【なんでここに先生が!?】第4話感想:鬼の児嶋編終了!ウミヘビに噛まれてあんなとこを吸われる児嶋先生

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なんでここに先生が!?第4話「約束」の感想です。

なぜか佐藤の部屋にいる児嶋先生、実は高校時代は今とはずっと違い地味子だったけれども教員志望で、川に飛び込んだ佐藤を助けたことがきっかけ鬼へと性格を一変させたのでした。

そのお礼へと児嶋先生は佐藤へ服を脱ぎ胸を押し当てお水の口移しも要求するんですが、さすがにそれは教師と生徒としてまずいと踏みとどまります。

翌日、学校で佐藤が児嶋先生のことを「お姉ちゃん」と呼んだことで激昂するのですが、実は呼ばれたのが恥ずかしかったのでした。

これが前回のエピソード。

それでは第4話を見ていきます!

第4話あらすじ

知人の結婚式にでるため、南の島にやってきた佐藤一家。しかしなぜかそこにも児嶋先生が!?

式までの間、二人は海で遊びながら待つことになったが、児嶋が海で足をつってしまったうえ、何かにかまれてしまったかも…!? 佐藤は大好きな先生を救えるのか!?

なんでここに先生が!?アニメ公式サイトより~

南の島でもなぜか児嶋先生が

今回は佐藤の母親の友人が結婚式を挙げるということで南の島、おそらく海外へとやってきたんですが、ここにも児嶋先生がいました。

母親によると、父親がスケジュールの都合で来られなくなり航空券が余ったために児嶋先生を誘ったとのこと。

航空券、とくに国際線の場合は他人譲渡禁止、名義人しかその券を使えないので一度キャンセルして新たに先生の名前で取り直したか。

児嶋先生は佐藤のことが好きであると母親から聞くことになってしまった佐藤。

母親はなぞの気を利かせて妹と免税店へ、ここで二人きりのシチュエーションが生まれました。

「ここを拠点にしよう」・・・水曜どうでしょうで藤村Dがドイツで言い放った「ここをキャンプ地にする」かな?

オイルマッサージ中につい佐藤が漏らしてしまった「先生は俺のことを本当に好きなのか」に対して「ああ、大好きだぞ」と答えてしまった児嶋先生。

突然恥ずかしくなって海に飛び込んだけれども足をつってしまい、なんとか助けられたけれども今度はウミヘビらしき生物に言葉にはできない、太ももの奥の方の内側をかまれてしまいました。

最後の最後に本家僧侶枠でも描けない、ここでも「こら」規制がかかってしまう描写で果敢に攻めてきました。

児嶋先生はフラフラになってしまいましたが、もしかして、これ、昇天しちゃったのかな・・・

佐藤の母親は絶対に全てを知ってしまった様子ですよね。

結局佐藤はプロポーズをしてカップルになるのでありました。

こらこらこらこら!

僧侶枠延長戦のはずのこの作品にしてはクソキレイな終わり方ではありませんか!

チャペルのドアを開けた花畑でキスをする一組の新婚夫婦は将来の2人の暗喩かな。

なんだかんだいって佐藤も児嶋先生とケコーンする覚悟がついたみたいですね。

母親にいろいろと言われちゃねえ・・・

さて、今度のヒロインは朝比奈みくる先生のようですが、こちらはこちらで鈴木とは電話番号を交換できていない様子。

教え子に手を出す教員が2人もいるのはさておき、ここからどう関係が発展していくんだろう。

12話構成で第4話まで児嶋先生の話になったということは・・・ヒロインの教師1人のエピソードが全2話になってしまうわけですが、描けなかったところはブルーレイ&DVD版の追加エピソードになるのかな。

まったくの余談ですが、コミックフェスタが企画している僧侶枠争奪マンガ大賞をお考えの皆様、ぜひとも僧侶枠よりも僧侶枠しているこの作品は絶対に越えていただきたい!

それでは第5話でもお会いしましょう!