【ガーリー・エアフォース】第5話感想:ファントムちゃんは抜け目がない、イーグルちゃんは勝ち気バカ

スポンサーリンク

ガーリー・エアフォース第5話「独立混成飛行実験隊」が放映、配信されました。

第4話ではザイが小松基地を急襲、廃棄寸前のグリペンは慧を乗せて出撃していきました。

グリペンの10Gにも耐える操縦についていけない慧は意識を失ってしまい、気がついたら眠っていたところで終わりましたね。

さあ第5話、見ていくよ!

 

スポンサーリンク

第5話あらすじ

イーグルとの模擬戦に、グリペンは連戦連敗。得意げなイーグルと反発するグリペン。そんな二人の不仲に慧が頭を悩ませる中、新たなアニマ、ファントムが三沢基地から呼び寄せられた。
八代通は、3機のドーター・アニマにより編成される特殊部隊「独立混成飛行実験隊」――通称「独飛」の設立を宣言する。

ガーリー・エアフォースアニメ公式サイトより~

今まで個人戦やってきたのにいきなり団体戦をやれったって人間じゃないんだから無茶だよ

そりゃあなたね、八代通さんね、今までこのアニマたちは個人戦だけやってきたのに、いきなり編成を組んで団体戦の訓練をやれったって無茶だよ。

しかもこの訓練、なんの教育も行われていない、ぶっつけ本番というんですから。

そりゃ協調性なんて生まれませんよ、だって、そのように教えられてきていないんだもの。

なぜなら、編成を組むことをいままで想定してこなかったために、協調性に関する教育を彼女たちにする必要がなかったからですね。

今回の訓練としてはドーターたちがフルで登場したことで彼女たちの性格を再度お披露目、提示させる意味もありますか。

新キャラの緑髪のファントムちゃんは煽るだけ煽り、さらに勝利のためならズルでもなんでもあらゆる手段を使う、イーグルちゃんは自信だけはたっぷりの脳筋バカ、そしてグリペンちゃんは負けず嫌いということが示されました。

ファントムちゃんはノイズを発し、機影をレーダーから消す荒業に出ましたよ。ただしそのノイズはアニマたちの間では観測されるものみたいですね。

まーた憎たらしい新キャラを登場させてきたな・・・

敵を欺く手段としては使えますが、それで仲間割れになったらたまったもんじゃありませんよ。

こういうずる賢いやつはだいたい相手のずる賢さに乗ってしまい最初に命を落とす傾向にあるんですが、彼女もただの噛ませ犬にならないことを祈っております。

イーグルちゃんは脳筋かわいい

イーグルちゃんかわいいよイーグルちゃん。

派手な見た目から男遊びしていそうでかわいいよ。

ただの脳筋で勝ち気で謎の自信に満ちていてひたすらに突っ走っていってかわいいよ。

ファントムを煽り倒していてかわいいよ。

体のあちこちを露出していてかわいいよ。

グリペンちゃんと言い争いしてるのがかわいいよ。

イーグルちゃんに誘われたらそれが美人局だと分かっていてもホイホイ乗っちゃうよ。

フィギュアがあったら買っちゃうよ。

ファントムちゃんとの出会いはベタ中のベタ展開

今週登場のファントムちゃんですが、出会いはよく見るとベタ中のベタな展開でしたね。

駅前を歩いていたらナンパされてるのを目撃し、助けたら小松基地に行くところだった、そして翌日慧が基地に行ったら実は新アニマだった、ああもうベタ中のベタじゃありませんか。

地味にナンパ男のスマホのSIMカードを抜いている点が鋭いんですが、どうやって男のスキを見たんだよ彼女。

どうやら彼女にはけっこう相手の動きを読める観察眼がありそう。

展開は基本中の基本を忠実になぞったものすごくベタなんだけど、キャラが変わるだけでもやっぱり新鮮に見えますね。

さてはて、八代通さんはアニマ同士の協調性、これからどうやって教育していくわけさ!

団体戦じゃ使い物にならないっていうんじゃ、これまたアニマが廃棄されるのは間違いないですからね。

ガーリー・エアフォース記事一覧

ガーリー・エアフォースの感想、考察記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ

2019年冬アニメ記事一覧

2019年冬アニメの感想、考察記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。