【ゴブリンスレイヤー】特別編感想:牛飼い娘視点で見る今までのゴブリンスレイヤーさんの冒険

ゴブリンスレイヤー特別編「冒険記録用紙(アドベンチャーシート)」が放映、配信されました!

今回は第1話~第10話までの総集編を牛飼い娘ちゃん視点でおさらいするエピソード。

それでは見ていきます!

 

スポンサーリンク

神官ちゃんやエルフちゃんたちとの出会いや剣の乙女さんとの一連のシーンはないよ!

お気づきだっただろうか、今回、神官ちゃんやエルフちゃんたちと出会うシーンや、それと剣の乙女さんとの一連のシーンは全くを持ってありませんでした。

出会いというとラブコメものみたいな言い方ですが、実際なんかフラグ立ってますからね、男1に対して女5みたいな。

それもそのはず、今回は牛飼い娘ちゃん視点でのゴブリンスレイヤーさんの活動を集めたもの、牛飼い娘ちゃんにとってゴブリンスレイヤーさんの仲間である神官ちゃんやエルフちゃんたちは知らない間にいつの間にかパーティーが結成されていて、剣の乙女さんに至っては全く存在を知らない人物ですからね。

もしかしたらゴブリンスレイヤーさんは依頼をこなして完遂して帰ってきてもどんな冒険だったのかはあんまりしゃべらないのかもしれないですね。

ですので総集編でありながらゴブリンスレイヤーさんが別パーティーにいた神官ちゃんをゴブリンの巣窟で助ける1話なんてまるまるカット、最初のシーンは2話のOP後、自分が起きるシーンです。

ゴブリンスレイヤーさん=仮説と検証

ゴブリンスレイヤーさんのゴブリンとの戦い方、それは仮説と検証の繰り返し。

ゴブリンを残滅するためだったら新しい戦い方をいち早く考案し、それを即座に実行に移していきます。

 つべこべ言ってられなくて行動までがとにかく早いのが持ち味。

 なぜなら、自分の命をその戦い方に預けているから。

失敗して命の危険があるならば一度撤退してもう一度新しい戦い方を考案してくる・・・それを高速で繰り返します。

仮説と検証といえば戦い、冒険だけでなく営業、販売、マーケティング、企業経営でも使われる手法なんですがとにかくトライアンドエラーの繰り返し!

とにかく自分がたてた仮説が正しかったかどうかを検証し、間違っていたらまた新たな仮説をたてる・・・

それをなんども繰り返して結論へと導いていく・・・

これができないとビジネス思考にはなれない、至ってオーソドックスな手法ですね。

セブンイレブンで働いていたこともありましたがとにかくあそこは発注において仮説と検証がとにかくうるさいです。

元会長が仮説と検証にとにかくこだわっていて、それが他社よりも一日の平均売上を10万円以上も上回らせている原動力なんですが、雑誌やテレビのインタビュー、あとは自身の著書なんかで口を開けば仮説と検証でしたからね。

ゴブリンスレイヤーさん=ガキのゴブリンでも容赦なく殺す

ゴブリンスレイヤーさんの戦い方、それはガキのゴブリンでも生きている限り容赦なく殺す!

ガキのゴブリンはおとなしいから手出しをしない、他の冒険者たちがついやりがちなことは彼には一切通用しません。

それは彼らが成長した時、また同じことを繰り返すからですね。

ゴブリンの生態は残忍でずる賢い、ときにはない知恵を使い村1つを燃やして滅ぼす・・・

そのとき男はそのまま×し、女も×するか、もしくはそのまま捉えてひたすら孕み袋にするか。

ゴブリンはオスしかいないんですが繁殖力は異常なほど高いようで、それがいつの間にか大量の勢力になっているわけで。

2クールやるわけでもないんだよなこの作品

今回は総集編でしたが、主に牛飼い娘ちゃんから見たゴブリンスレイヤーさんに特化した総集編、なのでバッサリとカットされているシーンだらけでした。

これまでのゴブリンスレイヤーさんの戦い方を徹底的におさらいする意味合いがありましたね。

日常描写がなされていたけど、ラスト牧場のほどちかくで見つけたゴブリンの大量の足跡が描かれた10話とこれからやる11話の間とかいう終わり際のタイミングに特別編を挟んできましたが、この作品、とくに連続して2クールやるわけでもないです。

なので第12話で終わりなのは確実。

DVDも4話ずつの3巻までしか発売されませんしね。

しかしなぜこのストーリーも後半の後半に差し掛かったこのタイミングで特別編を挟んだんでしょうね。

第11話と第12話は今までのストーリーとは連続しない、新しい冒険が始まるということなんでしょうが…

原作にもう追いついてしまうのか!?

某ドラゴンボールでは原作に追いつきそうになると場面を引き伸ばし引き伸ばしやっていたこともありましたが、まさかこれと同じなのか??

スケジュールが破綻したわけでもないよ

一部では万策尽きたとかいう人もいるようですが、この作品、別に今までのエピソードを見ても作画が乱れていたり、制作スケジュールが破綻してるわけでもないんですよね。

第10話の段階で予告が総集編だと明示されていましたからね。

ニコニコ動画での配信では予告さえなかったために次回は本編と違うのはうっすらと感じていたはず。

だから予定として10話と11話の間に総集編を挟むことは最初から制作サイドの間で決まっていたことです。

牛飼い娘の語りの声が一言二言新録されている部分がありましたしね。

次回は第11話ということで、おそらく牧場の近くに巣をつくるゴブリンたちの戦いが描かれるはずです。

最後まで見ていきますよ!

スポンサーリンク

ゴブリンスレイヤー記事一覧

ゴブリンスレイヤーの感想、考察記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ

2018年秋アニメ記事一覧

2018年秋アニメの感想、考察記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。