【賢者の孫】第6話感想:魔法学院と騎士学院の合同訓練、23分返せ

スポンサーリンク

賢者の孫第6話「開戦と合同訓練」の感想です。

1話切りした賢者の孫ですが、感想ツイートを見ると相当にひどいことが判明いたしましたので、私も特別に視聴いたしました。

 

スポンサーリンク

第6話あらすじ

アールスハイド王国との国境付近まで進軍したブルースフィア帝国軍。そこには、いるはずのない王国軍が待ち構えていた。部下から聞いていた情報と違い、怒り心頭に発するヘラルド皇帝。すると、帝都に大量の魔物が出現したとの一報が入り、急いで引き返す帝国軍。しかし、すでに街は変わり果てていた。獅子やオラウータンといった災害級の魔物に襲われ、あたりには血まみれの死体が散乱し、まさに地獄と化していた。

23分間返してくれ

とりあえず一言だけ言わせてほしい。

23分間返してくれ!

23分あったら自転車買いに行けたわ!

なぜか7年しか乗ってないのにサビサビでチェーンがはずれたり部品がゆるんだり不具合だらけ、オマケに後ろのタイヤがパンクしたんですが修理する気もまったくないから買いに行こうとしていたんですよ。

これなら空気をこまめに充填しておくべきだった・・・

で、ストーリーですが、なにこのやたら幼稚なの。

厨二病どころか、そこらの小学生が書いたろ原作小説と言うか脚本と言うか。

主人公のシンはどうやら魔法学校に入学したようですね。

冒頭で大人たちが戦っている・・・おそらくシンたちは後半の話でこの戦いに参加させられることになるのでしょう。

で、この前半の7分程度のシーンは一切合切捨てまして、一方でシンの方ですが、今回は騎士学校との合同訓練が行われました。

これは騎士と魔法使いの連携力を高め一人前の戦力として育て上げるのが目的なんですが・・・

まずは騎士学校の生徒から魔法学校の生徒が「もやし」と茶化され激怒する魔法学校の面々、特に女子生徒、ここまでは血管が浮かび上がりますがまあ許せます。

そんな茶化しなど、ふだんの訓練での実力で上回ればいいのですから。

で、シンたちはいざ実地訓練に参加することになったんですが、魔法学校と騎士学校の対立は深い溝を作っていた、そして訓練の意義を知るために魔法学校の生徒の援助なしに騎士学校の生徒だけで魔物と戦えとの指示で探索中に魔物と出会ったんですが、やはり初戦闘ということもありまともに戦えないことが判明した騎士学校の生徒。

騎士学校の生徒は戦う前はいっちょ前に魔法学校の人気美男美女教官(女性が古賀葵さんだ!)の前でいいかっこしていただけにバカバカしさに拍車がかかります。

そう、騎士学校の生徒の言う「強い」はしょせん学内という非常に狭い範囲内での話なのでした。

よくある話よね、ネット内でも非常に狭いところしか正義感を振りかざせないようなやつなんてごまんといますし。

結局シンがひとり魔法の剣で一撃で倒し、騎士学校の生徒は自分たちの非力を思い知らされることに。

水色髪のシシリアが回復するんですが、結局騎士学校の生徒が見ていたのは女性のふくよかな胸部なのか。

そりゃお前らまともな戦力にもならないわけだよ・・・

さらに森を探索中、男たちはシシリアに気を引いてもらおうとあれこれ尽くすんですが、それに気を悪くしてしまったのがシン。

今度は100匹はくだらない数の魔物の気配がした、なんとシンは「俺がやっていい?」と憂さ晴らしとばかりに魔法一発で大地に幅広い溝を作るほどの攻撃を食らわし全滅させていきました。

「久々に爆破系行くか?」で思わずヘヘッと声を出してしまいました。

軽いノリで魔法を使うものなのか・・・

高橋邦子のRPGに出てくる「褒美に死をやろう」を彷彿とさせますね。

その様子を見た騎士学校の女生徒、なぜか態度を一変させるのでした。

なにこの話、ひでえ、いい意味で尖った部分が一つもない!

冒険要素・・・シンの魔法で100体以上の魔物も一撃なるチートっぷり。

大人たちもさっさとコイツをスカウトせえよ、魔神なんて魔法一発でイチコロじゃねえのか?

なろう系小説ではつきもののハーレム的ラブコメ要素・・・いまのところはなし!

他のところが折れてしまった、もう中折れでいいよね。

それか私の心が折れました。

切っておいてよかったよ。

それにしても、この作品(とあと第6話で切った仙狐さん)がアニメ化されるほど人気になるようじゃ令和で中国経済が崩壊するのと道連れに日本も終わるよ・・・

もう異世界転生系作品を見るのは盾の勇者の成り上がりで最後にします。

ところでさ、エンディングで踊っていた、本編で一度も出てこなかった、明らかにファンタジー世界にいるはずがない格好をした女が踊っているんですが、このエンディング、必要だった?

一応今回初登場キャラの声を演じているバーチャルタレントが踊っているということですが、1分半を私物化するんじゃないよ!

おまけに声優経験ないのか大根演技でしたしね。

これなら代アニか日ナレの養成所を卒業した人間を使ってくれよ・・・

ということで、貴重な本編視聴23分間と、記事執筆40分を返して欲しいストーリーなのでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。