【荒野のコトブキ飛行隊】第9話感想:いよいよきな臭いことになってまいりました

荒野のコトブキ飛行隊第9話「赤とんぼの風来坊」が放映されました!

前回はイケスカの市長、イサオの依頼によりオウニ商会はサカナを運搬する任務につくことに。

ですが、空賊に襲われ羽衣丸はハイジャックされてしまいます。

コックピットの計器が空賊にやられたり、あえて機体からヘリウムガスを抜き不時着させる作戦を行ったりと羽衣丸を取り返すコトブキ飛行隊の面々の魅力あるストーリーでした。

全てはイサオの自作自演であることがほのめかされています。

さあ、ここからどう動くのかな?

 

スポンサーリンク

終盤になり、いろいろぶちこんできたストーリー

おまたせしました!

私としては、待ちに待っておりました。

ようーーーーやっとこの作品のストーリーに「転」が訪れました!

長かった・・・

もうおそすぎるくらいですよ。

魅力ある空戦で歴代の旧軍戦闘機をどんどん登場させて引っ張って引っ張ってくれるとか、さすが水島努さんと横手美智子さんコンビですよ。

それではストーリー展開を追っていきましょう。

前回の襲撃事件により大破して大規模修理中の羽衣丸。

修理中は休暇となったコトブキ飛行隊ですが、事件により評判が上がり、相場よりも高い報酬がもらえる仕事が立て続けに舞い込んできたことからキリエを除く他の隊員はその仕事を請け負い大忙し。

いつもは羽衣丸から飛び立つ機体も今回は滑走路から飛び立っていきます。

一方でイサオが市長となったイケスカとどこかの街が姉妹都市宣言をし、自由博愛連合の機体による展示飛行が行われている様子。

ガドールでは自由博愛連合に加入するか否かで議会が紛糾、連合に全権を委ねる方針の市側とそれに反対するユーリアが真っ向対立、なにやら物々しい雰囲気になっています。

どうやらイケスカは名前の通り、世界に名を広めている反面、市長が市長なのか本当にいけ好かなくなってきましたね。

さらに不審な車が4台、それと何者かの機体が飛び立つ模様。

そんな折、コトブキ飛行隊にもヘッドハンティングのお誘いが舞い込んできました。

持ちかけてきたのはアレシマの大手物流会社の「タムシン社」、イサオが経営するブユウ商事と業務提携をしていて給料はオウニ商会の額の倍、機体もリクエストがあればその機体を用意する高待遇。

給料は倍出るけど、キリエが大嫌いなイサオの下の下で働くことになります。

キリエはその誘いに乗るのかどうか。

アレンを乗せて赤とんぼで遊覧飛行中のキリエ。

アレンは穴のことやユーハングのことをキリエに話します。

ですが、彼が留守にしている間、人事部長ことヒデアキは黒幕さんの部下を引き連れ、アレンの部屋を物色しなにやら重要なことを記したノートとあとは大好きな酒を没収していきました。

目的はやはりアレンが研究している穴に関することが書かれた何かですね。

今回はノートでしたか。

アレンたちが空に出現した穴らしきものを見つけた次の瞬間、

何者かの集団に襲われてしまいました!

やっぱり見せどころの空戦ですね。

今回は紫電改の軍団と赤とんぼが戦っていきます。

結果的に赤とんぼは弾切れにより不時着。

スピードは遅いけれども旋回性能がいいことから、敵に追い抜かされるけれど大回りしないと戻ってこられない相手機の弱点を活かしてその間に弾をよけたり峡谷へ逃げ込んだりしていきましたね。

相変わらずのいいシーンだ・・・

アレンはその小回りの良さから紫電改を何機撃ち落としたよ・・・

かたや練習機、かたや実戦配備された機体だぞ。

実戦では絶対にありえなかった組み合わせの戦いを描いてきたよ・・・

不時着した際に倒れ込んだ演技をしたことにより紫電改はパイロットが死亡したと判断、そのまま飛び去っていきました。

今回はストーリー展開がメインなので空戦の時間が半分くらいに減りはしましたが、やはり動きがあるシーンは格別にいいですね。

いまはCGが使えるので、人員と時間をかけずにその描写ができるようになりました。

そしてやはり、黒幕はイサオで決まりですね。

おそらく紫電改をよこしたのもイサオでしょうか。

ストーリーがここにきて大きく動き出しましたね。

もう第9話ですけどね!

あと3回でどうまとめる気なんだよ・・・

空中で開きかけていた穴の存在、アレンたちを執拗に狙ってきた大量の紫電改、そして、イサオが自作自演をしている感があることから黒幕なのが確実視されること。

もしかするとイサオは70年後のユーハングとも取引をして、世界を我が物にでもするつもりだろうか・・・

でも今のユーハング、先進国として発展したはいいけれど先の大戦で敗戦したことと戦争放棄により若年層ほど便利におんぶにだっこで平和ボケしてしまっているので、弱いものばかり、得られるものは皆無だぞ・・・

ヘッドハンティングされたらあなたはどうする?

あなただったらどうする!?

とある会社からヘッドハンティングされた、給料はいままでの倍出る高待遇。

ですが、その会社は何らかの理由で敵対している急成長中の別な会社と業務提携をしている。

その会社に移れば急成長中の企業の恩恵を受けられ給料は高くなるが、敵対している会社の下の下で働かなければならない。

今の労働環境は決して悪くはない、給料は人並みに出るし、人間関係も良好。

さああなたはその誘いに乗るか?

私であれば乗りませんね。

たしかに給料が倍出るのは魅力的ではありますが、絶対に嫌~な感情がわいてきて倍の給料を使い切る自信があります。

それだったら今の会社にとどまって、そこでスキル磨いてから別な会社に転職したほうが絶対にいいですね。

スポンサーリンク

荒野のコトブキ飛行隊記事一覧

荒野のコトブキ飛行隊の感想、考察記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ

2019年冬アニメ記事一覧

2019年冬アニメの感想、考察記事一覧はこのリンクをクリック

created by Rinker
¥14,448 (2019/03/24 15:08:50時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥14,448 (2019/03/24 15:08:51時点 Amazon調べ-詳細)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。