【感想】ひもてはうす第2話:~やっぱり非モテハウスじゃないか!~



ひもてはうす第2話「乙女のポリシー」が放映、配信されましたので感想を書いていきます。

 

アニメと言うより声優のフリートークバラエティ感が強いこの作品ですがさっそく第2話を観るよ!

スポンサーリンク

前半本編パート

やっぱり「非モテハウス」じゃないか!

恋愛トークをしていて、「モテない」ことに悩んだ女性陣は相席ラウンジに行くんですが、そこでも男性に興味がない様子を隠さない会話だけをひたすら繰り広げるって・・・

まあ女性からガッツカれても困るんですが。

それ、お金払って行った意味があるのか・・・

 

なんだセネガル相撲って!

なんだメラピって!(インドネシア、ジャワ島にある活火山、現在も活発に活動してる)

なんだ恋愛ゲームって!

なんだ汚い特殊性癖って!男が冷や汗をかいていたぞ!

 

これ、ラウンジで話す会話の話題なのか・・・?

 

そして順番は前後しますがこの作品、実は登場人物はみんな特殊能力を持ってるんですが、それが役に立つかというと全く役に立たない!

役に立たなさすぎて朝飯ののりの佃煮のフタすら開けられない特殊能力とは何だったのかと思えるような展開なんですがそれを笑いのネタに発展させることに成功しています。

しかし前期のあそびあそばせといい今作品といい、こういう声優の演技あっての作品こそフレスコが合いますね。

(あそびあそばせは原作マンガが台本なんですが今作は台本がどうなっているんだろうか)

 

分かった、この作品、アニメと言うよりもCXで日曜早朝やってる「はやく起きた朝は」だ!

「はやく起きた朝は」は松居直美、磯野貴理、森尾由美の3人が視聴者からのはがきを元にフリートークをする番組。

時間帯は何度か変更があったんですが(初期の頃は朝9:30からやってた)、意外と一定の人気があるのかすでに20年以上も放映されている長寿番組だったりします。

 

確かにストーリーはちゃんとあるんですよ、うん。

ただ、今回のみんなの会話を見ていると台本はあるもののフリートークに近く、その「はやく起きた朝は」を見ているかのようですね。

なぜか本編が丸上げされてました。



スポンサーリンク

後半アドリブパート

今回のアドリブパートは声優さんの「ヘリウム声で言われたくないフレーズ」選手権!!

 

確かにヘリウム声で「お尻触ったでしょ」とか「ご臨終です」なんて言われたらぶん殴りたくなりますね。

また全編見たいならDVD買ってね♪パターンですか!

水原薫さんがヘリウムガス吸った声ってどうなるのよ、日下部みさおみたいな舌っ足らずの声になるんすかね。



スポンサーリンク

サブタイトル元ネタ

今回のサブタイトルの元ネタはこちら。

エンディングの映像も三日月の下、全員の服がそれっぽく描かれ、ポーズも「月に変わっておしおき」しようとしてましたね。

私もガキの頃土曜の19時はセーラームーン見てましたね・・・

と言っても妹が見てるついでに見ていただけですが。

乙女のポリシーはそのセーラームーンのエンディングの中でも最も有名で人気な曲ですね。

 

人生いろいろ落ち込んだときになにかはげみになる曲です。

セネガル相撲もご覧いただきましょう

ここで本編で出てきたセネガル相撲もご覧いただきましょう。

 

セネガル相撲とはセネガルやガンビアでポピュラーな格闘技。

日本の相撲との違いは・・・

 

・戦うのは円形のリングであって土俵ではないよ!

・拳を使った打撃とタックルがあるよ!

・日本のように短時間で勝敗で決まることはほぼなく、一戦一戦がとても長いよ!

・筋肉をつけた屈強な体つきの男たちが戦うよ!

・相手のまわしをとって組むのではなく、どちらかというと突き押し相撲に近いよ!

・そもそもまわしじゃなくて腰巻きをつけてるよ!

 

どちらかというとレスリングに近い格闘技ですね。

ひもてはうす記事一覧

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話

2018年秋アニメ記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。