●最新話の感想記事●

【なんでここに先生が!?】第1話感想:2019春、本当の僧侶枠はこっち

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なんでここに先生が!?第1話「ゴールデンタイムズ/汗尻泉」の感想です。

原作は2017年からヤンマガに連載されている蘇募ロウ先生のマンガ。

一応教師と生徒のラブコメディというふれこみですので楽しみですね。

それでは見ていきましょう。

第1話あらすじ

ある日、普通の高校生・佐藤一郎が男子トイレの個室に入ると、そこにはなぜか「鬼の児嶋」こと児嶋先生(♀)が!? 鍵が壊れてしまい、個室に閉じ込められた二人の、尿意との戦いが始まった!<br> あくる日、保健室でも二人は遭遇!熱に浮かされた児嶋先生を看病するため、薬をさがす佐藤だったが…。

なんでここに先生が!?アニメ公式サイトより~

本当の僧侶枠はこちら

ラブコメディという触れ込みで紹介されていたんですが、この作品、ラブだのコメディだのそれどころの話ではありませんでした。

今期における本当の僧侶枠はこちらでした。

本家僧侶枠がストーリーがきれいにまとまってるせいか、しょっぱなからピエってるこの作品のほうがよっぽど僧侶僧侶しているのは気のせいでしょうか。

よかった、この作品が15分枠で。

もし30分だったら確実に1話でもって視聴打ち切りを決めていたことでしょう。

ストーリーは、なんでここに若い女教師がいるのか、頭おかしいシチュエーションの変態コメディー。

若い女性教師が男子トイレにいたり、風邪っぽくて保健室で寝てる同じ女性教諭に生徒が座薬を挿入したりととにかくネジが10本抜けている人でないととうてい見られないものですね。

上坂すみれにバカなOP曲を歌わせるのはこの作品くらいなものでは。

前期でもとある作品において、修学旅行のホテルで結ばれた男子生徒と女性教師のシーンがありましたが、この作品はそれをはるかに凌駕しています。

その作品でも男の子が女の子に座薬を挿入するシーンがありましたが、私の予想とは裏腹にこんなにはやく2回目を見ることになるとは。

あとひとつ、後藤邑子が深夜アニメに出るの久しぶりですね。

作品単体で見るととてもくだらない、なんでこれが人気なのかさっぱり分からない(ヤンマガの読者がお下劣な人ばっかりなんでしょう)んですが、僧侶枠で見ると100点なので視聴を継続します。

MXでは日曜日の25:05と僧侶枠の続きでの放映ってのが勝利のポイントですね。

ちょっと、本家僧侶枠が負けてるよ!!

それでは第2話でもお会いしましょう!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。