●最新話の感想記事●

【この音とまれ!】第4話感想:個別練習が終わり、いよいよ全体の通し練習へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この音とまれ!第4話「初めての響き」の感想です。

元不良の愛が箏曲部にいることが気に入らない教頭は部活潰しを画策します。

箏曲部へ突きつけた部活存続のための条件、それは1ヶ月後に全校生徒を納得する演奏ができなければ廃部!でした。

部員で箏曲家の母親をもつ箏曲一家のさとわは他の部員に課題曲を提案します。

その曲にあっけにとられる部員たち。

それでも部活の存続がかかっていること、なのでさっそく箏の基礎をすっとばしいきなり課題曲の練習が開始されます。

自作の模擬箏を使って練習をしている愛に、さとわは「弾く格好がいい」とぽつんとデレ発言をしたのが前回でした。

さあ、練習はどうなる!?

第4話あらすじ

『一か月で全校生徒を納得させる演奏が出来なければ廃部』――教頭と無謀な約束をしてしまった箏曲部。
懸命の練習に励む愛たちだが、教えるさとわに天才であるが故の思いも寄らない問題が立ち塞がる。
手を差し伸べる愛と武蔵。皆と触れ合うことで、頑なだったさとわも次第に心開いていく。
そんなある日、さとわから箏という楽器に込められている想いについて聞いた愛は、さとわも武蔵も驚くような音を奏でる。

この音とまれ!~アニメ公式サイトより

練習が進展!いよいよ全体練習へ

前回は箏の楽譜を読むことすら難儀だった部員の愛たち。

早く上達できる練習方法はないか?ボヤッとした音しか出ないと問う愛に対し、喧嘩腰ではありますがそんなものはない、練習不足だ、努力不足だときっぱりと答えるさとわ。

武蔵がかいつまんで言うと、練習不足というのは練習時間がまだまだ足りていないために指が固くなっていない、まだ箏に指が慣れていないと言いたかったようです。

しかし、部としての練習だけでなく自宅をはじめとしたあちこちでの自主練習も行ったおかげで、それぞれの個別パートを演奏する自信がついてきました。

その自主練習の場はなんと箏の修理を行ったキツイばあちゃんがいる楽器店の畳の間を借りるかたちでも行われます。

個人練習から段階は1つ進み、いよいよ全体での通し練習へと移っていきます。

しかし、見事に全員のタイミングがバラッバラ!

その上、教えようにも天才とまで評される天性の才能、頭ではなくもともと持ち合わせていた感覚でもって箏の技術を会得したさとわにとって、全員が音をあわせるようになるためどころか、そもそもの箏の教え方が分からないときました。

まだまだ男子部員にとっては自分の演奏のことだけでいっぱいいっぱいになってしまい、周りの音を聞く余裕がないのです。

思った以上にスムースに練習が進まずにギスギスした雰囲気になりかけていた部ですが、武蔵の機転により全員でもんじゃを食いに行くことになりました。

学生でなくても社会人でも、本音を聞き出すのはいつだって、お酒の席になるよね。

この作品は高校生が登場人物なのでお酒なしの席になるけれども。

この席により、さとわが教え方がわからない、ならばみんなで話し合おう!ということになりました。

全員のタイミングが合わないことについては・・・そう、箏はバンドとは違い、リズムを刻む人がいないんですね。

バンドだったらドラム担当が最初にチンチンチンとタイミングを合わせるように打つんですが、箏はそれができない。

となると、誰かが手拍子か何かで合わせた拍を頭ではなく体といいますか、指先といいますか(体全体使うのでやっぱり体かな)で叩き込むしかないわけですが、これからの練習の方向性は定まりましたね。

あとはひたすら練習、練習、練習なのですよ。

ある日の練習、愛たちはさとわから箏に込められた想いを聞きます。

箏は龍をイメージして作られていて、各パーツの名前もその龍にちなんだものになっていること(実際に龍○と呼ばれるパーツがたくさんある、演奏する側の先端部は龍頭と呼ばれるのがその代表)、で、龍はあの世とこの世、結ばれない2つのものを結ぶ存在、だから龍に見立ててつくられた箏は、聞く人と演奏する人の2つの思いをつなぐ楽器なのではないか。

というのがさとわの具体的な想いです。

練習を再開した愛がひいた箏の音は荒削りだけれど芯は通っていて暖かくて優しい、とてもじゃないがちょっと前まで不良だった奴がひく音とは思えない、私のような素人目には聞き分けが難しいけれども、さとわや武蔵のような箏の経験者であればわかる、そしてイメージとは全く違う音色に驚愕の顔を隠せません。

愛は部活に入るまで箏とのつながりといったら、箏職人の祖父から軽~く箏を教わった程度ではあるんですが、それでも指導されなくても経験者が驚くような音色を出すことは教わられていない、天性の才能によるもの。

性格をそのまんま現している音色でした。

しかし、連日の部活での箏の練習は周りからどう見られているのかと言うと・・・メガネ先輩の武蔵が不良の愛とその取り巻き3人から連日囲まれ、夜遅くまでパシリにさせられていると認識されていることが分かりました。

やはり愛=不良のバイアスがかかっている人にとっては、愛が箏なんて古風な音楽をたしなむわけがない、箏(笑)としか思えない、だから連日夜遅くまで行っている部活動の練習も単に武蔵を脅してどこかに移動して半殺しにして金品を強奪する、カツアゲというか、脅迫にしか見えなくなっているようですね。

ラスト、さとわが男子部員から聞いた、愛の箏に対するトラウマの件とはいったいなんだったんだろう・・・

愛と箏ったら、100%死んだ祖父の話になるはずですが、目からハイライトが消えたということは、かなり衝撃的なひとことを聞いたはず。

そして、武蔵は職員室で教師から何を言われたんだろう。

ラスト近くの職員室呼び出しは事態を大きく動かすフラグなんですが・・・

いいですね~!

久しぶりにキレイな青春ものの作品を見つけることができました。

キレイやわ~

第3話くらいからじわじわ私の中で評判を上げているんですが、今期の作品における部活動、青春ものでは一番ではありませんか。

もうそろそろで運命の一ヶ月が経つでしょうか。

彼らならきっと立派な演奏を全校生徒だけでなく私たち視聴者にも聞かせてくれそう。

やはり部員はみな箏に興味を持っている人だらけということもあり、その興味を原動力に演奏に対する学習意欲を高めている人たちだから、朝晩のみっちり練習の甲斐もあってみるみるうちに上達していくんですね。

誰かによる邪魔が入ったら話の骨をおるんじゃねえこのクソジジイ!!ぶっ飛ばすことも辞さない覚悟でおりましたが、現状はそんなことはなさそう。

当の教頭からしてみたら絶対にムリだろう、あいつらに最高の演奏を聞かせられるわけがない、せいぜいかえるのうたが演奏できる程度になるはずだと高をくくっていそうでもありますね。

これは間違いなく教師も腰を抜かしてチビりますね。

それでは第5話でもお会いしましょう!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。