【荒野のコトブキ飛行隊】第4話感想:エリート興業あっさり裏切る、やはり金の関係だったか

荒野のコトブキ飛行隊第4話「エリートの砦」が放映されました!

第3話で突如ラハマの町に登場した空賊「エリート興業」。

ラハマの町長が代々乗っている雷電がほしいと贋作の絵を交換条件に売りつけようとしたが、ラハマの町が拒否したことで空戦に。

社長(厳密に言うと社長を名乗ってるリーダー)が空戦中にあろうことか上から機体をかぶせてお目当ての雷電を奪っていった!

雷電を飛ばすまでは良かったんですが、すきを作りすぎてしまいました・・・

今回はエリート興業に奪われた雷電をコトブキ飛行隊の面々が取り返しに行くストーリーですね。

今回は空戦もドラマがメインのストーリー

今回は空戦もそうですが、ドラマがメインの話。

久しぶりにリアルタイムでアニメを見ましたが、いやあっという間の30分だった!

こんなに早く過ぎていくなんて久しぶりだな。(なお、その後見た賭ケグルイも同じくらいの体感時間だった模様)

空の駅ってこれまたおもしろそうなワードが出てきたな・・・

道の駅の空バージョンなんですが、空賊や空輸を専門にする業者が日々休憩や給油で使っている施設なのかな?

名前だけでは陸にあるのか空にあるのかわかりませんが、やっぱり陸にありました。

空に駅なんて設置できませんからね。

なるほどね、その空の駅に、航空隊の面々のあとからやってきた戦闘機に乗ってる不満そうな女の子に入れ替わる形で、一番のナイスバディでおねいさんのザラがメンバーに新しく加わって侵入して内外から組織をぶち壊していく、陽動作戦に変えたのね。

実際に空戦になったらなったでなんだかエリート興業のメンバー、みんな仲間割れしてたよ?

あんなにあっさりと仲間割れしていたということは、みんなあの社長のやり方にうすうす反発していたということでOKなのかな?

やっぱり会社ごっこは誰も望まなかったか。

会社で働くのは嫌だ、ずっと空賊で遊び回りたいと思ったら、参加した空賊でも会社のような部署が作られていたもんだから、反発したいけどできずに一応金の関係にだけはなっていた感じなんだろうね。

でも不利だと分かったら手のひらクルーしてみんな裏切ってしまう、やはり金の切れ目が縁の切れ目とか、そういう湖にはられた薄氷のような関係だったんだろう。

で、結局裏切ったかつての仲間たちはこのあと何をするんだろう。

彼らも某プロブロガーよろしく空賊以外にできる仕事はなさそうだから、やっぱり独立してこっちもこっちで空賊稼業でもやるのかな?

でもあそこ、社長以外は全員もう一回コトブキ飛行隊と対峙することになっても、機体を見ただけではわからないだろうな・・・

もはや機体の色さえ覚えていなさそうだから。

今回は雷電を取り返すのが最終目標、そしてその目標は難なく達成できたのでそれ以上のあえての深追いはせず。

エリート興業の社長酒に酔いつぶれていたはずなのによく機体操縦できるよな、実は酒に弱いのはハッタリで、酒に超強くて酔ったふりしていたんじゃないのか?

それでも酒を飲んでから操縦するまで大して時間は経っていないのでそれなりに酒気は帯びているはずだが。

酒気帯び操縦は違法なんて法律はないから操縦OKなのかな?

あと、よくあの狭い谷底を操縦する度胸があるよなみんな。

しかも建物の灯りだけが頼りな真っ暗なところんだぞ?

今の飛行機のように対地接近警報装置すらない時代の機体で。

やはり操縦のプロだから狭い場所でも自由自在に飛ぶ訓練を日頃からしているんだろう。

シミュレーターじゃなくて実際に機体に乗って。

じゃないと俺らが飛んだならばおしっこちびるぞ。

とはいうもののこの作品、やっぱり昭和の戦闘機が飛んでるシーンをメインにして正解ですよね。

飛んでるパイロットが若いので、現実的に見たら御年70以上になるおじいちゃん機体の隼もものすごく若い機体に見えますもの。

そして、別空賊が出てきたということだが、こいつらとも今後戦うのだろうか??

あと、ザラが何度も繰り返していた「昔ちょっとね」昔ちょっと何があったのか!?

これもちゃんと描いてくれるんでしょうね?

それとも「昔ちょっと」はただ単に、あの場から切り抜けるための演技として発言しただけかな?

昔ちょっと何もないならないでそれでいいんですよ、こちらはハッタリの言葉だったと分かるから。

ストーリーは茶番という声もありますが、この作品、空戦をみどころに尺を30分にしようとするとどうしても茶番で終わるんですががが。

まあこの茶番劇も楽しむことにしましょうよ。

スポンサーリンク

荒野のコトブキ飛行隊記事一覧

荒野のコトブキ飛行隊の感想、考察記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ

2019年冬アニメ記事一覧

2019年冬アニメの感想、考察記事一覧はこのリンクをクリック

スポンサーリンク

私がおすすめする記事(広告あり)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする