●最新話の感想記事●

【Fairy gone フェアリーゴーン】第11話感想:ハイブランツ公ディーゼのクーデター勃発、陽動やおとりを使いまくり首相に迫るアーケイム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Fairy gone フェアリーゴーン第11話「招かざる音楽隊」の感想です。

前回は自分と関わった村が炎で染まり、世話になった人物がことごとく命を落としていくために災いの子と呼ばれるようになったマーリヤのエピソードでした。

森を追われた幼きマーリヤはドロテアに入る前、三大マフィアの一つであるビャクレーの首領、ジングルのボディーガードをしていた過去を持っている事がわかりました。

自分を失ってしまったマーリヤはジングルの元をたずねた、ジングルはマーリヤのことを娘のように気に入っており、再度ビャクレーに復帰しないかと尋ねるも、フリーの説得により今の居場所はドロテアにある、私は逃げないと改めて決意を表明するのでした。

ちなみに、マーリヤは災いの子と呼ばれてはいるものの、会話を聞く限りではとくにビャクレーの人間が死んだりなんだりはしていないようです。

さあ、今回はどんなエピソードになるのか!?

第11話あらすじ

突如、ディーゼが統一ゼスキアからの独立を宣言し挙兵した。ウルフランの暗躍、人工妖精の暴走、首相暗殺未遂、リスカーによる列車襲撃。全ては此処へと至るべく描かれた絵図であり、独立戦争のための準備だった。統一軍もこれに即応、公都ハプシュタットへと鎮圧部隊を派遣する。ドロテア局長であり〝七騎士〟の一人であるネイン・アウラ―も鎮圧部隊に合流する。一方で、マーリヤ、フリーたちは首都ロンダキアに駆け戻るが――。

Fairy goneアニメ公式サイトより~

ハイブランツ公ディーゼによるクーデター勃発

今回はしょっぱなから深夜にハイブランツ公領の駐留大使が追放され、統一ゼスキアから分離して独立国家になる軍事クーデターが静かに勃発します。

このクーデターを企てたのはハイブランツ公ディーゼ、さらに、ディーゼの後ろにいるアーケイムによるものでした。

そう、これで第1話からずっと描かれてきたアーケイム周辺の動きが分かりましたね。

全てはこのクーデターのために仕込まれたものでした。

終戦記念式典においてディーゼが首相を助けたのは表向き友好関係を見せておくことでクーデターを計画することをさとられないようにするため。

そのために首相暗殺事件を起こし、ディーゼが最前線で首相を助けるマッチポンプ作戦を行い、首相の目をディーゼたちからそらせたのです。

さらに、ディーゼが妖精武器フラタニルを求めたのはこれはそのまま武器として使うため、しかも確実に入手するためにわざわざ輸送する列車を襲撃させた、新型人工妖精を誤作動させたのは旧型もろとも検査で運用から外させることでこれも確実にクーデターを行う算段だったためです。

そしてアーケイムがいまは逮捕されている元妖精技師を雇ったのは、人工妖精の技術を得て自分たちが持つ人工妖精を戦力として使うためでした。

全てはクーデター軍によりうまく運ばれていき、アーケイム側が放った人工妖精とともにいざクーデターはどんどん実行に移されていきます。

さっそくドロテア本部や首相の周りにもクーデターの兆しがある情報がもたらされ、鎮圧部隊が出ることになった、しかし、統一ゼスキアが持つ人工妖精を主戦力に使う計画も、旧型は誤作動の検査中で対策済みの新型のみが使える状況。

そしてドロテアの局長は妖精武器アリアドラの使用が許可され、懸念点も残されるなか、鎮圧部隊がハイブランツ公領ヘ向かい出兵していきました。

その光景を見る一人の男・・・と同じ格好をした3人の人間。

一方でマーリヤたち4人は列車に乗り、ドロテアへ帰る道中にてハイブランツ公領でのクーデターの知らせを受けます。

本部へ帰還するもすでに局長は軍の部隊に混じり鎮圧へと出発して入れ違いになってしまうのでした。

そして、フリーが首相に渡したカルオー公から受け取った信書には、ハイブランツ公がクーデターを行うことを予期していたことが書かれていました。

もう一度場面はクーデター軍を鎮圧するドロテア局長たちのシーンへ。

ドロテア局長たちはクーデター軍を迫るも、あっさりとクーデター軍が倒れていくもんだから手応えのなさを感じています。

それもそのはず、実はハイブランツ公領での戦いは強力な部隊を大量動員させて公都をがらんどうにする単なる陽動作戦に過ぎず、クーデター軍における実際の目的は皇帝閣下が住む宮殿を直接攻撃することにありました。

ディーゼの目的は世界中に自由に妖精の利用をうながすこと、そのために妖精を独占する統一ゼスキアを裏切り、アーケイムのビーヴィー・リスカーと結託したのです。

ここに人工妖精同士の攻撃が始まり、その戦いにマーリヤやフリーたちが参加することに。

しかし、宮殿でのクーデター軍の戦いもやはり中途半端な攻撃に過ぎず、実際はこちらもこちらでビーヴィー・リスカーが宮殿に到着するまでの時間稼ぎにしかすぎないもの。

ビーヴィー・リスカーら本命軍が宮殿に入ってきた、妖精を召喚し、圧倒的武力で宮殿に威力を与えていくのでした。

ようやく1話からのストーリーで気になっていた点が一気に爆発した感じですね。

途中切りしないで良かったよ。

ものすごく大胆な野心を見せましたねハイブランツ公ディーゼ。

妖精武器を首相に求めた時点でなにかあるとは思っていたんですが、そこからの行動が計画的かつ迅速で私もとかく感心させられますよ。

カルオー公レイ・ドーンはこの事件を予期していたといいますが、レイ・ドーンは先の独立戦争の末期において妖精原体が多数生息していたマーリヤとヴェロニカの故郷の田舎を焼き払っている経歴を持っています。

となると、レイ・ドーンは誰にも話していないけれども人工妖精というか妖精そのものになにか重大な裏というか危険があることを唯一何かしらの手段で知っているんじゃないかな?

ビーヴィーリスカーは絶対に大物

街で銃撃戦となり当たらない銃のなか、BGMにあわせて口笛を吹く余裕を見せてくれるビーヴィー・リスカー。

ここまで大物キャラ感を見せてくれるのは今作においてははじめてですね。

流石に彼が大物に見せかけた小物ってことはないので、おそらく彼が討たれるのは来週ではない、2クール目の最後のあたりのストーリーになるかな。

ところで、そういえば今回の一連の事件において、現れてもおかしくないヴェロニカの姿がないのですが一体どこへ行った!?

ド頭から登場キャラクターが多いと、一見ストーリーの根幹に関わる重要な人物に見えるやつが後の話になると全く出てこなくなる、いわば使い捨てされるからイヤなのですよ。

そして私思うんですよね、主人公って実はマーリヤやフリーじゃなくて、アーケイムじゃねってことにです。

どう見てもビーヴィー・リスカーのほうが主人公にしか思えないんですが。

わかった、この作品でマーリヤたちに感情移入ができない理由、彼らは正義のヒーローよろしく何か起きないと動かない、それはドロテアの組織によるものなんですが、ずっととことん受動的に動いているからですね。

はたしてこのクーデターの模様はどう転ぶのか!?

それでは第12話でもお会いしましょう!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。