●最新話の感想記事●

【どろろ】第15話感想:百鬼丸は鬼神を倒すが同時に村が全焼する災いも起きた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どろろ第15話「地獄変の巻」の感想です。

サブタイトルが前回とつながりはありませんが、実際は前回から引き続きとなるストーリーとなります。

鬼神を倒すために旅をしているどろろと百鬼丸は山の中で赤ん坊のような見た目をした図体のでかい妖怪と出会いました。

百鬼丸の後ろでどろろが妖怪にかわいがられつつ歩いていると見つけたのは全焼したまま放置された廃寺でした。

廃寺は油で持って火を付けられたことが判明。

妖怪が消えたタイミングで鯖目と名乗る男が現れた、彼は地元の村を治め民から慕われていて、屋敷へと案内された百鬼丸とどろろ。

彼のご厚意により屋敷に泊まるも、寝静まった深夜に芋虫の幼虫が来襲。

百鬼丸は刀で斬りつけ返り討ちするも、死ぬ間際に現れた蛾の姿をしたマイマイオンバにより幼虫ともども逃してしまった。

マイマイオンバは鯖目の前では女になる鬼神。

実は鯖目は村の民のためにマイマイオンバに2人を食い殺させようとしていた、そんなストーリーでした。

さて、第15話を見ていきます!

第15話あらすじ

鯖目は自分が治める里を守り抜くため、鬼神に人を喰わせていたのであった。百鬼丸は再び蛾の鬼神と対峙する。その頃、蔵に閉じ込められていたどろろは…。

どろろアニメ公式サイトより~

今回は百鬼丸が鬼神のマイマイオンバを退治する回。

深夜に屋敷で寝ているときにマイマイオンバと幼虫に襲われた翌朝。

百鬼丸とどろろは別行動をし、どろろは単独で村を探索し情報を集めます。

どろろが村のばあちゃんと孫とくつろいでるときにばあちゃんに焼けた寺のことを聞いたが、ばあちゃんは聞かなかったかのように孫を連れてその場をあとにしてしまいました。

いろいろ知っているはずのばあちゃんが口を閉ざして触れようともしない、これは何か裏があることはまちがいないですね。

さらに村を探索しているとはずれの森のなかに蔵を見つけました。

その蔵には大量の米が備蓄されていて、村の民への食糧になるようです。

偶然見つけた地下への扉を開けたどろろ、そのまま村人により閉じ込められてしまいました。

「村を守るためでな・・・」蔵に忍び込んだどろろはこそ泥と怪しまれてしまったようです。

一方で百鬼丸はいずこへと向かった鯖目を尾行していました。

鯖目ある所に鬼神がいるからですね。

実際はどろろの動きと百鬼丸の動きが交互に描かれていますが、1つにまとめます。

開けた場所にいくと鯖目は言いました。

村を守り抜くためにマイマイオンバの退治はさせない、マイマイオンバも立派な民の1人なのだ、と。

鯖目がマイマイオンバと出会ったのは村が戦で荒れ果てていたころ。

そんなときに出会ったマイマイオンバと契りを結んだ、マイマイオンバに野伏を喰らわせることで村を守ることができた。

だからマイマイオンバの退治をさせるわけにはいかないのです。

どろろが閉じ込められた蔵の地下にはマイマイオンバの幼虫が潜んでいました。

幼虫に襲われようとしていたとき、どろろを助けてくれた妖怪がいました。

それは前回登場した赤ん坊の妖怪でした。

実はこの妖怪、鯖目により火を付けられたあの廃寺にいた、尼さんとともにマイマイオンバに食われた子どもたちの霊の集合体だったのです。

鯖目はマイマイオンバに村を守る名目で村人たちを食わせていました。

マイマイオンバが復活したが百鬼丸はすぐに刀で斬りかかった、しかしマイマイオンバは百鬼丸に毒があるであろう体液をぶっかけていきました。

さらにマイマイオンバは火の見櫓に激突し村に火をつけるも最後の力を振り絞った百鬼丸により湖において火をつけられそのまま倒されるのでした。

百鬼丸に背骨が取り戻されたわけですが、えっ、百鬼丸には背骨がなく、いままでは体に埋め込まれた糸巻きを骨代わりに動いていたというのかい!?

それでもなお、柔軟な動きができていたとそう言うのかい!?

個人的にそっちにびっくりしました。

糸巻き埋め込まれるまでどうやって百鬼丸は体を支えていたんだろうか。

しかも体の成長に合わせて何回も糸巻きを追加していってるわけでしょ・・・

しかし百鬼丸がマイマイオンバを倒し体を1つ取り戻すのと同時に、鯖目により守られなくなった村は全焼する不幸の結末へ。

どろろ「鬼神を倒せれば村が滅んでもいいのか?」

どろろ「これじゃアニキも同じ(鬼神)になっちまうよ」

百鬼丸「俺には関係ない」

そう、百鬼丸にとっては関係ないことでも、村人にとっては鬼神によって村が守られていたのに、体を取り戻すために鬼神を倒すだけ倒して、災いをあちらこちらに振りまいていくだけの百鬼丸こそが鬼神なのですよ。

当の村人本人は百鬼丸がやったことは知ることはないでしょうが。

鬼神と鬼神の狭間を生きてるのが百鬼丸なのです。

今までは百鬼丸に体が取り戻された!やったー!(でも醍醐の地に災いが降り掛かってきていたことを知らない)で終わっていたんですが、今回はいままで平和だった村の全焼をもって百鬼丸が原因で災いが起きていることも身を持って知ることになる、いよいよもってそこを踏み込んできました。

何度も関係ないと自分に言い聞かせる百鬼丸がもはや小物に見えてなりません。

最終的にはアレか、体を全て取り戻した百鬼丸自身が災いをもたらされてばかりの醍醐景光たちにとっての13体目の鬼神となってしまうのか。

森を歩く百鬼丸のとなりにはどろろがいませんでした。

百鬼丸は体の一部を取り戻すと同時に、彼自身へもその報いが来る(鬼神と戦うたびに弱体化したり、耳取り戻したとき最初に聞いたのは雨音と悲痛の泣き声だったりした)んですが、いよいよ今度はどろろを失うことになってしまいました。

そんなどろろは失意のなか村を歩いていると、イタチが再登場。

イタチはどろろが持っているという宝の地図の半分を見せろと迫るのでした。

どこから書きましょうか。

まずはラストに唐突ながらも再登場したイタチですかね。

やはりイタチはどろろの親、火袋が隠していたお宝を狙っていることが判明しました。

どこから宝の地図を入手したんだろうか。

確か宝のありかはどろろ一家にしか分からないはずなので、どろろじゃないとすると母親のお自夜になってしまうか。

まさか、墓からお自夜の遺体を掘り起こしたというのかな?

ストーリーの全体としては・・・マイマイオンバと鯖目の関係ではなく、鯖目と地域とのつながりを重点的に描いてきた感じですかね。

なぜに鯖目はマイマイオンバと契約したのか、契約した後はどのような関係を持っていたのかについても深堀りしてほしかったところですが、その後訪れる村が全焼した災いと描かれるであろう百鬼丸の苦悩、それと尺を見るにこちらは省かざるを得なかったか。

個人的には前半にあったどろろと百鬼丸をシルエットにした、屋敷の庭の竹林と池を額縁構図で表現したシーンががいいですね。

私もこないだ春の一般公開がはじまった京都の瑠璃光院に拝観したときに同じような構図を撮影しましたっけね。

別ブログで公開(ただし水平が取れていないことが判明したが)する予定です。

それでは第16話でもお会いしましょう!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。