●最新話の感想記事●

【この音とまれ!】第1話感想:元不良の箏曲部なる斬新さ(様子見→視聴継続)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この音とまれ!第1話「新入部員」が放映されました。

今期の土曜深夜はジャンプ原作アニメが固まっているんですが、この作品もやはり原作はジャンプ連載のマンガです。

なんでも、箏曲部の作品ということで録画してみたんですが、どんな作品なのかきになりますのでさっそく視聴いたします。

第1話あらすじ

新学期。時瀬高校2年の倉田武蔵は、先輩から託された廃部寸前の箏曲部を守ろうと一人必死に頑張っていた。
だが部室は不良たちに荒らされ、新入部員の勧誘もままならない。
そんな時、警察沙汰を起こし恐れられている新入生、久遠愛が部室に乗り込んで来た。おまけに箏曲部へ入ると言い出して――。
警察沙汰の事件の真相、愛と箏の絆とは。そしてそれを知った武蔵は……!?

この音とまれ!アニメ公式サイトより

元不良が箏曲部入部!?

作品自体はこの後ものすごーーーく面白くなりそう。

先輩が卒業により部員がメガネの子1人だけになった箏曲部に、更生した元札付きの不良こと久遠愛(ちか)が入部し琴の演奏に挑戦する設定はかなり斬新なもの。

久遠は中3のときに一緒に住むことになった琴職人の祖父により更生、しかしそれを良く思わないかつての不良が祖父の家を襲いかかり祖父も病気か何かで亡くなってしまった、その祖父が作った部活ということで純粋に入部したいんだけれども、不良が琴を引くイメージがないメガネの子はただの冷やかしだろうと入部を拒否!

その久遠は口が悪いのまでは直っていないもののボロボロの看板を取り外したと思ったら新しい看板を作り直してくれた、それくらい本気で入部したかったことを示すそんな展開。

で、久遠が祖父のもとに住むことになったのは自身が不良になったことで両親と不仲になったため。

後の回で必ず訪れる琴の演奏会は見たいですし、どうやら古典曲だけでなくオリジナル曲もひくみたいですし。

ただ、箏曲部の女の子を狙っていた不良の存在がガチで胸糞悪い!

お前らは部活動を邪魔すんな!

多分このパターンだと(元)不良だった久遠のことをよく思わない教員も邪魔してくるんでしょ?

一回メガネの子を襲った犯人に間違われて教師に捕まってるしな。

胸糞悪い不良の目論見はそれ、部活つぶしだったか。

これは王道的な展開ではあるんですが、琴を純粋に聞きたいのですよ私は。

このレベルの不良でも通えるということは、不良が頭がいいか、メガネの子が大馬鹿ということになるんですが、どっちなんでしょ。

ここらへんは原作の描写、アニメの演出のたまものだから制作者を褒めるべきところなんですが、この不良が2話以降も箏曲部の活動を邪魔するんだったら切ります。

2話目以降は箏曲部の活動をとことん描いてくることを願ってます。

あと、EDで出てきた女キャラは入部してこないで、2人、もしくは増えても男の部員だけで活動して、お願いだから!!

→結局2話にて入部してきましたが、逆に入部してきたことで化けましたので視聴継続と判断しました。

それでは第2話でもお会いしましょう!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。