【盾の勇者の成り上がり】第1話感想:バカとクズぞろいの王道的展開で冒険がはじまるもこの先の展開に注目したい

スポンサーリンク

盾の勇者の成り上がり第1話「盾の勇者」が放映、配信されました!

この作品もいわゆるなろう系なんですが、なんと同じクールに転スラと盾の勇者の2作品のなろう系が重なっちゃったよ!

 

スポンサーリンク

イントロダクション


ごく平凡なオタク大学生・岩谷尚文は、
図書館で出会った1冊の本に導かれ異世界へと召喚されてしまう。
与えられた使命は、剣、槍、弓、盾をまとう四聖勇者の一人「盾の勇者」として、
世界に混沌をもたらす災い「波」を振り払うこと。

大冒険に胸を膨らませ、仲間とともに旅立った尚文。
ところが、出発から数日目にして裏切りに遭い、金も立場もすべて失ってしまう。

他人を信じられなくなった尚文は奴隷の少女・ラフタリアを使役し、
波に、世界に、立ち向かおうとするが―。
果たして、この絶望的状況を打破することはできるのか?

すべてを失った男の成り上がりファンタジー、開幕。

盾の勇者の成り上がりアニメ公式サイトより~

なんだか設定を見るとおもしろそうですね。

原作は「小説家になろう」で掲載され、3億PVを叩き出した小説。

マンガや小説家もなされております。

主人公は異世界に転生してあろうことか最弱の盾の勇者に選ばれた、その立場の低さからかひたすら不幸のどん底に落とされるだけ落とされることになり、イージーノーマルどころかベリーハード、プロフェッショナル、おにの難易度で始まった冒険がそこからいかに這い上がってこられるかの成長といいますかサクセスストーリーとでも言いましょうか。

第1話は1時間放映ということでどん底に落とされるさまがとことん描かれていくのでしょう。

それでは本編を見ていくよ!

登場人物が誰もかれもバカとクズぞろい、でもRPGの最初ってこんなものよね

いや、いまだかつて主人公以外の登場人物が誰もかれもバカとクズ揃いの作品なんてあっただろうか、いや、たいてい1人は常識人がいて主人公の側に立ってくれるはず、なお決まりの展開を壊し、主人公以外全員立場的に敵とかいうなかなか面白い導入で幕を開けましたよ。

主人公は異世界に転送され、そこで最弱の「盾の勇者」として冒険を始めることになった・・・同じく転送された人が他に3人いて、彼らもそれぞれ剣の勇者、弓の勇者、槍の勇者として活躍することに。

ここからは原作未読の私が想定していなかったんですが、彼らがユニットを組んで冒険するのではなく、彼らがそれぞれのパーティーのリーダー?となるんですね。

まあこの4人、初対面での会話からして周りに合わせる協調性はまるっきりなさそうですしパーティーを組んだところで我が強そうですからすぐに仲間割れしそうですが。

でもパーティーが4つできるってことは、これ、それぞれがライバルとなって成果を奪い合ったり、さらにいうと対峙するシーンもこの先事あるごとに生まれてくるんだろうな・・・

なんだかポケモンでストーリーのそこかしこに現れるライバルみたいですね。

もちろん、戦って強さを競い合うだけでなく彼ら4人のパーティーが協力しあわないと他の強い奴らと立ち向かえないシーンも用意されそうですが。

で、国王は4人の勇者とともに冒険してくれる人物を募ったんですが、ここでもさらに予想外だったことが。

なんと彼ら4人の勇者は集まった同士たちを選ぶのではなく、同士たちから選ばれる立場だったということですね。

すげえな、勇者の立場とは一体、となりますが、盾の勇者は弱いとこの世界では広く認識されているためか誰からも選ばれることはありませんでした。

その後一人の女性ことマインが盾の勇者とともに行動をすることを選ぶんですが、いきなり不利に不利が重なりますね・・・

ですがタイトルは「成り上がり」ですから、盾の勇者は一度どん底に落とされないといけません。

成り上がるためには最弱の勇者であることやとぼしい仲間で冒険をすることだけじゃ済まされないのはまあだいたい予想は付きますね。

国王から冒険に先立ち支給されたお金は他の勇者の600枚に対し、最弱で不利だからということで800枚が支給される、まあ銅の剣と50ゴールドとケチケチしていない国王でないだけいいとしましょう。

さて、盾の勇者のパーティーに移動してきた女、もうアニメをさんざん見尽くしてきた方ならおおかた予想はついていましたよね。

だいたいこの手の女ってのは、裏切ります、裏切ります。

平気で人を裏切ります。

裏切るのが定番なのです。

しかも黒幕がいるのです。

この手の事件の場合、国王とか大臣とか権力者が黒幕なのです。

誰もいないすきに金品や装備はすべて奪われ雲隠れし、スッポンポンで動かないといけなくなるのです。

お酒を飲むシーンもいつ睡眠剤が混ぜられ起きたときには無一文になってしまうのかヒヤヒヤしながら見ておりました。

それだけでも立派な仕打ちなんですがこの作品、それだけに留めることはありませんでした。

なんと女は男(男という人間そのもの)がお酒と女の色目に弱いことを利用し、強姦事件をでっちあげたのです!

うわ、最大級の裏切り行為きちゃったよ・・・

で、誰もかれもがバカでクズ揃いなのは、国王どころか他の勇者ですらは女の言い分だけを聞き、盾の勇者の言い分を何一つ聞かないことですね。

他の勇者ですら最弱である盾の勇者を見下していた、本音が出てきましたよ。

これは最近多発している痴漢冤罪事件と図式がまるっきり一緒なんですが、金と尊厳、そして仲間、なにもかも失えばそりゃ一人の男の人格も180度激変しますわな。

牢獄に入られなかっただけマシだろうか、でもこの先、誰からも後ろ指さされる冒険になるのは確定する屈辱を与えられてしまいましたが。

1人で冒険するわけには強くなれないと改めて感じ取った盾の勇者、最後は奴隷商人に目をつけられ、奴隷市場で一人の女の子の奴隷を見つけるところで第1話は終わり。

おお、どれもがRPG、しかもダークな方の作品の王道的な展開をそのままなぞっていますよ!

けれどやっぱりバカでクズだけが揃って常識人がいないのがしっかりと味を引き締めていますね。

気に入りました。

女の子にあかんべーされたい人生だった

バカでクズな奴らばかりとはいえ、女の子にあかんべーされたい人生でしたね。

マインのアカンベーしてるときの顔を見てゾクゾクっとしましたもの。

ああ、いたずらでいいから好きな女の子からあかんべーされたかった・・・

残念なことにご縁はありません。

こう書いておいてなんですが、実際のところ作る気もないです。

こんな私、どMでしょうか・・・

俺YOEEEEE系なろう系は私も意外だった

ということでなろう系によくある俺TUEEEEとはまるっきり逆の、俺YOEEEEEかつ周りは全員敵とかいう絶望的な状況で始まった盾の勇者の冒険。

一人の女の裏切りにより何もかも失いひたすらどん底におとされてしまったわけですが、ここから成り上がって最強の勇者になっていくというのか・・・

話の中身によっては1話切りもありえましたが、これだけどん底に落とされると先の話がどんどん気になっていきますね。

どうやって名誉を回復していくのか、どうやって強くなっていくのか、どうやって別な勇者を出し抜けるのか、この作品は決して切れません。

視聴継続です。

盾の勇者の成り上がり記事一覧

盾の勇者の成り上がりの感想、考察記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ

2019年冬アニメ記事一覧


2019年冬アニメの感想、考察記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。