【えんどろ~!】第10話感想:雪の八甲田山行軍かな?走馬灯のようなトークはやめて!

えんどろ~第10話「雪山の夢~!」が放映、配信されました!

前回はカルタード祭りとメイ回。

カルタードマニアなら一度は参加してみたい伝承の中の存在であるカルタード祭り。

それに参加できることになったメイとユーシャたちですが、まさかカルタードは木から実のようになる超斬新な設定を見せつけられて度肝を抜かれた回でしたね。

さあ今回も見ていくよ!

冒険者パーティにはリーダー以外にも仲間をまとめる調整役がいます。
たとえばユーシャの仲間では、セイラことエレノワール・セイランがそれにあたります。
生真面目さと常識的な側面を持つセイラは、まさに自由すぎるパーティを支える柱と言えるでしょう。
これはパーティ崩壊の危機に敢然と立ち向かった、聖者セイラの孤独な戦いの物語……。
(『勇者と真の仲間――999代も続けば仲の悪いパーティもあるさ――』より抜粋)

えんどろ~アニメ公式サイトより~

 

スポンサーリンク

雪山、吹雪といえば・・・

今回、雪の八甲田山を思わせるシーンからスタートしました。

※雪の八甲田山とは八甲田山雪中行軍遭難事件のことで、陸軍の連隊が雪の八甲田山を20km行軍する訓練をしていたところ、隊長の見通しの楽観視、情報不足、連携不足が重なり天候急変で吹雪に巻き込まれ遭難、参加した210人中199人が死亡した事件です。

なんぼ簡単なクエストとはいえ、猛吹雪が吹き荒れているあの環境でなんで女の子4人が歩いてるんですかみなさん・・・

もう前見えていないじゃありませんか。

まさに全員生きてるのが奇跡というよりか、不思議なくらいですよ。

このクエストを指示したマオちゃん先生は鬼畜野郎じゃないですか・・・

はっ、まさか、魔王を辞めたとは言えいまでも魔王の血はしっかり入ってるので、やっぱり勇者には死んでほしいとそう考えてるんですよね?

テントにこもり4人で固まって暖を取るユーシャたち。

みんな力を尽きかけていてかわりばんこに寝落ちしてしまいかけるも起こされるギャグ付き。

過去の思い出話が今4人が置かれている環境もあいまって走馬灯にみえてならないんですが。

そのうえで将来の夢の話をするなんて、まさにその夢は叶えられぬまま息絶えてしまう悲しい展開に一歩踏み出してる、そのフラグみたいなものですからね。

これから起きてもおかしくない悲劇を描かないでくださいよ?

さて、4人はそれぞれどんな将来の夢を持っているのかというと・・・

メイはレアのカルタードをフルコンプすること。

やっぱりカルタードでした。

ファイは世界中を旅しておいしいものを食べること。

そのなかには珍味も含まれていて、大飯食らいのファイならではの夢ですね。

セイラは胸が大きくなること!あとは、自分の部屋をキレイにすること!

これは他の人には絶対に言えない夢ですね・・・

ユーシャは勇者になって魔王を倒せそうなときに魔法が暴発してみんなでバビューンと飛ばされてしまうのが夢。

なんだか何回も本編でみかけたような気がするんですが、このときの寝ぼけた演技がいいですね。

今の状況的によくないですが。

そうこうしてると雪の重みでテントが潰れそうになります。

メイはテントを支えようと長い木の棒のカルタードを使うも、思惑とは裏腹にテントが崩壊して雪に埋まってしまう最悪の状況に陥ってしまいます。

その窮地は脱することができましたが、いよいよ4人はさっき話した将来の夢を叶える物語を夢としてぐっすり見てしまう危機的状況に。

セイラはこの状況をモンスターの影響と考え、カルタードを使い夢の中に進入します。

夢の中でのユーシャとファイは戦ってるorおいしそうなものを食べてる楽しそうな姿。

夢の世界に入り込んでしまった3人を助けようとするもののメイに逆に説得されそうになるんですが、夢の中で胸が大きくなることに納得がいかずこの夢をぶっ壊すことに!

胸が理由とか動機がギャグアニメ風味でおもしろいなもう。

3人はそれぞれが見てる夢を一つに合わせ、おいしそうな魔王のカルタードを全員で食べることに。

ひとしきり食べ尽くしたのち、セイラは3人に夢を見せていたモンスター、カルタイーターを倒し3人は夢から覚めました。

外は吹雪がすっかりやみ、なんとか全員生還できました。

夢がテーマの話だった

今回は夢がメインの話。

夢といえばいろんなファンタジー作品でネタになる、これもまた王道の設定ですね。

人が見ている夢の世界を旅したり、その世界の最奥にはその人のなりたい姿が具現化した自身の姿があって、接触するとパワーアップしたり、反対に悪夢にうなされている人を助けるために夢の中に入り込み、悪夢を見せているバケモノを倒したり、ある日見た夢が正夢になって襲いかかってきたり、反対に攻略のヒントとなったり。

とかく夢は夢であるために、人々が持っている欲望とリンクしやすい要素です。

だからこそ夢を狙う野郎どもがまわりには大勢いるんですが・・・

今回、吹雪に巻き込まれたときはどうなるかと思いましたが、セイラのリーダーの素質を見せてくれたキレイな話でしたね。

まさか睡眠を誘っていたのはカルタードを狙うモンスター、カルタイーターの仕業だったとは。

カルタイーターは外が猛吹雪になっているどんなに寒いところでも動けるのか。

見た目はかわいらしいのに、いつカルタード趣味者の家に入ってくるかわかりませんねもう。

胸と部屋が汚いのを理由に夢の誘惑から一人抜け出すとか実にセイラらしい精神力のつよさだったなあ・・・

セイラだけは夢よりも現実に生きている人間だったようです。

やっぱり勇者はユーシャでも、パーティーのリーダーはセイラでしたね。

いい話だったな・・・

スポンサーリンク

えんどろ~!記事一覧

えんどろ~!の感想、考察記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ

2019年冬アニメ記事一覧

2019年冬アニメの感想、考察記事一覧はこのリンクをクリック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。