【荒野のコトブキ飛行隊】第11話感想:イサオの自由博愛連合との総力戦!イケスカ上空に穴が空くよ!

スポンサーリンク

荒野のコトブキ飛行隊第11話「イケスカの決闘」が放映されました!

イサオが立ち上げた自由博愛連合に加盟する決定をしたガドールから反逆派として罪をでっちあげられ議員辞職をして命からがら逃げ出してきたユーリア。

ユーリアによると、この連盟の目的はイサオの、イサオによる、イサオのための連合で、各都市に手出しをさせず穴からもたらされる全ての利益をイサオが独占することにありました。

その穴はラハマの上空に空いています。

自由博愛連合への加盟をするか否かもめているラハマにやってきた使者のヒデアキ。

ユーリアの即時引き渡しと自由博愛連合への加盟を要求、飲めない場合は24時間後の空爆を宣告します。

しかし、ラハマは自由博愛連合への加盟を拒否しました。

空爆に備えるコトブキ飛行隊とラハマの防衛軍。

イサオら連合軍の爆撃機が来襲し飛行隊が迎撃するなか、連合軍がラハマに爆撃をしようとした次の瞬間、なんと今まで空いていた穴が閉じてしまいました。

さらに、穴は周りのものをブラックホールのように吸い込んでいきます。

これによりイサオたちは一時退散し準備を整えることへ。

さらにサブジーを知るフリーランスの飛行機乗り、ナオミとキリエが仲良くなりました。

さあ、イサオら自由博愛連合と反イサオ派の戦いが始まろうとしています。

 

スポンサーリンク

第11話あらすじ

穴から得られる利益の独占を目論むイサオは、ラハマの人々を悪役に仕立て上げようとしていた。一方、自由博愛連合に攻撃された街の飛行隊たちは、反連合の同盟軍を結成し、反撃に出る。数で勝る同盟軍は、ナオミ率いる陽動隊により連合軍を引きつけ、その間にコトブキ飛行隊がイケスカの爆撃機工場を破壊しようと試みるが…。激化する戦いに疑問を感じていたキリエだが、イサオとの戦いの中でサブジーの行方を知ると…。

荒野のコトブキ飛行隊アニメ公式サイトより~

イサオたち連合軍との全面戦争がはじまる

いよいよはじまったイサオたち自由博愛連合軍との全面戦争。

やはりイサオの目的は全世界を支配し、自身が独裁的な政治を行う新たな世界を作り上げることでした。

さしずめ陰謀論者がいう新世界秩序みたいなものといったところですね。

私陰謀論好きですよ?

論自身について全くを持って信頼はしていませんが、暇つぶしの読みものとしてはものすごくおもしろいですから。

イサオたちの軍の機体はおそらく空賊を雇ったことに加え、自由博愛連合に加盟した都市からも集めたものと思われます。

それにしても冒頭のイサオの演説、自分は悪人から世界を守る正義ぶってるんですが、第三者から見ると一言一句すべてがブーメランとしてグサグサ返ってきているのが微笑ましいですね。

穴を独占してイジツからもたらされた技術を独り占めしようとしてるのはほかならぬあなたですから。

なーにが自由博愛連合だよ、ラハマにも連合への加盟を半ば脅しのように呼びかけ、ほかの加盟を拒否した都市も空爆していくつも焼き払ってるんじゃん!

その空爆対象となった街の住人に対してはビラまいて空爆予告をしてるとしたらこれはもう太平洋戦争時に空襲予告のビラをまいた米軍そのものですね。

これではもう自由博愛連合ではなく、自由破壊連合ではありませんか。

(声優さんの滑舌によりそう聞こえるのもミソですね)

そうそう、この世界では国が存在するわけではなく、いくつも点在する各都市が自治政府を持っていて政治を行ってます。

そんな連合軍と戦う今回の戦争ではいままでに登場した人物や新たに雇ったであろうありとあらゆる部隊を投入しているわけですが、その数何と両陣営あわせて500機以上!

ものすごく遠くからの引きでの描写ではあったもののその多数の機材が非常に狭い空域でドッグファイトをするさまはまさに圧巻でしたね。

こういう戦いが見たかった!

エリート興業の社長とウキヨエを描いてた姐さんのような懐かしい人物も登場してきましたし、ラハマの町長や議員もへっぴり腰ながらも戦争に参加をしています。

それぞれの思いをこの戦争にたくしていくスタイルがキレイですね。

登場人物が多いのでその思いが空戦と混ざり合ってしまいごちゃごちゃしているのが玉にキズですが、この作品はいままでずっと空戦をメインにしてきたのでそこらへんのドラマは至極どうでもいいのです。

イサオが登場してる機体、何なのか分かりませんでしたが調べたら分かりました、これが震電だったんですね。

主翼を前に持ってきて、エンジンやプロペラを後方に配置した局地型戦闘機として海軍が試作したところで終戦を迎えましたが、この機体がイサオの自信作だったとは。

そしてキリエや先週登場したナオミのもとから飛び立ってしまったサブジーの今後がどうなったかも、イサオから意外なかたちで明らかになりました。

なんと、イサオが彼の機体を撃っていたというのです。

こんなかたちで彼の結末を知ることになろうとは、キリエもそら予想外に動転して乱射しちゃうよな・・・

私勝手に今日で終わるもんだと思っていたんですが、来週が最終回だったんですね。

なんだかイケスカ上空に穴があくとかいうイサオが望んだ展開になろうとしているんですが、これ結末はどうなるんだろう・・・

水島監督はどう終わらせるつもりなんだろうか・・・

荒野のコトブキ飛行隊記事一覧

荒野のコトブキ飛行隊の感想、考察記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ

2019年冬アニメ記事一覧

2019年冬アニメの感想、考察記事一覧はこのリンクをクリック

created by Rinker
¥14,448 (2019/04/27 00:38:19時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥14,448 (2019/04/27 00:38:19時点 Amazon調べ-詳細)


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。