【進撃の巨人Season3 Part.2】第3話(第52話)感想:ライナー生きてた、超大型巨人出てきた

スポンサーリンク

進撃の巨人Season3 part.2第3話(第52話)「光臨」の感想です。

前回は鎧の巨人となったライナーから馬を死守する調査兵団、と同時にエレンが巨人化したことでライナーがそちらに意識を意識を向けることに成功した、そして、エレンと戦う鎧の巨人を家屋が立ち並ぶところまでおびき寄せたところで調査兵団は新開発の雷槍を何発も集中砲撃していったストーリーでした。

一見すると鎧の巨人は雷槍により致命的なダメージを受け死んだように見えるんですが、実際死んでしまったか・・・?

さあ、第52話ではどうなるか!?

 

スポンサーリンク

第52話あらすじ

調査兵団が開発した新兵器・雷槍による攻撃を受けて、「鎧の巨人」は活動を停止したと思っていた。そんな彼らの目の前で「鎧の巨人」は再び動き出し、咆哮を上げる……。

進撃の巨人Season3 Part.2アニメ公式サイトより~

ライナー生きてた!そして咆哮を上げ急展開へ

鎧の巨人に雷槍を何発も打ち付け、ようやく倒せたかと思われた調査兵団の面々。

しかし、倒せたかに思えた鎧の巨人は息を吹き返し、雄叫びを上げた、すると遠くにいる獣の巨人は樽を投げてきた、しかも、そのなかに潜んでいたのがベルトルトでした。

ベルトルトは超大型巨人になれる人物。

街を吹き飛ばされるやもしれぬと調査兵団は退避していきました。

さらに、鎧の巨人に打ち込まれた雷槍で開いたところからライナーは出てきたんですが、なんと生きていた!

死んだと思ったら実は生きていた、生存フラグ立ちまくりなのかなこの作品は。

そのまま調査兵団は攻撃するかに思えたが、ベルトルトとの交渉に入ったアルミン。

しかし、ベルトルトはこう言った、「話をしたら全員死んでくれるか!」

エレンの引き渡しと敵の全滅を要求するベルトルト。

これに対し、アニ(兄かと思ったんですが、この回の回想シーンに出てきた金髪女性キャラのアニのことでした)の名前を出し、彼女の悲鳴を聞きたくないと動揺させていくアルミン。

ですが、ベルトルトはこの交渉が時間稼ぎに行われているものだとすでに分かっていました。

おおっと、今までの他人からの指示を仰がないと動けなかった、自分で判断する自信がない気弱だったベルトルトではないようですね。

いよいよ単なる武力戦だけでなく、動揺させて一時的でも戦う気をなくさせる心理戦まで展開なされているよ・・・

そしてベルトルトは超大型巨人になった、衝撃によりきのこ雲が発生、周囲の廃家屋は吹き飛ばされ一部の人間以外は戦死、生き残ったのはほんのわずかな人物だけでした。

ベルトルトをわずかな戦力で倒さないといけない状況になったアルミンはどんな決断を下すのか、さらに、この一連の動きは獣の巨人の作戦通りなのっだろうか。

いやはや、一言で示すと、おもしろい!

演出も心理的な描写もストーリー描写も全てが完璧!

この先もものすんごく気になる展開になっているんですが、一つ超大問題が発生しています。

それは、ミリしらなのが災いし今回のように回想シーンがある場合、そのシーンの意味するところがさっぱり分からねえ!ということですね。

内容はおそらくマルコなる、察しが良い青年が巨人に食われ死んだシーンで、最後、立体機動装置を外し身動きできなくさせたのは金髪の少女アニなる人物だったところまでは分かるんですよ。

その意味が知識0なためにわからないのです。

何回か言ってきたように、これナニも知らない人間が見てみたかったからためしにいっぺん見てみようという甘っちょろい考えで中途半端につまみ食いして見るものじゃない作品ということです。

第1話~第49話まで一気見してから見るべきな作品なんですよ。

もうこの話は終盤のあたりでしょうし、序盤中盤あたりでいくつもはられたであろう伏線が回収されていることすら全くわからないんですね。

はられた伏線すらわからないから、この描写がこのタイミングで始まった理由もさっぱり情報が不足しているのです。

なのでストーリーの前半にあった回想シーンも状況だけは調べれば分かるものの、じゃあなぜにそういう描写をこのタイミングで行ったのかまで読み取ることが不可能。

どうも序盤にあった伏線が回収されたとのことなんですが・・・

これは全て作品が原因なのではなく、私が全く予習をせずにおっとり刀で見はじめてしまったために起きていることなので、無理矢理でもいいから1話からみるしかないね・・・

それでは第52話でもお会いしましょう!

進撃の巨人Season3 Part.2記事一覧

2019年春アニメ記事一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。