飛ばして殴り合いをして咎めたという結構重要なシーンだったんですが、それまるまるカットされてしまいましたか。

このシーンあってこその瑠衣が夏生を嫌いになる決意だったのに。

(瑠衣は夏生を嫌いになってるところだからアルとキスをしてもいいよね、と一瞬考えたけど、やっぱりなんとも思ってない人とキスなんてできないと思いとどまった、アルに強姦されそうになったときに夏生が助けに来てくれたからやっぱり嫌いになんてなれないと思ったんだっけか)

これじゃ瑠衣の発言が単なる口だけになってしまいますよ!

あと、アルが単なるギャグキャラになってしまいました・・・

ということは、アルが夏生と瑠衣が行為済みの異母兄弟ってことも知らないってことになるんですよね。

※この事件でアルは夏生と瑠衣の関係を知ることとなる

ももは存在感がなんと0になってしまい、こちらもこちらでお色気キャラになってしまったのが非常に残念。

でも夏生と陽菜のシーンはじっくり

うってかわって、夏生と陽菜が初めて夜のホテルで結ばれたシーンは描かれていましたね。

陽菜は沖縄の友人に夏生のことを「そこまで本気にしないようにしている」とこっそり漏らすのを夏生は聞いてしまった、だから陽菜を一生幸せにする覚悟を決めている夏生は指輪を購入して夜のホテルでプロポーズをした、その流れからのアレになるんですが、修学旅行で先生と生徒が結ばれるとかいう、今の世なら間違いなくニュースになる案件をいとも簡単にやってのけてしまうとは。

で、陽菜がそこまで本気にしないようにしていると考えるようになったのは、修学旅行前に夏生と自分がキスしているところを瑠衣に見られ、駆け出したあのシーンで瑠衣が深く傷ついてしまったと思ったから。

瑠衣の気持ちにうっすらと気づいていたんですね陽菜は。

でもあなた空き教室に夏生を誘ってきてたじゃないさっき。

手を握られたら握り返してきたじゃない!

でもあっさりと夏生から指輪をはめてもらったら陽菜は手のひらクルーしてそのまま脱がされてるんですけどね!

どうやらこの2人は下半身で動く単なるケモノだったようです。

陽菜の「別れたほうがいいと思うの」は安い発言でした。

そして夏生。

あなたは行為中がっつきすぎです。

陽菜が欲しかったのは分かるんですが、これもうどうしようもないですね。

DQNが子だくさんになるのはおさるさんだからなんですが、教師にもおさるさんがいたようです。

そこにしびれないし憧れない!

なんと沖縄でもって夏生は複数の意味で陽菜と瑠衣を姉妹にしてしまいました。

これもう感情移入できるできない以前の話だよ・・・

夏生もそうだけれども、陽菜も奥さんいる人と不倫したり、生徒からのプロポーズにあっさり考えを変えたりと幼稚なんだもの。

そりゃ夏生は応募した小説が佳作すら取れないよね。

おそらく話の展開に高校生らしさが微塵もなかったと審査した方は判断されたんでしょう。

その判断、非常に正しいです。

ところで、陽菜は柊と夏生のどちらがよかったんだろう。

本音を聞いてみたいですね。

しかし最後、校長から陽菜に夏生と夜のホテルで逢引していた証拠が突きつけられてしまいました。

陽菜と夏生のリスク管理がどヘタ(今回は花火見たい理由で部屋のカーテンを開けっ放しにしてましたが、行為中くらいは閉めろよ)なことは1話からなんどもなんども描かれてきましたが、ついにそれが最悪の形で展開されてしまうことになります。

そりゃそうだ、おさるさんのように結ばれてるんだもの、そりゃ誰かは目撃しちゃいますよ。

ネタバレしちゃいますが陽菜はなんとなんと島の学校に左遷されてしまうのが次回予告の漁村の背景から分かります。

ちなみにこれもネタバレですが、写真を撮ったのは旅行に同行したカメラマンです。

島に系列校でもあるのか・・・と思いつつ懲戒免職にならなかっただけ救われていますが、これにて陽菜と夏生は自然消滅という形での破局となります。

思い出してみたら、今回は原作とは話の前後関係も逆になっていましたね。

おそらく夏生と陽菜が結ばれるのをヤマ場にして、さらにはそれがばれて大変なことになってしまうのを結末に持って行きたかったために瑠衣の佳作受賞~夏生の弟子入りをうしろまえにしたんでしょうね。

ただしうしろまえになったことで、陽菜と結ばれた夏生が、瑠衣の佳作受賞の結果を受けて修学旅行後に彼女に見合う人物になろうとする、つまりは小説家の道を切り開くために桐谷先生に弟子入りして小説執筆の指導を受ける、その流れがきれいさっぱり消え去ってしまいましたが。

どうにもこの作品、最終話が近くなればなるほど構成のちぐはぐ感が否めなくなってきますね。

1クールだし、夏生と瑠衣と陽菜の心情を考えたときにもうアルやももはどうでもいい存在になってしまったんでしょうか・・・

この作品、どこでアニメは終わる気なんだ・・・?

この先の展開は夏生にとって絶望しか存在しないぞ?

唯一良かった点は、葦原さんは水着を好きな人=桐谷先生に恥ずかしながらも見せることができたところだけですね。

ドメスティックな彼女記事一覧

ドメスティックな彼女の感想、考察記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ

2019年冬アニメ記事一覧

2019年冬アニメの感想、考察記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。