はたらく細胞第12話「出血性ショック前編」視聴!~主の頭部に大ダメージ

広 告

はたらく細胞第12話「出血性ショック前編」が放映、配信されました!

地上波放送は土曜深夜に大阪の某ホテルで拝見しているのですが(起きてMBS付けたら放映が始まったのでつい見入ってしまった)、私の環境では録画ができないのでレビュー執筆は配信が始まったいつもどおりの時間となります。

それでは第12話、見ていくよ!

広 告

前半は赤血球さんに後輩ができた!

ついに、ついに!

あのクッソドジで間抜けでいつも道間違えるポカポンタスな赤血球さんに後輩ができたんですね!!

見た目は・・・うん、後輩のほうがしっかりしていませんかね・・・

一見すると無言クールのお姉さん、私は好きですよ!!

後輩「先輩、なんで敬語使うんですか?」

えっ、初対面で素性の知らない人相手にはなんぼ後輩であっても敬語使いませんか??

使いますよね?

ねえみなさん。

中学高校の体育会系の部活の3年じゃあるまいし、初対面からいきなりフランクなタメ口のほうが腹立つ人のほうが日本人ですから・・・

※どんなストレスがあったのか知りませんが、彼らは初対面でいきなり上から目線ですからね。

とくに男な!!

とまあ新人さんの教育係となった赤血球さんですが、さっそくメモを無くしたりまた道間違えたりリンパに入ろうとしてゲートの人に怒鳴られたりとあ、これいままでさんざん見てきたやつだ!!

そればかりか後輩さんの方がやっぱりしっかりしてませんか・・・

絶対赤血球さん、後輩さんが述べたこと頭の中から抜け落ちていましたよね。

もはやこの仕事の目的や本質的なところすら忘れてしまいわかってなさそう。

だからまたリア充赤血球がいやがるよ・・・

前回の熱中症の回でも水かけあってる赤血球のカップルがいましたし、わたしたちの体内にいる赤血球業界でもやっぱりモテの格差社会が広がっているようで。

毎回どこかでリア充赤血球カップルいませんかねえ・・・

確実に私は非モテの側ですけどね!!

攻撃的な人ねえ・・・確かにどの会社にも1人2人はいますね。

いつも周りの人間に怒鳴り散らすんですよ。

とくに立場が弱い店員相手にわめく人ね。

イメージとしては・・・梅沢●美男?

タバコの年齢確認で店員相手にくどくど文句をいうことで器の小ささを見せつけてくれました。

店員は顔パスできても、レジはかしこくないので購入者の年齢が本当に20歳以上なのかわからないんですよ・・・

そんな人が上司に当たったらもう最悪。

え、どうやってこの人、会社で昇進できたのって思うこともしばしば。

だいたいオッサン、じいさんに多いですね。

コンビニ店員時代はそんな人を見て、ああ、会社じゃ人望無いんだろうな・・・って思いながら仕事してました。

攻撃的な人の心理として、彼らはなにかを恐れています。

それは周りから自分の正しさを否定されることや自分よりも優れた人間が現れるのではないかということ・・・

プライドの高さとでも言いましょうか。

んなもの、ストレスの原因にしかなりませんから捨て去ってしまえばもっと世の中うまく回れるんですが、このプライドの高さは自分のスタンスをあっさりと変えることも妨害しますからね・・・

そんななかミュータンス菌(みんながいやな虫歯の原因菌のひとつ)を退治している白血球さんを目撃。

激しい攻撃を加えている姿を見て後輩さんは白血球(好中球)さんのことを「正義と暴力をごちゃまぜにした矛盾集団」と例えていましたね。

殺すときは容赦ないですが、普段の彼らはものすごく穏やかですよ??うん。

まあ、白血球と赤血球でつね日頃から会話イベントがあるのはいつもの2人しかいませんからね・・・

ミュータンス菌を退治したときに浴びた返り血を落としなんとかお届け先の一般細胞の家へ。

いいから目の前で掛け合いしないで、さっさと渡しなさいよその酸素を!!

そして赤血球さんからべた褒めされる赤面する好酸球さんは俺がもらった!

あ、中の人(市道真央)でもいいです。

樹状細胞さんやマクロファージさんともごあいさつ。

と血管をくまなくあいさつ回りする赤血球さんと後輩さんですが、あれ、今回の前半ははたらく細胞では非常にめずらしいギャグ回だ・・・

意図的ではないけれどボケ役になっている赤血球さんと冷静にツッコミを入れる後輩さんという立場が成立してます。

結局第1話の赤血球さんに戻っているじゃないか!!

やはり赤血球さん、交配さんを前にあんまり先輩らしいところを見せつけられなかったようです。

後半いよいよ体内で大トラブルが発生

とまあ、体内では赤血球さんたちは平和に過ごしていたんですが、いよいよ大カタストロフィーが発生することに。

体内で大爆発が発生!!

爆心地の周りの建物は倒壊しハチャメチャのメチャクチャに。

これにより循環できる血液の量が減少したことから生命維持のために血圧と脈拍が上昇、臓器の状態を優先して維持するために末端部を切り捨て体内の中心に血液が集まってきました。

ショック症状は血液の20%が失われると発症します。

なので一気に体から血液が失われた=大量の出血が発生しています。

頭部で激しい損傷、血圧と脈拍の上昇、末端組織の収縮による冷や汗、これにより顔色も真っ白になっているでしょうからこれは一刻も早く治療しないとまずいですよ!

ここまで多量の出血、血球の消滅があるということは脳も損傷していますから、意識も不明、救急隊の呼びかけにも応じられず治療が一歩遅れれば最悪後遺症も残ってしまいます。

体の主は交通事故、高所からの転落、何らかの事故に巻き込まれてしまったか・・・。

いまごろは手術室に運び込まれ生死の境をさまよっていることでしょう。

そうだこの赤血球さん、普段はダメダメでも場数を踏んでいるからかこういう修羅場、緊急事態には強かったな・・・

・・・って誰だよ血圧上昇で赤血球たちが大量に押し寄せているさまを「蒲田ダッシュ」「大垣ダッシュ」「福島ダッシュ」と表現しているやつは!!

蒲田ダッシュとは京急蒲田駅で空港線から本線に乗り換える、または逆の乗り換えをする人のこと(京急蒲田の要塞化でホームが離れた)、大垣ダッシュはムーンライトながらを降りた18きっぱーが違うホームに停まってる乗り継ぎの普通列車に乗るためのダッシュ(しかも乗り継ぎ相手は今は8両だが昔4両だったらしい)、福島ダッシュはつばさから席を求めて連結相手のやまびこに乗り換える自由席客がダッシュする現象なんですが、鉄オタしかわからんわこんなん!!

あと、コミケ3日目のゴキブリホイホイでもないですし、始発の国際展示場駅でもないですよ!

そして最後に出てきた細菌を「防衛システム迎撃システム制御システム」ってそれFF4やないか!!

※後半のバブイルの巨人に出てくるボス

はたして体の主は助かるのか・・・

最終話まで見届けましょう!!

はたらく細胞記事一覧

 AnMaGa
カテゴリー 「」
https://summertime-24.info/category/Animekansou/saibou
(件数:0)
広 告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。