●最新話の感想記事●

【この音とまれ!】第9話感想:10人以上で難曲「二つの個性」を揃える姫坂女学院&武蔵が過去と向き合う

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この音とまれ!第9話「突き刺さる言の音」の感想です。

妃呂が正式に入部してきた前回、さとわが休んでいた間に部員らは六段の調べの練習をするもなかなか答えが見いだせません。

さとわの演奏を聞いたりして、答えが見いだせないなりにそれぞれのゴールを探し求めていきます。

一方で、さとわの演奏に憧れを持つかずさが訪れ、明陵高校と姫坂女学院の合同練習に是非見学しに来てほしいと誘います。

しかし、部長にとって、明陵高校は過去に受験に落ちた因縁の学校であった・・・

そんな前回。

はたして意図せずに明陵高校に行くことになった部長、どうなる!?

第9話あらすじ

さとわを追いかけて時瀬高校箏曲部の部室に乗り込んできた少女、かずさ。「あなたたちじゃ、さとわちゃんにはつり合わない!」
そう主張する彼女に言われて、関東の強豪である姫坂女学院と明陵高校の箏曲部が行う合同勉強会へ見学にやって来た愛たち。
しかしよりによって明陵は武蔵が受験に落ちた因縁の高校だった。
かずさたち姫坂の演奏を聴いて打ちのめされた武蔵は、あることがきっかけで愛と言い合いになり――。

この音とまれ!アニメ公式サイトより~

姫坂女学院の演奏に完全にノックアウトされた部長、武蔵

今回は明陵高校と姫坂女学院の合同練習に武蔵たち時瀬高校がおじゃまさせてもらい、全国レベルの演奏にノックアウトさせられるも、彼ら彼女らの演奏に追いつけ追い越せすることを新たな目標にする、そんな回でした。

ここでも初対面の人には武蔵を除く、久遠愛たち男子部員の柄が悪くその見た目から箏をするイメージすら沸いてこないんですが、もうこれはもはや毎回毎回発生する定番行事だと思って諦めてください。

姫坂女学院が弾いた「二つの個性」、こちらはさとわの喋りにもありましたとおり、 1962年に藤井凡大氏が作曲した曲で、 一琴と二琴の掛け合いで一つのメロディーが構成されている、

例えば単純なドレミファソラシドの音階であれば、ド(一琴) レ(二琴) ミ(一琴) ファ(二琴)とかド(一琴) レ(二琴) ミ(二琴) ファ(一琴) ソ(一琴)・・・のように弾いていきます。

どちらかが半テンポずれるとそれだけで今度は合奏になってしまう、2人でわりとゆっくりめのメロディーで合わせるだけでも難しいんですが、これを姫坂女学院は10人以上の人数で、しかも早いテンポで寸分違わず合わせていってます。

ちなみに姫坂女学院の「二つの個性」は下の動画の中学生の演奏よりも人数が多い上、テンポが早いです。

姫坂女学院の場合は高難易度の曲を大人数で合わせていくのが部の強み。

一方で明陵高校の箏の演奏はカット、というか、遅刻してしまい聞けず。

こっちもどんな演奏をしたんだろう。

難曲をみなで合わせることを主力においている姫坂女学院とは反対の曲、難曲をいかに美しく聞かせるかを主力にしているとは思いますが。

愛たち箏曲部は姫坂女学院の演奏を聞き、俺たちが彼女たちの演奏を追い越せばいいんだろ!?やってやろうじゃないか全国!と気合を改めていれるんですが、いまいち乗り切れない武蔵。

その帰り道、すっかり沈んでいる武蔵は明陵高校に通う中学時代の同級生と久々に再会しました。

彼らの様子から、中学時代の武蔵はこれまた箏を弾くイメージが全く沸かなかった様子。

明陵高校に通う弟からも部活クソだせえと言われる始末。

前回のラストから総合すると・・・武蔵は中学時代、模試において合格判定A判定をもらっていた明陵高校に、わりと勉強には真面目に取り組んでこなかったであろう友達がどんどん合格するなかひとり不合格、そのため、滑り止めであった時瀬高校に入学することになりました。

今まで時間をずっと費やしていた勉強とは一体何だったんだ・・・弟ですら明陵高校に合格しているというのに・・・

そんな自信喪失を自分の人生において15歳~16歳の少年が高校で味わうことになってしまった武蔵。

そんな武蔵が新入部員の部活紹介のときに見つけたのが箏、これから自分でも自信を持てるのではないかと入部。

しかし、部としての目標を全国大会出場と掲げるも、なかなか全国大会はおろか県の大会ですら上位に行けず、やはり自信を持てません。

そんな折、先輩たちが退部することになり、部員が武蔵一人だけになってしまい部長へ。

ですが今度は不良のたまり場となってしまった、その窮地を救ったのが久遠愛でもあり鳳月さとわでもありました。

それから新入部員が続々入り、部員は7人へ増えたものの、今日の全国大会上位入賞クラスの演奏を聞き、あまりのレベルの違いにこれまた自信を喪失。

中学の同級生に武蔵が箏をやってることをバカにされるも強く言い出せず現在に至る、とそういうわけです。

武蔵が一人浮かない理由、それは周りの人間がみな自分が入学したくて空き時間をまるまる勉強に費やしても合格できなかった高校に軽々入学して、その後も遊びぼけていることに対する劣等感みたいなものですか。

だとすると今回明陵高校の演奏を聴いていない理由も説明できますね。

武蔵が現状こんな状態のために、顧問がわざとに遅刻させたのですよ。

武蔵に明陵高校の全国レベルの箏の演奏を聴かせないために。

明陵ったら武蔵にとってはもはやトラウマレベルですから。

それでもあえて行かせたのは、全国に行くんだったらいま武蔵が持っている課題を先に片付けろ!という意味だからですね。

武蔵は愛からみたら先輩、悩みを誰にも言い出せないジレンマ

ここから先は武蔵がその過去と向き合う話になります。

一人自信が持てない武蔵と、根拠のない自信を持つ愛がいっぺん仲違いを起こしてしまいました。

愛が不機嫌になり友人の家に行くんですが、事情を知らない友人からこんなことを言われました。

「先輩ってなやっぱ先輩じゃん、なんぼ悩んでも後輩には弱音や相談ごとをなかなか言いづらいわけよ」

そう、なかなか先輩が後輩に悩みを漏らすなんてできないんですよ・・・

とくに自分がしっかりしないといけないとクソ真面目で荷を背負っている人ほど。

武蔵の場合、先輩はいない、同級生はいるにはいる、だから自分が部を立て直さないといけない、ってなわけで、悩みを誰にも言い出せないんですね。

自宅にて一人「二つの個性」を聞きながら悩みまくりの武蔵。

とそこへ妃呂が訪れました。

妃呂は副部長をやるといい、さらに、なんでも一人で背負い込むなとお説教をします。

それにしても、妃呂はずいぶんキャラ変わったね・・・

確か、2~3話前じゃ転入生のウソで友達と彼氏を失った腹いせに友情関係をぶち壊していたというのに。

いまじゃこっちを見ろ!私たちに何でも話せ!キャラですよ。

そうだ、この子、何度も殴られながらもぶち壊した友情関係を修復させに全グループを回ってケジメつけに行った、意外と真面目ちゃんだったっけね。

だとするとなかなか強気になれない武蔵部長で強気に出られる妃呂副部長の組み合わせは足りない部分を補い合える意味では案外合うのかもね。

武蔵パパン、武蔵ママン、愛、黒髪の部員(名前なんだっけ)、妃呂、さとわ、他の部員たちの支えがあって武蔵は新たな目標を見出すのでありました。

いやあ、部員1人になっても部を捨てずに7人まで部員が増えたことに対して「自分の価値を自分で落とすな」とか、 これまで箏曲部にいることをバカにされても言い返さなかったことに対して 「武蔵弟に言い返したのを見てお母さん嬉しかった」とか、愛の俺も自分に自信はないけれども「根拠のない自信くらい持て」とか青春ものの王道を往くんですが、今回の場合、これがまたいいですね。

これでようーーーーやく部員全員のもやもやが解けた感じかな。

一番重苦しいもやもやなのが実は部長本人にあったとは。

しかも受験失敗系の深刻なもやもやね。

しかし本当に明陵高校の演奏ってどんなもんだったんだろう。

聞いてみたかったなあ・・・

それでは第10話でもお会いしましょう!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。