【鬼滅の刃】第2話感想:状況説明だけがすごく気になる

スポンサーリンク

鬼滅の刃第2話「育手・鱗滝左近次」が放映されました!

一家山の中でつつまじく暮らしていた炭売りの炭治郎。

しかし、彼が炭を売るために山を下り街に出ていた間に人食いの鬼が家を襲い、一家は殺され、傷口から鬼の血が入った妹の禰豆子は自らも鬼となってしまいました。

禰豆子を助けるために背中におぶって山を下りようとするも、途中で鬼となった禰豆子は炭治郎に襲いかかってきた、さらには、鬼となった禰豆子を倒そうと、鬼殺隊の冨岡義勇があらわれ炭治郎と対峙するも、炭治郎の覚悟と禰豆子の優しさを目の前で見た義勇は炭治郎に鱗滝左近次のもとへ迎えと誘ったのでした。

これが第1話のストーリー。

初回からなかなかに面白そうな作品ですが果たして2話はどうなる!?

 

スポンサーリンク

第2話あらすじ

炭治郎は冨岡義勇の導きにより、鬼になってしまった妹・禰豆子とともに狭霧山を目指す。
夜の道中、炭治郎はお堂から血の匂いを嗅ぎつける。誰かが怪我をしているのかもしれないと駆け寄ると、なんとそこにいたのは、人を喰らう鬼。
突如、鬼に襲われた炭治郎は、斧でなんとか応戦するが、鬼の圧倒的な力に、たちまち鬼に組み伏せられてしまう。
鬼がとどめを刺そうとしたとき、助けに入ったのは――。

鬼滅の刃アニメ公式サイトより~

育手、鱗滝左近次との出会い回

今回はさっそく育手の鱗滝左近次と炭治郎、禰豆子兄妹が出会う回。

鱗滝左近次のもとへ向かう炭治郎はお堂で血の臭いを嗅ぎつけます。

炭治郎が臭いのする方へ向かうと、そこにいたのはなんと人を喰らう鬼でした。

いきなり鬼に襲われることになった炭治郎は斧で応戦するも鬼に首を絞められてしまった、このまま息絶えてしまう絶体絶命のタイミングに禰豆子の強い蹴りにより鬼の頭部と首から下というか体を分断することに成功。

それでもなお炭治郎に襲いかかる鬼、これまた禰豆子により体の部分をふっとばしていきました。

しかし鬼は強く、力任せに禰豆子を遠くに投げ飛ばします。

禰豆子は兄思いなので、兄の命を脅かす存在を倒そうとしているのです。

しかも鬼だから格闘能力は炭治郎よりも上です。

体が禰豆子を追っている間に炭治郎は頭部と戦い、斧ごと木に拘束することに成功、さらには体の部分も自らも落ちかけながらも禰豆子の助けによりガケから落とすことができました。

体が崖の下に落ちると遠くにある頭の部分までもがダメージを受ける描写はなかなかにシュール。

どうやら頭と体はbluetoothで通信されているかのように遠くにいてもダメージや五感、あとは脳からの指令がリンクされているようでした。

いざ鬼にとどめを刺そうとするも、モノローグが多くてなかなかとどめをさしてくれない!

気絶している内に脳天をその手刀で何度も何度もめった刺ししなさいよ。

心優しいためにとどめをさす決断ができない、それが炭治郎の弱点ですね。

そこに現れた天狗のお面を被った一人の人間が。

「そんなものではとどめはさせない・・・」

「どうしたらとどめをさせますか?」

アフィリエイトをはじめたばかりの初心者がセミナーに行ったときによくわからない情報商材をいくつも買わされてそのまま養分になる構図そのままの質問をしてきましたね。

ちったあ仮説をたててから聞きなさい!

今度は頭を潰すために石を持ってきた炭治郎。

やっぱり手刀でめった刺しにしたほうがよく効くのでは・・・

いろいろ悩んで判断を遅らせてしまい何もできなくなってしまうのは私も何度も経験があります。

いずれの手段をとったにせよ、1つだけ言えるのはこれは手段の話ではなく、決断力の話ですね。

これから戦う人間が結果的にあってようが間違ってようが関係なく判断に迷うと、鬼には簡単に負けるんだよと、つまりはそういうことです。

天狗の男は炭治郎の弱点がすでに分かっていました。

「義勇・・・この子にはムリだ・・・」

おおよそ出会いのシーンから分かっていたことでしょうが、天狗の男こそ、炭治郎のことを義勇から紹介された左近次でした。

結局頭は気を取り戻したものの、朝日がさしたことで消滅させられてしまいました。

禰豆子は朝日がさしてくる前後のタイミングで左近次によりお堂に避難させられた模様。

自己紹介もひとしきり終わり、いきなり左近次が出した課題は・・・禰豆子をおぶったまま長距離を走らせること!

もちろんこれで終わりではありません。

これで終わったら左近次がこれから炭治郎に教育するとしては甘々すぎますよね。

今度の課題は霧が立ち込めている山の頂上から、ふもとにある左近次の家まで戻ってくること。

やはり原作のジャンプらしい展開ですね。

しかしその山には左近次が仕掛けたブービートラップが多数仕込まれていました。

これは一瞬の気の迷いがそのまま命取りになる系の仕掛けです。

しかし炭治郎はワナの臭いをかぎわけることに成功、無数のトラップを避け左近次の家に戻ってくることに成功しました。

トラバサミ、竹で体がふっとばされる、太い丸太が振ってくる、落とし穴・・・

これらをすべてかいくぐっています。

ここに晴れて、左近次が炭治郎のことを認めました。

次回予告で左近次の「判断が遅い」の一喝をそう使ってくるんですね・・・

具体的には晩飯は肉じゃがとおでんのどちらにするか?の二択です。

ごめん、次回予告だからツッコミを入れていいのかどうかわかりませんが、大正時代に「肉じゃが」はあったのか?

肉じゃが自体は明治時代にシチューの代替品として料理自体はありましたが、名前が庶民に広まったのは1970年以降とされていますが・・・

それにしても気になるんですが、炭治郎の状況説明、いちいち多くないですかね・・・

これ原作からセリフに状況説明が多く含まれているとのことですが、マンガは止絵だからまあ分かるとして、実際に動きのある映像としてみると、だいたい演出や所作でどうなっているのかが分かるのでものすごくくどく感じるんですよね。

作品のストーリー自体は続きを見させてくれ!ってなるんですが、どうにもこの状況説明だけが受け入れられない部分ですね。

実況は古舘伊知郎かジョン・カビラにまかせておいて!

それでは第3話でもお会いしましょう!

鬼滅の刃記事一覧

鬼滅の刃記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ

2019年春アニメ記事一覧

2019年春アニメの感想、考察記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。