【五等分の花嫁】第4話感想:妹の攻撃力の高さ、浴衣の攻撃力の高さ

五等分の花嫁第4話「今日はお休み」が放映、配信されました!

前回は実質二乃回、お料理対決やラッキースケベ、そして二乃がここまで風太郎をに反発している理由が明らかになりましたね。

今回はどんな話になるの!?

第4話あらすじ

初めて給料が入った風太郎はらいはの望みを叶えるため、五月と三人でゲームセンターにやってきた。その帰り道、花火大会に向かっていた他の五つ子に遭遇する。『お祭りに行きたい』と言うらいはのため、五つ子と一緒に風太郎も花火大会に行くことになるのだが…

五等分の花嫁アニメ公式サイトより~
スポンサーリンク

妹かわいい、浴衣かわいい

こちらも今回は夏祭り&浴衣&花火大会回ときましたか!

いや、「私に天使が舞い降りた」第4話でもみんな浴衣を着てる回があったんですが、このところ季節外れの夏祭りのエピソードが多いですね。

(多分どちらも原作が夏頃に描かれたんだろう)

やっぱりちっちゃい妹の存在は攻撃力が高いですって。

妹は何も悪くない、何も悪くありませんからね。

5姉妹と風太郎の少しギスギスした関係を取り持ってくれるいいカンフル剤といいましょうか、妹の存在でその悪い関係を和らげてくれる癒やしの効果を持っています。

そしてそれよりなによりも5姉妹の浴衣!

やっぱり浴衣姿は強すぎでしょ・・・

一花はヒゲの男と円光していそうかわいい

二乃は風太郎を誰よりも嫌っているけれどやっぱりかわいい、手のひらクルーした時の攻撃力は一番高そう

三玖は風太郎に惚れてる&胸を当ててんのよかわいい

四葉はずっと妹ちゃんにべったりかわいい

五月は花火大会ではあんまり目立っていなかったけれどかわいい

でも二乃、誰よりも妹思いならば、花火大会を見るスポットはともかく、もしはぐれたときの待ち合わせ場所くらいあらかじめみんなに教えていてくれよな・・・と思うんですが、みんなにサプライズをするつもりでもあったんですかね。

でもこの人、あの人混みの中、後ろも全く見ずにずんずん先に行ってしまうもんだから、みんな自分の後ろについてきているだろうと勝手に思い込んでいる、その性格が個人的には気に食わないところでもありますね。

風太郎のいないところで5姉妹が対立して4-1で孤立してしまうとしたらやっぱりこの思い込みが悪い方向に動いてしまう二乃になるのでは?。

「私がこう思っているんだからみんなも同じことを思っているはずだ」のように。

でも実際は二乃以外の4人の考えはまるっきり逆だった、というのがごく普通に起きていそう。

それにしてもこの5姉妹、二乃だけ先に行った直後に全員てんでバラバラに動いているあたり、全員をまとめるリーダー役がいないよな・・・

これで今までうまく回ってきていたのがなお不思議だ・・・

いろいろな「関係」が見えてきた回

今回は5姉妹と風太郎、あとは5姉妹の母親が会話の間でだけですが登場してきていろいろな関係が見えてきましたね。

まずは5姉妹とその母親の関係。

5姉妹の母親は会話でしか出てきませんでしたが、やはり別れたか亡くなったかしたんでしょう。

で、小さい頃に母親に連れられて花火大会を見た、この思い出を大事にしたいからあんなにテンション爆上げだったんですね。

しかしあそこまでかわいい5姉妹、まつりに集まっているイケない男たちにナンパされそうなものですが、今回はその描写は一切なし!

逆に高嶺の花で、男たちにとっては近づきづらい存在なんでしょう。

ついで5姉妹と風太郎の関係なんですが、すでに恋に落ちている三玖と恋には落ちていないけれどもわりと友好的な四葉以外の3人、何を思っているのか本音と建前がまるっきり違うようにも感じるんですが。

なんで五月は後のシーンにおいて風太郎を赤の他人だと公言しているんですが、それなのに、なんで人間に対して恥ずかしそうに頬を赤らめてるんだよ・・・

二乃ははぐれたときにずっとプンスカ言ってる風太郎の名字を最後の最後に呼ぼうとしているあたり、3話までの最悪の印象からはいくらか脱していると思われます。

でもこの人、一番プライドが高そうなので他の4人が風太郎寄りになったとしても一人だけイキってそう。

一花はきわめて謎で、この人はやっぱり前回同様、他の4人の一連のやり取りをお姉さんとして面白がって傍観している立場なんでしょう。

風太郎はヒゲの男に一花との関係を問いただされたわけですが、家庭教師なのか友達なのかなんなのか、ありゃ即答できんよな・・・

これが花火大会を通して、変わるとでもいうのか!?

5姉妹(のうち一花は別行動を取らざるをえなくなったので4人)が一緒に花火大会を見てほしいがために風太郎は離れ離れになった4人を探しまわり集めて、全員から隠しパラメーターで好印象を得てしまうのか!?

すでにMAXの三玖はともかくとして、少なくとも二乃の好感度は上がりますよね。

表面上はいままでどおりプンスカ言ってそうですが。

しかしこう見ていくと、風太郎は次に誰を落とすのか全く読めないな・・・

風太郎がなぜここまで尽くすのかというと自身も父子世帯で母親が別れたか亡くなってしまったかですでにいないから、5姉妹にも母親との思い出を消してほしくなかったから、今回はまあよくできたストーリーですよね・・・

5姉妹と風太郎の数少ない共通点が母親がいないことですから、最初はどうでもいいと思っていた風太郎もどうでもよくなくなって、こりゃまあ必死になって5人を花火大会の会場で集めるために動くよね。

ところで今になって気になったんですが、第一話の時点では流していたんですが、風太郎の家、母子家庭ならまだしも、父子家庭なのになんで貧乏暮らしをしているんでしょう?

何の仕事をしたら父親はそんなに安月給な暮らしをしているんだろう・・・

見た目からホワイトカラーではない、体を使った仕事をしているんでしょうが、非正規もしくは売れていないフリーランスなのか、それとも、給料を酒とギャンブル、主にパチンコにつぎ込むほどに金遣いがものすごく荒いのか・・・

現実的に見てそちらが気になります。

五等分の花嫁記事一覧

五等分の花嫁の感想、考察記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ

2019年冬アニメ記事一覧

2019年冬アニメの感想、考察記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ

created by Rinker
¥2,814 (2019/02/16 10:09:37時点 Amazon調べ-詳細)


スポンサーリンク

私がおすすめする記事(広告あり)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする