【パパだって、したい】第1話感想:僧侶枠初のBL、お手並み拝見しましょう

パパだって、したい第1話「 父親だって…我慢できないときがあるんです 」が放映、配信されました!

今回は完全版を視聴いたしませんのでご留意のほどお願いいたします。

あらすじ


「 父親だって…我慢できないときがあるんです 」
家政夫バイトの大学生・阿澄が訪れた成瀬家。
シングルファザーの成瀬さんと息子・壱佳の二人家族だが、
この成瀬さんがあまりにも色っぽい…!!
ノンケのはずなのについ意識してしまう阿澄。
そして成瀬さんが欲求不満なことに気付くと、
ついつい魔が差してしまい…。
成瀬さん、子持ちのくせにエロすぎだろ…!

パパだって、したいアニメ公式サイトより~

色っぽいパパの成瀬さんと家政婦バイトでやってきた大学生の阿澄が織りなすボーイズラブが描かれる、僧侶枠では初となるBLとなりました。

僧侶枠でBLなんてこれまた意外すぎますよ。

そしてまさか私がBL初視聴作品がこちらになるとは・・・

※2018年秋クールでもBLものの作品がありましたが未視聴です

原作は世尾せりなさんのマンガでして、単行本は2巻まで刊行されています。

それでは本編を見に行ってまいります。

スポンサーリンク

第1話はお手並み拝見といったところ

第1話はいきなり結末の交わりのシーンがドーンと見せられるところから。

さあ上と下にいる男、攻めの青い服の人と受けの白い服の人がいますがどっちが成瀬さんでどっちが阿澄なのか!

答えは・・・青い服の人が家政婦バイトの阿澄でした!

ということは必然的に白い服の人が成瀬さんということになるんですが成瀬さんは・・・呼び出しに頬を染めながら出てきましたよ!

これ実はよく見ると直前まで部屋で一人イケないものを見ていまして、それが途中で中断されてしまったんですよね。

パパだってやっぱりたまるものがあるんです、でもシングルですから・・・たまるものを放出する手段がアレしかないんです。

そういえば成瀬さんの顔を見た途端、魅力的だったのか阿澄まで頬を染めていましたね・・・

聞くと成瀬さんはいままで別な家政婦を雇ってきたんですが、どうもシングルなのか変に意識されて惚れられてしまった過去がお有りのようで。

オバチャンならともかく、確かに若い家政婦なら惚れてしまって当然の見た目、顔つきですからね・・・

夕食後、阿澄は成瀬さんの部屋を覗くと・・・そこには散らばったDVDの山と、意味深にくるめられたティッシュの山が!

DVDのパッケージが妙にリアルなんですが、そんな、成瀬さんがなんぼDVDを見ていようが男の不可侵な聖域にズカズカと足を踏み入れないでくださいよ阿澄・・・

あれパッケージはアレでも中身は観光地を寄り集めた健全なDVDなんですから!

絶対にありえませんが。

というより、男が男に普段「そういうの」見てるんですか?なんて絶対に聞かないです。

そこは見なかったことにしておきましょうよ阿澄・・・

あなただって部屋で見ているんでしょう?環境DVDや環境動画を!

成瀬さんの紅潮して色っぽい顔に欲情を覚えた阿澄は・・・「そっちの気ないんですけど」といいながらもこちらも発情してます。

そっちの気あるんじゃないですかイヤだー!!

と5分枠でしか見られないお湯を入れて3分のカップラーメンもびっくりの早業で行為へと展開されていきます。

良かった、僧侶枠特有のハイスピードな展開は失われていませんでした!

どうやら何かをしたようなんですが、そこは完全版でしか見せられません。

多分、DVDを見て成瀬さんがしたかったけどできなかったことを阿澄がしてあげたんでしょう。

これ、家政婦でなくても雇い主とこんな関係になるとか、間違いなくクビやぞ・・・

もしかすると彼が雇われる前に家政婦だった女性も成瀬さんに惚れてしまい、毎晩のようにこうやって関係を迫ってきたんでしょうね。

果たして阿澄は本当にクビになってしまうのだろうか・・・

そこは次回お楽しみに!!

僧侶枠をはじめてご覧になる女性の皆さまへ

今回、僧侶枠初のBLということで女性もご覧になっているかと思いますが・・・このシリーズの作品、5分枠ですが毎回どこかしらで具体的な行為があります!

ただしテレビ放映やインターネットでの無料配信では行為自体は極端に規制されます。

今回も静止画一枚で行為後のシーンに飛ばされました。

コミックフェスタに会員登録して、毎話300ポイント払わないと行為シーンがある完全版は見られませんのでご注意ください。


そもそもなんでこの作品を含むシリーズが僧侶枠と呼ばれているかというと・・・初作品が「僧侶と交わる色欲の夜に・・・」なるタイトルでお寺の住職が主人公、その主人公の言動がけっこうハチャメチャかつ毎週どこかしらで恋人と行為に及んでいた、そのシーンが木魚で隠されたり謎の劇場版で隠されお茶を濁されたりとインパクトが強かったんですね。

そこからコミックフェスタの5分枠のアニメが僧侶枠と呼ばれるようになりました。

今までの僧侶枠の作品は全て設定がどうであれ男女の恋模様を描いていたんですが、今回初のBLとなったわけです。

今回パパだって、したいを拝見したわけですが1話は展開的にもまだ前座みたいなもの、ここからどうやって僧侶枠はBLを料理していくのか楽しみですね。

パパだって、したい記事一覧

パパだって、したいの感想、考察記事一覧はこのリンクをクリックorタッチ

2019年冬アニメ記事一覧

2019年冬アニメの感想、考察記事一覧はこのリンクをクリック


created by Rinker
¥700 (2019/01/21 11:10:17時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

私がおすすめする記事(広告あり)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする