【ガーリー・エアフォース】第3話感想:アニマは敵の技術を使ったものだったのか

ガーリー・エアフォース第3話「アニマの本質」が放映、配信されました!

前回は23分のほとんどを慧とグリペンがデートした回でしたが、単なるデートというわけではなく慧とグリペンの相性がよく彼と一緒のときだけ覚醒時間が3倍~4倍に増えるとか貴重なデータが得られた回でもありました。

ですがグリペンは欠陥品と評されていて、1週間後のテストフライトで思うような結果が得られなかった場合は即廃棄処理にされる身。

個人的にかわいいグリペンを廃棄するとは何事だ!と思っているんですが、果たしてテストフライトを無事にクリアーできるのだろうか!?

見ていくよ!

第3話あらすじ


理由は未解明のままながら、慧といることで安定を得るグリペン。二人はテストフライトに向け、シミュレータ訓練やトレーニングを続ける。
テストフライトをクリアし、前線で戦うことが可能になれば、ザイを駆逐し切るのも遠い未来ではない。だがある日、思いがけないところから慧は、ドーターとアニマの真実を知るのだった。

ガーリー・エアフォースアニメ公式サイトより
スポンサーリンク

ドーターとアニマの本質が不本意な形で明らかになってしまった

今回、不本意な形ながらもすんごい事実が明らかになりましたね・・・

だって、アニマは敵のザイから作られたものだというんですよ!

撃墜したザイから拾い上げられたコアを脊髄に埋め込み培養したのがアニマだというんですから驚きですよね。

敵さんの技術を使うんだからそりゃ研究自体が長いこと途上になりますし、ブラックボックスにもなりますし、基地にいる自衛官も否定的になるよな・・・

ただ、自衛官が感情的になったらアカンよ、あなたたち絶対に実践に投入されたら負けるよ・・・

自衛官はどんな過酷な任務がくだされても遂行できるよう、メンタルからギチギチに鍛えられる世界ですからね。

ただ、現在の自衛隊は現職中にメンタルの病にかかる人が3万人、いじめや高いストレスにさらされ自殺者まで出るところ。

こういう感情的な自衛官がその自殺者を生み出す原因になってしまうんですががが。

案外この自衛官もメンタルは豆腐なのかもしれませんね。

で、ザイは慧の母親を展示飛行中に撃墜させ死亡させた慧の憎き敵、しかしその敵のコアでグリペンたちアニマを形作ったと言うんですから、こりゃ「ザイは嫌いだ」と言っていた慧にこの事実を知られてしまったグリペンもひどく落ち込んで3日間ふさぎこんでしまいますよね・・・

最後、そのテストフライトになるんですが、グリペンの飛行中にザイが来襲、後ろにつかれてはいさようならっていう大ピンチになったときに新ヒロインが出てきて彼女を救うのは・・・まあおなじみの展開ですね。

新ヒロイン出てきちゃいましたよ!

しかも目立ちたがり屋の!

ただし安定飛行をしていたことから、グリペンとは違って実戦経験はそれなりにありそう。

ところで、グリペンはどうやって基地に着陸できたんでしょうかね・・・

あんなに昏睡状態になったら操縦不能で失速、そのまま日本海に墜落すると思うんですが。

とりあえず、グリペンちゃんはヒロインかわいい

この作品は細かい設定がどうこうよりも、どちらかというとグリペンちゃんの可愛さに愛でるべきですね。

3話までの段階で・・・無機質キャラなんだけど実は表情豊か、周りから欠陥品と評されているんだけど飛行中にザイが襲われたときはルートを外れてまで自分が行くと決意している、初夏だと言うのに本を読んでセーターをあみあみするけなげさ、慧と一緒にいるときだけ心臓の波長が一致し、心穏やかになる、慧に恋愛感情があるのかどうなのか分からない、そもそも恋という感情がアニマにあるのかどうか分からない、結局訓練中に寝落ちしてしまうポンコツさ。

しかも回を追うごとにヒロインレベルがアップする、

今回なんて自転車の2人乗り、あとは同じラーメンと餃子セットを食べるとかいう胸キュンシーンまで用意されていましたからね。

これまた最高のヒロインを連れてきましたね・・・

ガーリー・エアフォース記事一覧

ガーリー・エアフォースの感想、考察記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ

2019年冬アニメ記事一覧

2019年冬アニメの感想、考察記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ

created by Rinker
¥6,014 (2019/02/17 04:35:38時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

私がおすすめする記事(広告あり)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする