【みるタイツ】第1話感想:納得の行くタイツ描写、タイツフェチの紳士は絶対見るべし

スポンサーリンク

みるタイツ第1話「通学タイツ」の感想です。

5月から配信されるよ~との情報は頭の中に入れていたんですが、配信されるタイミングを完全に失念しておりました。

配信サイトはニコニコ動画内、ニコニコチャンネルとなります。

原作はなんと、イラストレーター「よむ」氏のイラストなんですね。

静止画のイラストがアニメとなって、よむ氏の作画したキャラクターが動きますってんでけっこう話題になりました。

さっそくですが第1話を見ていきます!

 

スポンサーリンク

第1話あらすじ

新学期最初の朝は雨。下駄箱の前で、濡れたタイツが少し憂鬱な藍川レンに、中紅ユアがくすっと笑いながら話しかける。そこに、いっそうびしょ濡れな萌黄ホミも話に加わる。一度しかない高校2年生の一年が始まる。

みるタイツアニメ公式サイトより~

タイツフェチな紳士は必見

今回は新学期というか新学年の始業式を通して、登場人物3人を紹介しますよ的なエピソード。

その日は雨で、車で通学してきた藍川レンはちょうど水たまりに着地したためタイツが濡れてしまいました。

そこへ、レインブーツを履いて徒歩で通学してきた中紅ユアが話しかけ、さらにこちらも車できたけど、やはり水たまりに着地したもんだから開き直って水たまりの場所だけ選んで歩いてきたとかいうアホの子?萌黄ホミも加わりました。

それにしても、みんな運転手付きの黒塗りの高級車で通学なんてどこのご令嬢なのかしら。

しかしこう言っちゃなんだけど、ぜったいに濡れたタイツを脱いだほうがかわきますし、濡れたのをずっと履いたままですから蒸れてしまってタイツからへんなニオイがしていそう。

紳士ならそのニオイすらくんかくんかすんすんしてそれをネタにしてそうですけどね。

そんでもって、3人ともタイツのデニールが違うのが高得点ですね。

といっても、先生30デニール、レン60デニール、ユア30デニール、ホミは80デニールくらいかな?

ヘタに数値出すとデニール警察から怒られそうではありますが。

今までアニメの中でタイツを履いてる登場人物はた~くさん出てきましたが、やはりタイツの作画にこだわっているだけあって、この作品におけるタイツは本当にクセになりますね。

でもなぜか同人作品ですとこのタイツ、やたら頻繁に破られるんですがそうではないんですよ、タイツは破ってはいけないのですよ。

その奥にある透けてるあるものが見える見えないはこのさいおいときましょう。

別に見えなくてもランガードがチラッと見えたらそれだけでドキドキものですからね。

いやそれにしても、3分15秒の本編時間に対し、タイツが見えていない時間はあわせてほんの数秒程度!

個人的には制服タイツよりも私服タイツのほうが好きです^q^

あと驚いたんですが、ひとりぼっちの○○生活でもそうなんですが、今どきって1クラス29人なんですね。

私ら中学校だと1学級35人前後でしたし、さらに高校だと46人もいましたよ・・・

令和初(第1話の放映、配信開始日)のアニメがこんな紳士枠だったとは・・・

それでは第2話でもお会いしましょう!

みるタイツ記事一覧

2019年春アニメ記事一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。