【コトブキ飛行隊外伝大空のハルカゼ飛行隊】第1話感想:からあげには醤油です

スポンサーリンク

荒野のコトブキ飛行隊外伝 大空のハルカゼ飛行隊第1話「憧れの用心棒」がYoutubeで配信されました!

コトブキ飛行隊の最後はイケスカの市長兼自由博愛連合のトップをやってたイサオがイジツに通じる穴からの利益を総取りしようとしたけれど、羽衣丸の穴を封じるための自爆特攻に巻き込まれる形で戦死したところで終わりました。

さて、ハルカゼ飛行隊とは荒野のコトブキ飛行隊のスマホアプリに登場する、コトブキ飛行隊に憧れて結成された新米の飛行隊。

さて、ハルカゼ飛行隊はどんなストーリーなのか、見ていきます。

 

スポンサーリンク

うってかわって空戦はないよ!

アニメ自体は6分間のショートストーリー。

ときはイケスカ動乱のあと。

イサオはいなくなっても空賊は減らない、でもコトブキ飛行隊やヤマカゼ飛行隊には大きい仕事の依頼はあっても、新米飛行隊のハルカゼ飛行隊には仕事がなかなか舞い込んでこない、前回の仕事の報酬も6等分すると安いとそんなことを酒場で憂いていると、酒場の一角にいたのがキリエだった。

キリエとたまたま入店したチカとハルカゼ飛行隊が出会ったことではじまるストーリー。

そのキリエはパンケーキとからあげとかいう謎の組み合わせの食事をしていたんですが、からあげに醤油かソースかで言い争いがはじまってしまいました。

個人的にはからあげには醤油とソースなら醤油なんですが、ケチャップ派っていないのかなあ?

ハルカゼ飛行隊もコトブキ飛行隊にあこがれて飛行隊を結成したんですが、現実って実際のところこんなものよ。

副業でなんちゃら(ブログ、Youtuber、インフルエンサー)で月30万、月100万稼げる!とどこかのブロガーがツイッターで発言しても、凡人がその金額を稼げるようになるためには1年~2年、いやもっとかかってしまう、いきなりその金額は稼げないものなのです。

今人気のお笑い芸人も売れるまでには10年かかるといいますからね。

それまではバイトで食いつないでいるのが現状だったり。

だから途中でみなやめてしまうのです。

ハルカゼ飛行隊もそんな団体にならないことを祈ります。

ところで、今回空戦がなかったよ!

よく考えてみたらこれはアプリの宣伝として配信している動画ですからね。

空戦はアプリ本編とコトブキ飛行隊本編で十分なのです。

多分今後の話で描かれることになるはず。

続きもあるようなので継続して視聴をしていきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。