【五等分の花嫁】第1話感想:テンプレテンプレテンプレを重ねた超王道の導入話

スポンサーリンク

五等分の花嫁第1話「五等分の花嫁」が放映、配信されました!

なんと週刊少年マガジン連載中の作品から2つが同時に同じクールでアニメ化されるとかいう私もビックリなこの状況。

そのうちの1作品がこの五等分の花嫁ですね。

もう1つの作品は明日放映されるうえに原作既読で割と本命としているんですが、こちらは私は全くを持ってノーマークでした。

 

スポンサーリンク

イントロダクション

貧乏な生活を送る高校2年生・上杉風太郎のもとに、

好条件の家庭教師アルバイトの話が舞い込む。

ところが教え子はなんと同級生!!しかも五つ子だった!!

全員美少女、だけど「落第寸前」「勉強嫌い」の問題児!!

最初の過大は姉妹からの信頼を勝ち取ること…!?

毎日がお祭り騒ぎ!中野家の五つ子が贈る、

かわいさ500%の五人五色ラブコメ開演!!

五等分の花嫁アニメ公式HPより~

うん、取り立てて何も語ることはないですね。

もう本編に行っちゃいます!!

ラブコメのテンプレをひたすらなぞる作品

今回は第1話ということでもうラブコメのテンプレテンプレテンプレの嵐ですね。

最悪の出会い方をする人物がいる、ヒロインは5つ子、主人公の学校に転入してくる、主人公の家庭は貧乏、ヒロインたちの家庭は金持ち、ヒロインたちとは家庭教師の形で関わることになる、そのうち何人かは信頼マイナスの状態、だからまずは勉強を教えるために信頼をプラスにまではせずとも0には持っていく必要がある、主人公は天才、目論見でもある落第寸前の人だけを教えなくてはならないのとは裏腹に全員落第寸前だから彼女たち全員に勉強を教えなくてはならない、もちろんラッキースケベもついてくる、ヒロインによる罠がそこかしこに仕掛けられ続ける、ああもう、マンガ的にもアニメ的にもドラマ的にも展開がすべてどこかで見たことある話だらけ!

それでもヒロインの一人一人にてんでバラバラな主人公の印象のパラメーターや性格的な個性が与えられているので不思議と見てしまいますね。

個人的には部屋が汚くて堕落的な生活を送っているけどエロティズムを感じる長女か、最初から主人公に協力的だった佐倉綾音の演じる四女を推したいです。

逆にずっと非協力的だった次女には何をしたっていうんだ!

今話の最初と最後にウエディングドレスを着たヒロインがいる姿が挟まれているということは、どうやら主人公と5つ子のヒロインのうちの誰かが結婚することは決定的で、そのヒロインとの出会いからを描く回想形式のエピソードになるんですが、その花嫁の声も姿も視聴者にはそのときまで教えないパターンでもってきたか!

ラブコメのテンプレとしてヒロイン全員、この場合5つ子がみな主人公に好意を持たないといけないんですが結婚する描写があるということは主人公は絶対に誰か1人を選ばないといけないわけでしょう?

さらにいうと、第一印象が一番マイナスだった子がだいたい好感度が一番プラスになり花嫁になるのがやはり複数のヒロインがいる創作におけるテンプレなわけで、原作は結末を迎えていませんがこの作品はそのテンプレをなぞることになるのだろうか。

残った4人はどうするどうなる、争いを引き起こしてしまうのだろうか!?

重婚なんて日本ではできないんですから。

誰と結婚することを決意するんでしょうね。

そして1つの伏線が残されました。

それは主人公の風太郎の生徒手帳ですね。

本人のセリフによりますと、何か他の人には見られてはいけないものがあるようなんですが、これがこの作品のキーとなるのは間違いないでしょうね。

この作品も視聴継続決定ですね。

また花澤竹達佐倉綾音か

ヒロインの声優を拝見したところ、また中堅どころの豪華なメンバーを取り揃えてきましたね・・・

なんてったって花澤香菜、竹達彩奈、伊藤美来、佐倉綾音、水瀬いのりの5人ですからね。

普通は最低1人2人、最高でも全員がこれから事務所が売り出しにかかる駆け出しの声優をキャスティングしそうなものですが、5人全員が中堅どころな豪華メンバーということは、今回の場合配役オーディションをせずにすべて原作者の一声で決まった感じですかね。

花澤竹達佐倉綾音のスリーカードも揃っているわけですからね。

こりゃこの作品に声優ファンが大挙して押し寄せそうだぞ。

五等分の花嫁記事一覧

五等分の花嫁の感想、考察記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ

2019年冬アニメ記事一覧

2019年冬アニメの感想、考察記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。