【ケムリクサ】第11話考察、感想:さいしょのひとはりり、島もケムリクサでできてる、壁はワカバが作った

スポンサーリンク

ケムリクサ第11話が放映、配信されました!

東京の新宿みたいな場所が広がる十島の果てに来たわかばたち。

いよいよ赤い木との戦い!

・・・とその前に、りんが持ってるきおくのはを見るタイミングがやってきました。

はたしてきおくのはには何が記憶されているのか!?

 

スポンサーリンク

第11話あらすじ

赤い木に向かうりんとわかばは葉の記憶を見る、そこには最初の人と…

Amazonプライム・ビデオより~

今までの謎が一気に解き明かされる・・・

今回は今まで謎のまま残っていた点の事実がいくつもいくつも明らかになりました。

ストーリーとしては・・・りんが見ているきおくのくさの映像が続きます。

さいしょのひとは「りり」という名前ということがわかりました。

そして、何やら動くクレーンのようなものにりりが呼びかけた人名は・・・なんとわかばでした!

わかばが今までの話に出てきた島をケムリクサを使って作っていたんですね。

あのクレーンのようなもので。

ちなみに、私はクレーンと言ってますが、実際はわかばの発言によると3Dプリンターのようです。

水が行き渡らなくなるとすぐに廃墟になる・・・ということは、今までのエピソードで私たちがずっと見てきた廃墟はすべて水が行き渡らなくなった結果なんですね。

プリントするにあたってはノートのケムリクサを使っているので、記録してある地球、というか日本にある街や島、というよりも文化財をプリントして島を作り上げていることが分かりました。

りりは過労で倒れそうになってるわかばに同じく過労で命を落とした両親のようにさせないために楽ができるよう、ケムリクサの上限を変える(下げる)赤色のケムリクサを発明します。

ですが、発明の過程で自立する紫色のケムリクサを使ったことにより赤色のケムリクサはみるみるうちに成長していき、やがて赤霧が発生するようになっていきます、これは自然に生まれたのか、成長中の赤色のケムリクサが水分を吸収しつくしたところから赤色になっているのか、これはケムリクサが成長に伴い自ら放出していることが分かりました。

わかばはそのケムリクサの成長を食い止めるべく大人でないと開けない青のケムリクサで壁を作り赤霧の中へ入っていき、同時にシロのケムリクサでりりを遠くの安全な場所に隔離していきます。

りりはわかばが無事に帰ってくることを祈るけれども、10日経っても事には返ってこなかった、しかも、成長を続けている赤いケムリクサは壁をぶち破ろうとしています。

赤いケムリクサから逃げ、どこかの建物に入ったりりはケムリクサを自分に使い、自分をケムリクサ化して分身をする決意をしました。

このときにりりの命と引き換えに誕生したのがりん、りな、りつ、りく、りょく、りょうとそういうわけです。

りりは新しく誕生した彼女たちにそれぞれ視覚、嗅覚、触覚、味覚、聴覚、知覚(順番は不動)を1つづつ与えていきました。

そのときにりりが書き残したのがこちら。

さいご、念のためだけど、私たちの目的はワカバの所に行くこと、ワカバを助けること。

いよいよ以前消されていたところが何と書かれているのか全容が判明しました。

ワカバはきおくのくさに映し出された、ずっとりりと一緒にいた方です。

なのでいままでりんたちと一緒にいたのはわかばということですね。

エンドロールのクレジットでもわかばとワカバは区別されています。

多数の考察点

さあ、今回、考察する点多数ありますよ!

まず、ずっとわかばを追ってきていた通称シロですが、これ、本当は上にも部品があって、物を載せられるようになっていたんですね。

シロは自立して動けるんですが、最終的な判断は人間に任せる、そんなロボットでした。

その最終的な判断をするのがワカバの役目。

ワカバが手に持っているケムリクサでシロはワカバかどうか判別をしていました。

同じものをわかばも持っていたので、生き残っているシロはワカバとわかばを同一個体として見ているようです。

そりゃわかばはケムリクサを操作できるわけだよ・・・

なんてったって、わかばはケムリクサの研究者だったんですから。

ちなみにケムリクサの応用的な操作はわかばよりもりりのほうがよく知っています。

ただし、わかばとワカバは同一個体なのかまでは不明です。

もしかするとワカバは同じ能力を扱える自分のコピー体を作ったまではいいけど、それを未来のりつたちが吸い上げてしまった可能性すらありますからね。

いきなりCパートにいくんですが、なんとなんと、わかばが血まみれになっていましたね。

どうやら何か対処をした結果、血まみれになったみたいですが、何があったんだろう。

よく聞くと19:48(Amazonプライムビデオ)のあたりになんらかの理由でりんを逃しているわかばの声が聞こえます。

どうやら映像を見ながらりんはどこか安全なところに逃げ、その間にわかばが対処をしていたようですね。

いやこれ、最後に戦うのは何者かってのもそうですし、あとはりんの毒の行方も気になりますね。

実は次週、最後に戦うのはわかばとワカバとか??

いや、いい作品と出会えたましたねこれ…

アバンが11分とか久しぶりに見ましたよ。

たつき監督はここまでストーリー描きこめるんですね。

そりゃ放映前にアプリが終わってオワコン化していたけものフレンズをでかいコンテンツに再興できたわけですよ・・・

さっそく私もけものフレンズ一期目の1話を見てみたんですがストーリーが綺麗でしたし、あのときたつき監督の才能に気づいたアニメファン、あなたも有能だよ…

ケムリクサ記事一覧

ケムリクサの感想、考察記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ

2019年冬アニメ記事一覧

2019年冬アニメの感想、考察記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ

created by Rinker
¥5,984 (2019/04/27 00:03:01時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥5,986 (2019/04/27 00:03:02時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥5,986 (2019/04/27 00:03:02時点 Amazon調べ-詳細)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。