【ひもてはうす】第11話感想:お風呂で仮想通貨詐欺&考察勢ED必見

ひもてはうす第11話「茜さす」が放映、配信されましたので感想を書いていきます。

前回は2本のパジャマパーティーで15分が終わったんですが、今回は久しぶりに本編が帰ってきます。

楽しみですよね!

それでは見ていきます!

 

スポンサーリンク

最終回目前でお風呂回だよ!

この作品でもお風呂回だよ!

最終話目前にしてお色気要素がきましたよ!

数日前に放映された「やがて君になる」も第11話はお風呂シーンがありましたが、あちらは3人の女の子がみんなして、好きな人の裸を見ても同じ空間にはもう1人牽制役の人間がいる手前動き出すわけにはいかない、ここではグッと我慢するしかない乙女ゴコロが描かれていた、ただのお色気シーンだけではなかったのに対しこちらは単純なお色気ですからね。

まずはお互いの体、スタイルの印象を語るんですが・・・

みんながみんな色っぽい、キマシタワーな展開に。

色っぽい話でいう話題が仮想通貨かよ!

銭湯でたえちゃんたちが背中流しながら色っぽい声で何かを言ってるんですが・・・

まさかの話題は仮想通貨かよ!!


しかしこのタイミングで仮想通貨の話もなかなかシュールですよね。

今や仮想通貨はオワコンに成り果ててますからね。

昨年のこの時期は仮想通貨で一儲けした人のことを「億り人」と呼んでもてはやされていたのに、確定申告で仮想通貨は雑所得(給与や副業、不動産所得以外の所得)だと分かりショボーン(´・ω・`)、仮想通貨の儲けでものを買おうとしたら購入した段階で仮想通貨購入時の金額との差額が所得とみなされ所得税の課税対象でますますショボーン(´・ω・`)

だから新しく仮想通貨を買う人はいなくなっちゃいました。

昨年12月の1ビットコインは221万円以上のレートだったのに、12月17日現在の1ビットコインは下がりに下がり36万円ですからね。

しかも1ビットコインが71万円から36万円になったの、わずか最近1ヶ月の話。

他の仮想通貨もビットコインにつられて軒並み値下がりしているこの状況。

昨年の年末はブロガー、アフェリエイト界でも仮想通貨の案件が高報酬で大賑わいしていましたが、今年の年末は仮想通貨やビットコインの字を見た日がないほどにまで話題にすらされてません。

それから考えると、たえちゃん、それ、仮想通貨詐欺案件の被害者になりかけていませんか??

すでに10万円分買ってるとかそれ危ないから!!

こんな話をするからお色気シーンがただのギャグシーンになっとるやないか!

 まあ面白いから続けてほしいですが。

バストアップのシーンも話題が話題ですから、お色気が勧誘のシーンになっていて笑いました。

会話に出てきた仮想通貨の父サトシ・ナカモトは実際に正体不明の人物。

名前は日本名ですが日本人(日系人)なのかも性別も年齢も一切が謎に包まれています。

英語が流暢だったので日本人ではない情報もあるにはありますが・・・

おそらく光栄でかつていろんな作品のプロデューサー名として使われていたシブサワ・コウのような扱いなのでは?

結論としては、こんな仮想通貨詐欺に引っかかってるからモテないんだよ・・・

パジャマパーティーは○×!

今回のパジャマパーティーは、ひもてはうすの面々が女性内で賛否が分かれるタイプについて許せるか許せないかを○×で示すもの。

久しぶりに5人が参加しております。

Q1、私、サバサバしてるからぁ

参加者の回答はとっきーだけ×、他の人は○。


とっきーの「頭にこない」?は個人的に名言ですね。

これは私も絶対に許せないですね。

だいたい自分で「私、○○だから」という女性は○○な性格をしていません。

これは自然の法則に則っています。

それは自分がただ単にガサツ者でいい加減で回りに対して全く気が利かない、自分勝手な振る舞いをするさまを「サバサバ」と自称することにより免罪符にしているだけです。

家がものであふれかえって足の踏み場もなさそう。

大丈夫ですよ、彼氏と別れたあとのその女、悪口をうざうざ言いまくる、ネチネチした性格ですから!!

これは本当に男性の皆さん気をつけてくださいね。

それにしても声優さん、みんなネチネチだのジメジメだのギトギトだのヌメヌメだの女を捨てていませんかね・・・

「ひと口ちょうだい」が大きい女性

回答前に指摘されましたが、たえちゃんはひと口がでかいのか・・・

参加者の回答は、たえちゃんとこころちゃんが×。

ここから雪見だいふくの話になりました。

2個あるのに1個食うとか、お前も140円出して買えよって話に発展。


お題の回答だけなら、これは私は許せるんですよね・・・

ただし、私が嫌悪感を持っている人でなければの話ですが!!

キャストの名前をご覧いただきたい

今回のエンドロールで注目したいのはキャストの名前ですね。

お前ら誰やねん!!

洲崎綾→天照綾

明坂聡美→こんな坂歩美

三森すずこ→鈴森♡みみこ

木野日菜→今日野たまご

上坂すみれ→スミペヤエンコ・ヒョードル

西明日香→東ちょっぴ

何があったし!

とくにすみぺはまた闇が深い名前になっているな・・・

一番下に名前が改変されていない田丸篤志さんの名前がクレジットされているのがじつにシュールです。

こんな坂歩美で私が反応しなかったのは、とある動画に出てきた「なかった崎哲夫」の名前でかつて大笑いしたことがあるからですね。

ひもてはうす考察勢必見のエンディング

これで話をしめようと思ったら、まーたひもてはうす考察勢が騒ぎ出す1シーンがエンディングにあったよ!

なんだよこの貼り紙は!!

ここから推測すると・・・桃園しばりは他人の能力を完全コピーする特殊能力がある人物で、とっきーがいなくなった夜の記憶は他の4人にお酒を飲ませることで失わせた。

ただし、とっきーがしばりにすり替わったのはそのお酒の席の前か後かは不明。

しばりはお酒の席の前にとっきーとすり替わり、みんなにお酒を飲ませたのかもしれませんね。

それかしばりがとっきーになるときには時間停止能力があるということですから、実際はお酒の席で眠りこけてから起きるまでの間に時間が停止し、このあいだにしばりととっきーと入れ替わった可能性もあります。

だとするとたえのスマホの画像にあった、とっきーがマンホールの中に入っていったのはやはり意味があったということなのか・・・

声優の名前がおかしなことになっているということは、もしかすると記憶を失ったどころか改変されている可能性もありますね。

エンディング元ネタ

今回のサブタイトルとエンディングの元ネタは「夏目友人帳」。

こちらはTVアニメが第6期まで放映されているんですが、「茜さす」はそのうち、2016年秋にインターネットでのみ配信された第5期のエンディングテーマですね。

私は一度も見てないですねこの作品・・・

スポンサーリンク

ひもてはうす記事一覧


ひもてはうすの感想、考察記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ

2018年秋アニメ記事一覧

2018年秋アニメの感想、考察記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。